一部のTwitterユーザの「生きた日数」がインターネット上の書き込みとして公開されています。そこから、勝手に年齢や生年月日などを算出してユーザを逆引きできるようにすることは、倫理的、法律的にどうなのでしょうか?またそれとは別に、そこから算出した年齢層の統計を公開することの是非についても教えていただけると嬉しいです。


具体的には30thou(自己管理ツール 人生三万日しかない)というサービスでは、登録すると、「@xxxxx は14195日生きた。人生あと15803日しかない。今日は有意義だったか? #30thou http://30thou.com/xxxxx」というような内容のツイートを自動的に一日一回投稿します。そこで、この「14195日生きた」という部分から年齢と生年月日を逆算して、Twitterのアカウントに紐付けます。そして、年齢と生年月日からTwitterのアカウントを逆引きできるようにするということについて、倫理的な側面、また法律的な側面から是非を問いたいということです。また、それらの情報を公開せず、30thouを使っている人の年齢層の統計のみを公開することの是非についても教えていただけると嬉しいです。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/06/04 13:48:03
  • 終了:2011/06/11 13:50:03

ベストアンサー

id:matsunaga No.1

松永英明@ことのは回答回数536ベストアンサー獲得回数872011/06/04 17:26:55

私も30thouに登録して利用していますので、見る人が計算すれば誕生日はわかってしまいますね。

 

「勝手に年齢や生年月日などを算出してユーザを逆引きできるようにすること」については、そのようなことが可能であるサービスであることが登録時に明白であり、少なくともその情報を公開してツイートしている時点で、同意の上で「自分の年齢や誕生日を世界中にさらしている」と解釈できます。とすれば、法的に逆引きを禁ずることはできないと思われます。

 

ただし、倫理的ということであれば、30thouの運営者に確認をとってからのほうがいいかもしれません。その際、悪用を防ぐ方策をきちんと説明できるとよいでしょう。

また、ユーザーに対しても、運用上、悪意がないことを明確化できるほうがいいでしょう。具体的には、(1)ユーザーから情報の削除依頼があれば即座に応じることができるようにする(ユーザー自身が削除できると理想的)、(2)もっと慎重にやるのであれば、デフォルトで誰でも逆引きできるのではなく、逆引きしてもよいと認めたユーザーのデータのみ逆引きできるようにする(同じ誕生日のユーザーを知りたい!というニーズはありえますから)、という方法が考えられます。

 

算出した年齢層の統計を公開することについては、さらにハードルが低いと思われます。ただし、この場合も30thou運営者に連絡をとっておくのが無難でしょう。

 

技術的には可能ですし、本人が公開しているデータを扱うものですから、本来的には無断でバンバンやってもよさそうなものではありますが、データを加工して公開されると嫌だと思う人もいますし、また悪意をもってデータを加工するような人もいますから、そこは配慮してますよという姿勢を示すことが必要だと思います。

 

個人的にはそのようなデータについて非常に興味があります。楽しみにしています。

id:al001

ご回答ありがとうございます、法的な観点、論理的な観点共に大変参考になりました。


特に30thouの運営者の方に連絡をとるといったことは考えていなかったため、参考になりました。

ただ、30thouの運営者の方に確認をとってOKを貰えるかということを考えると、個人的には難しいのではないかなと思います。

30thouとしては生年月日を何日生きたというツイートのためだけに使用するということを前提に利用者の方に

生年月日を入力してもらっているのであって、それを他の方法で利用するというのは30thouの運営者の方としては

ユーザの手前OKを出しにくいと思います。

だからといって、30thouの運営者の方に確認を取らなくていいというわけではありませんが。

30thouの運営者の方に確認を取ることについて深く考えてみたいと思います。


ユーザの方への配慮として具体的に挙げていらっしゃる二点、参考になりました。

(1)について確かに必要だなと思います。トゥギャッターなどとは性質は異なりますが、

少しにている部分があるのかなと思いました(あちらもユーザ自身が削除できるようです)。

(2)については、登録するユーザ一人一人に確認を取ると確かに倫理的に問題なくなると思うし安全だなと思いますが、

実際どの程度のユーザが登録してくれるのかというのが気になりました。

(サービス寄りの視点となってしまって申し訳ないですが・・・)

また、実際に作るとしたら、(1)までやればいいのか(2)までやらないといけないのかという点が

悩ましいなと思いました。


> 個人的にはそのようなデータについて非常に興味があります。楽しみにしています。

私も作ってみたい、使ってみたいと思ったので質問させていただきました。

けれどこれについてはデリケートな問題であり、

考えれば考えるほどどうすればいいのか分からなくなってくるというのが私の正直な感想です。

どこからも文句がないように作ることはほぼ可能だと思いますが、

しかしどこからも文句がないように作ると実用性がなくなってしまう。(と個人的には思います)

私としては誰かうまいことやってくれないかなぁと思っています(笑)


思ったところを書かせていただきました。乱文・長文申し訳ありません。

改めてご回答本当にありがとうございます。

2011/06/04 23:49:26

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません