会社の上司が、部下にご飯(お酒含む)をごちそうする時に経費を使うことがあります。


完全に休みの日とかに個人的に奢る時ではなく、例えば1つの大きな仕事が片付いた時や、
しばらく休み無しで頑張ってくれた部下達に対して、慰労の意味をこめてそういうことをすることがたまにあります。


しかし、これに対して凄く怒っている社員がいます。
その社員は僻んでいるわけではなく、自分もそうしてごちそうしてもらっているのですが、
「会社の経費でご飯食べたくない。私達が稼いだお金をこのように無駄遣いして欲しくない。
ごちそうしてくれるなら、きちんと自腹で払ってほしい。でなければ誘わないでほしい。」
という主張です。


私は同じ会社なので、この主張がどうなのかよく分かりません。
世間的にはどうですか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/04/26 20:59:57
  • 終了:2011/05/03 21:00:03

回答(13件)

id:taknt No.1

きゃづみぃ回答回数13481ベストアンサー獲得回数11982011/04/26 21:16:19

ポイント18pt

福利厚生費だから いいんじゃない?

http://www.k3.dion.ne.jp/~afujico/siwake/swk430015.htm

プロジェクトの打ち上げとか 社員の送別会とかの飲み会は よくあることです。

id:a-nation

やっぱりそうですよね。

僕もそう思います。やはりそんなことに目くじらたてることはないですよね。

2011/04/26 21:29:25
id:Galapagos No.2

Galapagos回答回数963ベストアンサー獲得回数892011/04/26 21:45:49

ポイント17pt

その方は、食事のような“消えもの”に会社の経費が使われることに対して怒っているのだと思います。


“消えもの”でない労いの方法としては、社員に商品や金券を配るというやり方もありますが、こちらは福利厚生費ではなく“所得”となりますので、税金を納める必要が出てきます。


福利厚生費が良いのか、税金を払うのが良いのかは、個々人の主観の問題なので何とも言えません。

しかし、上司の心遣いに対して怒りをあらわにするのは、サラリーマンとしてはいかがなものかと思います。

id:a-nation

いやぁ、断言は出来ませんが、そういう問題では無いようです。

消えモノだからということではなく、

別にこっちが頼んでもいないのに、勝手に経費を使って飲み食いさせるな!ということが言いたい感じなんです。

そんなことに使う金があったらもっと給料を上げろ、仕事の資金に回せ!てなもんです。


>>上司の心遣いに対して怒りをあらわにするのは、サラリーマンとしてはいかがなものかと思います。

これは僕達も言いましたが、その社員曰く、

「心遣いというなら、自腹を切ってごちそうしてくれ。

会社の経費を使って飲み食いさせるのは、自分達には何の損も無いのだから心遣いでもなんでもないだろう。」

とのことです。

(上司と言っても部長クラスで、その部長の経費としてではなく、会社に別途申請をして会社本体の経費として落としているようです。ですから、せめて部長自身の経費ということならまだしも!という思いもあるようです)


それから、これを質問文に書いていなかったのはまずかったかもしれませんが、

うちの会社の現状として、会社からは「経費削減!」が強く言われています。

その状況にありながら、というのもその社員の主張の1つです。


僕は、この人の言うことも一理あるなぁと思う反面、

上司は上司で、悪気があってしていることではないし、

大勢の社員に奢るとなったら自腹で払うと結構しんどい額になっているので・・・、

それでもなんとか社員を労いたい、という思いからやってくれているのだろう、ということを考えると、

この社員にはあまり賛同出来ないです。

2011/04/26 22:04:19
id:online_p No.3

online_p回答回数1153ベストアンサー獲得回数592011/04/26 23:15:44

ポイント17pt

公私混同はみぐるしいですからね。部下に一票。

id:a-nation

これが「公私混同」に当たるのかどうかが争点なのだと思います。

公私混同と捉えるなら見苦しいですし、そもそも公私混同には当たらないと見る人もいるということかと思うのです。

2011/04/27 13:19:12
id:kou-tarou No.4

koutarou回答回数653ベストアンサー獲得回数812011/04/27 00:25:23

ポイント17pt

やっぱり似た人はいるもんですね。

自分達の結論としては、こうなりました。魚屋&居酒屋での慰労会のときです。


自分もおもいっきりご馳走になっているじゃないか。

しかも、何でもいいから、たのめと言われて、”うに”、”石鯛”の山盛りをたのむのはどうか。


同期は”ハタハタ”、後輩は”ししゃも”。

怒りを感じるならば、慰労会に出るべきではない。となりました。

id:a-nation

その社員は極力出ないようにしています。

仕事が忙しいからとか、用事があるので、とか言ってほとんど出てきません。

そして、喜んで出ている僕達を白い目で見てくるのです。

2011/04/27 13:20:17
id:readmaster No.5

readmaster回答回数74ベストアンサー獲得回数52011/04/27 08:54:47

ポイント17pt

自分なら嬉しい、ラッキーというところですが、

結局その源泉がどこかというところまで突っ込んだ結構深い話ですね。


プロジェクトや打ち上げ的に何か有る場合は、

経費で全ておりずに「一部出たり」する(例えば飲み会4000円のうち、半額の2000円の補助など)ことはよくありました。

これは折半という以上に、両方出しているのがいいのかなと(割り勘のアップグレード版?みたいなイメージですかね)


上司もその社員の方も一理あると思いますが、

本当に慰労したいなら、自腹とかそういうのもありそうですね。

ただ、「会社の仕事」で「使える経費」を使わないのも、またどうなんだろうと

感じます。自腹を切るのがカッコイイというのも変かなと。


単純にその社員の方がこの時点で怒っている?時点で、

上司の慰労の源泉が「自腹」になったところで、

「ありがとう」という感謝?になりそうにない気がします。

その社員の方の怒り方がロジカルな印象を受けたので、

「息抜きできました。ありがとう」という言葉が聞こえそうにないなということです。


深読みかもしれませんが、もし経費削減が会社的に言われているところで、

そういった経費削減が出来てない「上司」を見ているだけの可能性があります。

つまり、他人に批判的であって、自分には甘いというパタンですが、

まあ、これは言い過ぎかもしれませんので、適度にスルーを。

id:a-nation

>上司の慰労の源泉が「自腹」になったところで、

>「ありがとう」という感謝?になりそうにない気がします。

確かにそう思います。

しかし、回答者さんの中でもどちらの意見もあるということは、

世間一般的に完全にこっちが常識、というのは無いということなのでしょうか。

2011/04/27 13:21:44
id:papavolvol No.6

papavolvol回答回数1072ベストアンサー獲得回数1982011/04/27 09:36:40スマートフォンから投稿

ポイント17pt

20人のチームに1人5,000円づつごちそうする場合、この5,000円は福利厚生費にすれば税金はかかりません。

この福利厚生費を使わなければ会社の利益が10万円増えて、この利益には法人税がかかります。

社員に報奨金や商品を配ると社員に所得税と住民税がかかって、社員が受け取るのは3,000円になりますね。

このお金を会社の設備や投資に使っても良いわけです。ただし設備が固定資産の場合には減価償却費を引いた残りには法人税がかかります。

会社として、5,000円のごちそうか、3,000円の現金か、会社の会計上の利益か、投資か、どれが次の会社の利益に最も有効かを考えるわけです。

心理学の本にも美味しいものを前に場所を変えて親しく話すと相手を好意的に感じる確率が高いと書かれているので、楽しい食事会になったらチームの活力が増して次の仕事の成功につながると思いますよ。そうなれば5,000円の食事は他の使い方よりもはるかに有効な使い方だと言えますね。

しかし、楽しい食事会にするための心遣いも必要です。部長がおごるばかりではなくて、若手に幹事を任せて新しい企画で食事するのも良いですね。

大酒呑みもいればお酒を受け付けない体質の人も居ます。タバコを当然のように吸う人も居ればタバコの臭いのする部屋には1分も居たくない人も多いのです。時にはイタリアンにしたり、カラオケにしたり、ボーリングにするのも良いかも知れません。

id:BQbunka No.7

BQbunka回答回数74ベストアンサー獲得回数112011/04/27 11:32:43

ポイント17pt

男の美学的には、領収書をもらわず自腹で払う管理職のほうが恰好いいと、個人的には思います。

 しかしボリュームが大きくなると自腹ではつらい面もあったりするので、そこを会社の福利厚生費に頼ることは、たいていの会社で行われていることで、眉を顰めるほどでもないと思います。

 同僚のかたは、正論じみたものが好きなかたなのかもしれませんね(この場合は正論に見えますが、本来は「株主」が経費の使い方に容喙するのが筋でしょう)。

 慰安旅行や新年会や花見や運動会だって、参加したくない人、下戸の人、運動が好きではない人にとっては合理的でない経費の使い方に見えるかもしれません。

 しかし社員のモチベーションを上げるため、社会通念上認められる範囲のものであれば福利厚生費として計上できるのですから、その金額の負担を上司個人に求めるのはおかしいでしょうね。

 経費の使途が「無駄遣い」かどうかは、裁量権がある上司が判断して責任をとります。

 怒るほどの確固たる主張であり「誘わないでほしい」というほどなら、会社の業務を円滑に推進する上での協調性に問題ありと、上司に評価されても仕方ありませんね。

 部下ができるようになったらもう少し柔軟な考え方に変わるかもしれません。

 

 

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 harumi2 1378 1262 30 2011-04-27 13:28:46
2 b-wind 3344 3206 440 2011-04-27 16:11:24
3 tyousann 1982 1752 54 2011-04-27 17:11:39
4 hamster006 283 251 3 2011-04-27 17:33:25
5 nakamy-2114 43 35 2 2011-04-27 21:12:50
6 Rytandrezone 1073 995 47 2011-04-27 21:19:03
  • id:taknt
    経費削減を唱えてる会社が 経費として認めてくれてるんだから なおさら いちゃもんつける必要はないと思う。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません