ARX (autoregressive with exogenous input)モデルを実データにフィットするとき、exogeneous inputsと過去の出力を説明変数として二乗誤差最小法を使うと聞きました。


そこで質問です。

(1) この二乗誤差最小部分にL1あるいはL2ノルムのペナルティ項を足してregularizeすることは妥当と言えるでしょうか。
(2) もし妥当な場合、その裏付けとなる文献(解説・証明・使用例が記載されている論文あるいは書籍)を挙げていただけますでしょうか。

よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/04/17 07:54:28
  • 終了:2011/04/24 07:55:03

回答(0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません