PCに詳しい方に質問させていただきます。


内蔵HDDのクラッシュに備えて、最適なバックアップ方法を探しています。
「現在使用している内蔵HDD(A)に加え、新しい内蔵HDD(B)を購入しeSATAでPCに接続、フリーソフトでOSごとコピー。その後はAをメインに使い、定期的に差分バックアップデータをBに保存し、AがクラッシュしてもBにログインして差分データを読み込むことでAと同じHDDが復活」という風に考えています。

このやり方ならメインがクラッシュしても作業を中断させずにHDDを交換できるし、普段使わないのでBの消耗を防げると思ったのですが、可能でしょうか?Aで作った差分データをBで読み込むのは、かつては同一データだったとはいえ不可能な気がしています。
不可能な場合、なにか別のスマートな方法をご存知の方はぜひ教えてください。

定期的にメインの情報をサブに同期できるソフト(有料。名前は忘れました)を見かけましたが、なるべくお金をかけずに済ませたいです。RAID5もHDDが3台必要なので考えておりません。

しかしどうしてもお金をかけなくてはいけないのなら妥協します。その場合なるべく安く済む方法を教えてください。


回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/04/29 22:19:41
  • 終了:2011/05/02 01:44:11

回答(3件)

id:online_p No.1

online_p回答回数1153ベストアンサー獲得回数592011/04/29 23:03:19

ポイント15pt

起動できるというだけなら、内蔵だけではなく、外付けHDDでもできますし、USBメモリでもできます。とくに後者は速度の速いものなら、HDDと遜色なく、バックアップには手軽でお薦めです。かなり安価で調達できますし。

id:muchi1234

すいません文章がわかりづらかったみたいです。

メインのHDDが壊れても、すぐにサブのHDDと交換して問題なく使いたいのです。つまりサブにOSも入っていてほしいのです。確か可能ですよね?そのような書き込みをたくさん見た気がするのですが。ただ、同時に使えるOSは1台でしょうから。バックアップ後にメインで蓄積されていった差分データを、バックアップ以降使用していないサブHDDに反映できるのかというのが質問です。そしておそらくできないと思うので何か別の方法があればと・・・

2011/04/29 23:13:10
id:Galapagos No.2

Galapagos回答回数963ベストアンサー獲得回数892011/04/29 23:11:15

ポイント25pt

可能です。


HDD(A)がクラッシュしたら、フルバックアップをとってあるHDD(B)に換装し、再起動します。その後にHDD(B)にある差分バックアップを使ってHDD(B)自身を更新する形になります。


フリーソフトの「Paragon Backup & Recovery Free Edition」を使うといいでしょう。

id:muchi1234

あっできるんですか!?

「差分」というからには、過去にバックアップを取ったポイントと、その後に差分バックアップを取ったポイントとの差を埋め合わせる形になると思うのですが、物理的にHDDをまたいでその差を埋め合わせるのは無理だろうというのが私の考えだったのです。この欄を読まれたほかの回答者の方はそこのところについて軽く触れて回答してくださるとありがたいです。

2011/04/29 23:38:09
id:saijyoh_739 No.3

saijyoh_739回答回数113ベストアンサー獲得回数102011/04/29 23:35:30

ポイント40pt

もし具体的なソフト名を含めた助言を得たい場合には使いたいOSくらいはお書きになった方が良さそうな気がします。

> このやり方ならメインがクラッシュしても作業を中断させずにHDDを交換できるし、普段使わないのでBの消耗を防げると思ったのですが、可能でしょうか?

『メインがクラッシュしても作業を中断させずにHDDを交換できる』を実現するにはリアルタイムでミラーリングする必要があります。

※RAID1でも行なえます。

バックアップとは別途行なうのが良いかと思います。

http://pppea.s16.xrea.com/pc/02.html

『このやり方ならメインがクラッシュしても作業を中断させずにHDDを交換できる』この遣り方では問題が起こった場合前回バックアップ時点に戻す事になるので今行なっている作業は明かに中断されますよ。前回バックアップ以降の作業はやり直す必要があります。


> 可能でしょうか?

可能か不可能かという事なら可能です。

しかし、非現実的です。

というのは、例えば毎日1回、100日差分バックアップを取った時点でHDDが故障したとします。

100回の更新を反映させるのにどれだけ時間が掛かるでしょうか。

それが、300回など更に増えればどうでしょうか。

要するに、差分が多く溜まればその度に復旧に掛かる時間が無尽蔵に増えて行くのです。

通常、差分バックアップする場合も、定期的にフルバックアップします。

その事により、回復時反映回数が無尽蔵になってすごく時間がかかるようになるのを防ぐのです。

※差分バックアップはデータ量が増える事も問題です。消されたファイルの情報もどんどん溜まって行きますので、かなり大きなストレージでも差分を保存する回数が増えればあふれてしまう事が懸念されます。

バックアップスケジュールを考えて、フルバックアップの後差分バックアップを一定周期で行なうのが良いかと思います。

ソフトはフリーソフトのrsyncなんかどうでしょう。rsyncでできる事をお調べになって、用途に合うかご検討ください。


質問の内容をそのままシステム化する場合、

DriveA DriveBへクローン作成

DriveC 差分データ保存とDriveB更新時の作業システム

って感じにすればできるかと思います。

※DriveBとDriveCは同じHDDで区画分割してでも良い。


色々と懸念点がありますので、ある程度再検討されるのが望ましいとは感じました。

※新しいHDDの方が壊れる危険性もあれば、新しいHDDの方で一部のデータが損失する可能性もある。(バックアップしたデータでセクタ破壊が発生したりする危険性も。定期的なチェックも必要かと思いますし)

id:muchi1234

そうですね、OSくらいは書くべきでした。申し訳ありません。

詳しく解説いただきありがとうございます。これからどういったことを調べたらいいのか明確になりました。あとは自力で調べてみようと思います。ありがとうございました!

2011/04/29 23:44:58
  • id:saijyoh_739
    3の回答者です。1の疑問について。WindowsのアクティベーションはライセンスIDに対して使っている部品を登録するので同じOSを複数入れようと同じ登録(全部品が同じ)なので変更にはなりません。この場合に限れば毎回別区画に入れたOS起動しても問題ありません。2の疑問について。クローンと差分から更新するシステムから読める場所なら複数の区画に分散しようが更新作業は行えます。クローンと差分を同じ区画に置くのは止めた方が良いです。作業にも容量必要ですし3割程度の容量を使った状況以降では容量不足による修復不能状態が懸念されます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません