界面活性剤にはアルブミンやヘモグロビンなどのタンパク質を変性作用があり、イオン性のアニオンやカチオン活性剤の方が非イオン性活性剤より変性作用は強いといわれていますが、変性する“時間”でみたとき、非イオン性の活性剤のほうがイオン性のものより時間をかけてゆっくりと変性していくということはあるでしょうか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/05/19 15:17:17
  • 終了:2011/05/23 11:21:35

回答(1件)

id:suppadv No.1

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682011/05/19 19:56:45

ポイント60pt

イオン性の活性剤の中で変成作用の弱いある物質Aと、非イオン性活性剤の中で変性作用は強いある物質Bが、同じ変成作用の強さだとした場合には、仰るようなことがおきても全く不思議ではありません。あってしかるべきものだと考えます。

id:popota9

ありがとうございます。

2011/05/23 11:21:14

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません