科学実験(にかぎりらず、工場なので試作品をつくるときなど)では、道具をいろいろ使います。単純で、高度な技術をつかっているわけではなくても便利な道具って結構あります。

実験道具を保持するスタンドなどです。そういったちょっと便利な道具(ムダとりの山田日登志さんでいうところのからくり)について、学術的な研究はないでしょうか? CiNiiやGoogle scholar など
でそういった実験道具(からくり的、汎用的)の学術的考察をした論文はないでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/04/24 23:50:25
  • 終了:2011/05/01 23:55:03

回答(0件)

回答はまだありません

  • id:NAPORIN
    ちょっと叩いてはみましたが
    http://www.geocities.jp/the_rhizobiaceae/manual/toribia/toribia.htm
    やはり口伝てかんじです。専門を越えて共通するもので陳腐化されていないものはあまり無い。汎用性のある品(=日用品)は洗練されていてあたりまえなので論文にするまでもない。
    逆にハンディキャップのある立場の視点になればあるかもしれませんが。
    あとはグッドデザイン賞・ユニバーサルデザインとか。あとMITかな、ものづくり講座(おのおのテーマを持ち寄る)に採用された汎用教材
  • id:takejin
    治具(jigの当て字)に理屈なんてあるかいっ って大森のおっさんたちは言うんだろうなぁ。
    ヤトイにも理屈はないし。
    一般的な(汎用的な)道具って、届かなかったり太かったり、曲がってなかったり厚かったりするわけで。
    曲げたり削ったり、付け足したりするわけですわ。
    現物合わせだから、「理屈こねくり回したって、物はできないんだよ」と言われる。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません