日本以外でおこなわれている「安産祈願」の儀式などを調べています。

海外では元々「安産祈願」の風習自体あまりないようですが・・・
できれば、妊娠している本人はいなくてもよいものがあったら嬉しいです。
(例:人形を妊婦がわりにおまじないをかけて、後日妊婦さんに渡す など)
本人におこなうものでも構いません。
ちなみにお腹にペイントをする「メンディー」等は既に知っているのでこれ以外で。
よろしくお願いいたします。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/06/07 15:21:24
  • 終了:2011/06/08 21:03:37

ベストアンサー

id:matsunaga No.1

松永英明@ことのは回答回数536ベストアンサー獲得回数872011/06/07 21:06:56

古代ローマにはルペルカーリア祭という祭りがありました(Lupercalia - Wikipedia, the free encyclopedia=英語)。これは安産を祈る要素もありましたが、現代のバレンタインデーの習俗にも流れ込んでいます(バレンタインデー - 閾ペディアことのは)。

インドではドゥルガー女神やカーリー女神、ハーリティー女神が安産の女神とされます。また、インドの安産の儀式についてのブログ記事がありました→翡翠庵閑話: インドの安産の儀式

台湾の場合ですと「臨水夫人」(別名:順天聖母、陳靖姑)信仰があります。

1.臨水夫人媽廟の法事:概観より(臨水夫人の儀礼と「物語」

台湾の女性は、一般に子宝を願うときは、註生娘娘というカミのもとへいく。台南においても同じで、この女神はいたるところにまつられている。

 次に安産を願うときになると、臨水夫人がとくに選ばれる。そして子供が生まれたあとでは、七星娘娘というカミのところへいく。このカミには特に16歳にいたるまでの子女の成長を祈願する。こうした各段階に応じる三種のカミを一廟にまつるところとしては台南市中山路の開隆宮が名高い。

横浜中華街の媽祖廟でも、安産の神様として臨水夫人、子宝の神様として註生娘娘が祀られています。横浜中華街-横浜媽祖廟

id:gunso33

たくさん調べていただきありがとうございました。

台湾は3つの神様がいるんですね。参考になりました。

2011/06/08 21:04:46
  • id:chinjuh
    儀式でなくお守りのようなものならけっこうあるんですけどね。
    http://hubpages.com/hub/Herbal-and-Folk-Medicines-for-Labor-and-Childbirth
    こちらに sea otter の皮(ラッコ)や、海流にのって流れてきた熱帯植物の種が、妊婦のお守りになったと書かれています。欧米の場合、こういう土着信仰的なものがキリスト教の普及とともに迷信として退けられて少なくなっているとは思います。


    古代エジプトではベス神(男性器を強調して描かれる小男)や、タウエレト女神(妊娠したカバが生命の象徴であるマークを杖にして立っている)が妊婦や円満な家庭の守り神としてあがめられていたそうですし、それらの像が残っていますから、お守りとして所持したかもしれません。


    いわゆる儀式ではないし、現代の例ではないのでコメント欄で……って質問が無料になったから解答欄でもいいのかな^^;?
  • id:gunso33
    回答ありがとうございました。
    なるほど。やはり現在もやっていることとなるとあまりないようですね。
    調べていただきありがとうございました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません