一般で持ち込み出版をしたいと思っております。で、持ち込み出版を許可していない会社さんになんとかして交渉するにはどうしたらよいでしょうか。PHP研究所さんを商談に持っていきたいです。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2011/04/17 16:00:55
  • 終了:2011/04/19 08:13:54

ベストアンサー

id:coussinet No.5

coussinet回答回数41ベストアンサー獲得回数72011/04/19 00:06:44

ポイント20pt

> 4

> 編プロがよくわからないのですが、出版社よりお金取られそうですね。


編集プロダクションとは、簡単に言えば企画・編集の下請けです。

出版社から企画を丸投げされて実務(取材・執筆・編集等)をやる、

または自分から出版社に企画を持ち込んで採用されればその実務をやる。

いずれにしても編プロのお客さんは出版社であって、編プロにお金を払うのも出版社です。

執筆者が編プロにお金を払って本を出してもらうところじゃありませんし

企画が通って本になれば、執筆者にはもちろん原稿料が支払われます。

id:tisei

編プロってお金払わないといけないところだと思ってました。

ご説明ありがとうございます。

2011/04/19 08:13:27

その他の回答(4件)

id:Galapagos No.1

Galapagos回答回数963ベストアンサー獲得回数892011/04/17 17:15:01

ポイント20pt

PHP研究所から何冊か出版しているような著者に紹介してもらって下さい。

id:tisei

紹介しかないんですか?そっちのが難しい。

でも、大きなヒントを得ました。ありがとうございます。

2011/04/17 17:56:40
id:nawatobi_penguin No.2

nawatobi_penguin回答回数696ベストアンサー獲得回数992011/04/17 23:25:30

ポイント20pt

PHP研究所を考えておられるということならジャンルはビジネスや自己啓発でしょうか。

出版社をPHPに限定するなら、原稿のジャンルに一番近い雑誌の編集部に持込という形をとればいいのではないかと思います。


出版社を限定しないならはじめから電子書籍として出版する形式だとハードルが比較的低くて

出し易いそうです。

http://wook.jp/

id:tisei

ジャンルは占いです。

電子書籍という手もあるんですねー。CDROMを添付したいので導入方法が難しそうですね。

2011/04/18 08:09:45
id:papa117 No.3

papa117回答回数46ベストアンサー獲得回数72011/04/17 23:30:19

ポイント20pt

まず、

PHP友の会

のセミナーなどに参加し人脈を作ってみてはいかがでしょうか。

それかPHP人材開発

持ち込み、企画などを扱っているので一度、内容を見てもらいPHP研究所から

出版したい旨、伝えてみてはいかがでしょか。

それかPHP研究所では

3)各雑誌への投稿は各誌記載の募集要項に従ってお寄せください。

とありますのでまずは投稿ということでアポを取り実は。。。というように

持っていく。

いかがでしょうか。どれもダメもとですがやらないよりはマシかな?と。

id:tisei

具体案で嬉しいです。PHP友の会はどうやって入会するんでしょうか。

2011/04/18 08:11:46
id:coussinet No.4

coussinet回答回数41ベストアンサー獲得回数72011/04/18 04:14:16

ポイント20pt

PHPとの実績のある編集プロダクションに持ち込んで

「PHPで出したい」と相談してみる。


もちろん編プロも商売なので、出版に値する内容でなければ興味を示してももらえないでしょうが、

編プロ自体はたくさんあるので、版元1社だけに持ち込むより

採用される確率は上がるでしょうし(単純に確率の問題じゃありませんが)

そのままでは通らなくても素材はいいので「磨けば玉になる」と判断されれば

いろいろ相談にものってもらえるんじゃないでしょうかね・・・想像ですけど。


http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8...

id:tisei

なるほど。編プロがよくわからないのですが、出版社よりお金取られそうですね。

2011/04/18 08:17:06
id:coussinet No.5

coussinet回答回数41ベストアンサー獲得回数72011/04/19 00:06:44ここでベストアンサー

ポイント20pt

> 4

> 編プロがよくわからないのですが、出版社よりお金取られそうですね。


編集プロダクションとは、簡単に言えば企画・編集の下請けです。

出版社から企画を丸投げされて実務(取材・執筆・編集等)をやる、

または自分から出版社に企画を持ち込んで採用されればその実務をやる。

いずれにしても編プロのお客さんは出版社であって、編プロにお金を払うのも出版社です。

執筆者が編プロにお金を払って本を出してもらうところじゃありませんし

企画が通って本になれば、執筆者にはもちろん原稿料が支払われます。

id:tisei

編プロってお金払わないといけないところだと思ってました。

ご説明ありがとうございます。

2011/04/19 08:13:27

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません