そういえば気になっていましたが、どうしてヨウ素とセシウムだけ検査されるのでしょうか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/06/09 13:33:10
  • 終了:2011/06/16 13:35:03

回答(4件)

id:selfwater No.1

メガネ回答回数51ベストアンサー獲得回数42011/06/09 13:55:18

ポイント25pt

(1)ヨウ素131とセシウム137の収率(生成率)が比較的高い。

(2)ヨウ素131とセシウム137の半減期が比較的短い。

ゆえに単位時間当たりの崩壊数、すなわち放射能が強いので検出されやすい。

(3)損傷した原子炉の燃料から放出されやすい。だそうです

http://okwave.jp/qa/q6667935.html

http://okwave.jp/qa/q6606326.html

あと、東電はプルトニウムを検出する機器を持っていないんだそうです。

http://logsoku.com/thread/hatsukari.2ch.net/news/1301204532/

id:k-zune No.2

sun回答回数42ベストアンサー獲得回数22011/06/09 16:16:56

ポイント25pt

体にかなりの悪影響をあたえるからですかね

id:suzume_oyado

ストロンチウムは?

2011/06/09 16:31:27
id:Endows No.3

えんどう回答回数169ベストアンサー獲得回数72011/06/09 17:45:43

ポイント25pt

ヨウ素やセシウムは今回の事故で大量に放出されたこと、普段でも宇宙ないし土からの放射によりごく微量に存在するほど科学的には身近であること、ヨウ素とセシウムだけなら線量を調査する機器の設計が手軽であること、微量でも危険なストロンチウムやプルトニウムが一般的に知られていないことなどから、ほとんどのメディアではヨウ素、セシウムに関しての報道が多いからです。当然、ヨウ素やセシウムも危険ですが、ストロンチウムやプルトニウムのほうがより危険ですので、僅かな情報も見逃さないようにしてください。

id:lunlumo No.4

lunlumo回答回数107ベストアンサー獲得回数142011/06/10 04:23:39

ポイント25pt

メガネさんの紹介されているOKwaveの回答にもありますが,ヨウ素とセシウムはガンマ線を放出するので,半減期が短く放出量が多い事もあり,容易なガンマ線のスペクトル分析による測定ができるからというのも一つの理由かと思います。

ストロンチウムは崩壊後に生成されるイットリウムが出すβ線を計測する方法が用いられる為,精製,放射平衡の成立迄の放置,時間を置いての複数回の計測と,元試料のストロンチウム量を求める迄に時間の掛かる何段階かのプロセスを経る事になります。放出量が比較的少ない事もあるでしょうが,ヨウ素やセシウムの測定程気軽に検査ができないのも検査対象から外される事が多い理由の一つでしょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ストロンチウムの同位体

  • id:TAK_TAK
    それら(だけ)に絞った調査方法をしているからです。

    http://www.gsj.jp/Pub/Bull_new/vol_53/53_07/53_07_01.pdf
    別の調査をすれば、
    別の核種も調べられます。
  • id:rsc96074
     ストロンチウムも検出されたみたいです。(>_<;
    http://news.tv-asahi.co.jp/news/web/html/210609015.html

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません