窒素1g当たりのアミノ酸含有量の計算の仕方についてですが、

たんぱく質に含まれる窒素量は平均16%なので、窒素g当たり6,25gのたんぱく質ということで例えば6,25gのたんぱく質であれば1gの窒素を含んでいておのおのの窒素g当たりのアミノ酸含有量はこの場合、各アミノ酸の量÷1で求めますが単に各アミノ酸の量×16%ではもとめられないのですか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/06/12 10:15:53
  • 終了:2011/06/12 14:25:33

ベストアンサー

id:suppadv No.2

suppadv回答回数3545ベストアンサー獲得回数2672011/06/12 12:33:11

ポイント50pt

>各アミノ酸に含まれる窒素量の計算は各アミノ酸の含有量×16%ではだめなのですか?

それは、だめです。

各アミノ酸の分子量とそれに含まれる窒素の数で決まります。

例えば、各窒素量を見ると、アラニンは約16%ですが、アルギニンは約32%、チロシンは約8%です。

各アミノ酸に含まれる窒素量の計算は、各アミノ酸の分子量とそれに含まれる窒素の数から計算してください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%8E%E9%85%B8

その他の回答(1件)

id:suppadv No.1

suppadv回答回数3545ベストアンサー獲得回数2672011/06/12 11:19:12

ポイント50pt

ケルダールですね。

食品の場合の係数は、6.25が使われるのですが、アミノ酸組成が異なることがわかっている場合には違う係数を使うので、注意してください。

また、アミノ酸と言ってしまうとタンパク質が分解された状態のアミノ酸を意味してしまうので違ってきてしまうのでその点も注意してください。

加水分解された状態では重さが変ってくるので、ケルダールの数値をそのまま使用することは出来なくなってしまいます。


通常はタンパク量は、窒素量×6.25で出します。ですので、窒素量÷16%でも同じ答えになります。

タンパク量が判っていて、窒素量を出したい時は、逆の計算にして、タンパク量÷6.25で出します。ですので、タンパク量×16%で答えが出ることになります。

id:koko24

各アミノ酸に含まれる窒素量の計算は各アミノ酸の含有量×16%ではだめなのですか?

2011/06/12 11:33:52
id:suppadv No.2

suppadv回答回数3545ベストアンサー獲得回数2672011/06/12 12:33:11ここでベストアンサー

ポイント50pt

>各アミノ酸に含まれる窒素量の計算は各アミノ酸の含有量×16%ではだめなのですか?

それは、だめです。

各アミノ酸の分子量とそれに含まれる窒素の数で決まります。

例えば、各窒素量を見ると、アラニンは約16%ですが、アルギニンは約32%、チロシンは約8%です。

各アミノ酸に含まれる窒素量の計算は、各アミノ酸の分子量とそれに含まれる窒素の数から計算してください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%8E%E9%85%B8

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません