大震災後に、市などの公立文化施設(文化会館等)が行わなければならない防災対策は、どんなことでしょうか。例えば、その建物の耐震強度を確認する、などなど。思いつく対策を挙げてください。 また、参考になるようなホームページがあれば教えてください。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/06/12 22:53:39
  • 終了:2011/06/19 22:55:05

回答(5件)

id:sibazyun No.1

sibazyun回答回数1749ベストアンサー獲得回数2352011/06/12 23:55:19

ポイント40pt

一般的な震災強度もですが、特に「天井」については点検する必要があります。

これは、ダメだった例ですが、川崎ミューザの天井崩壊(ニュースサイト:

http://sankei.jp.msn.com/region/news/110317/kng11031721500006-n1.htm)のように天井落下が多い。建築基準法の範囲に入っていないので、

今までの「耐震基準チェック」から漏れていたようです。


なお、建物自体の防災という以外にも、帰宅難民の収容を考えた管理体制や

食料の備蓄なども検討されるべきでしょう。

id:Cherenkov No.2

Cherenkov回答回数1502ベストアンサー獲得回数4922011/06/13 03:18:40

ポイント40pt

避難経路の確認。

避難誘導の指示方法、人員の配置。

id:Baku7770 No.3

Baku7770回答回数2831ベストアンサー獲得回数1812011/06/13 14:41:53

ポイント40pt

 コメントも何もなく目的もわからないので、雑感程度に書かせていただきます。先に結論を述べさせていただきますが、公共施設の耐震調査とかは定期的に震災前にやっておくべきことであって、被災後はまず被災者の受け入れ。その後仮設住宅に避難住民を移してから、被災状況を調査した後に補修計画の策定と実施。それに対する議会と住民の徹底監視になると考えます。

 最近の報道にもあるとおり、震災後に復興のためと称して色々な建築制限を掛けてきます。阪神大震災の直後でもそれまで一戸建てだった家が、建築基準法の制限に触れることから、集合住宅に変更をせざるを得なくなったと言ったことがありましたし、何十年も放置していた国道の開発計画を持ち出してきて建て直しの建築許可を出さず、結局立ち退かされた方も知っています。

 私の住む芦屋市では次のような問題が発生しています。

 震災直後に当時の建設省から助役として官僚が一人天下ってきました。その助役に近づいたのが地元の建設業者です。芦屋市では多くの公立学校が被害を受けましたが、一番大きな被害を受けていた精道小学校の補修工事はその業者の手に負えないものでした。

 そのため、その助役と建設業者は比較的被害の小さい別の小学校の補修を優先し、精道小学校の補修を後回しにしてしまったのです。震災後7年経ってから精道小学校の壁が剥がれ落ちるという事件が発生しました。私も崩れ落ちた壁の破片の写真を見ましたが、児童を直撃していれば怪我では済まなかったでしょう。

 その時点で、助役と建築業者は逮捕されていました。逮捕時の市長の対応の拙さは当時の建設省を怒らせ、本来なら復興予算で補修なり建て替えができたはずの精道小学校は芦屋市が独自で工事を行うしかなくなっていました。

 精道小学校の当時のPTA会長は動かない行政に業を煮やし、TV番組に出演し学校の危険と対応を訴えました。その番組の中で当時の芦屋市長北村春江は「何とかする」としか言いませんでしたが、次の議会で建て替えを提案しています。

 ただし、その校舎が完成したのは2007年。TVに出演し、世間に訴えたそのPTA会長のお子さんは既に卒業した後でした。その約5年の間児童たちはいつ崩れ落ちるかわからない校舎で恐怖と戦いながら勉強に励み続けたのです。

id:yk1997kobba No.4

こっば回答回数2400ベストアンサー獲得回数2122011/06/13 18:43:12

ポイント40pt

こちらはどうでしょう?

http://www.zenkoubun.jp/artmanagement/pdf/handbook08_4.pdf#search=’大震災後 公立文化施設 防災対策'



id:mdfmk No.5

mdfmk回答回数981ベストアンサー獲得回数1972011/06/13 18:46:17

ポイント40pt

sibazyunが書かれていますが、震災後新たに必要と判った部分としては天井の安全性がありますね。


「落ちない天井」じゃなくて、「落ちても安全な天井」という発想に基づいて対策をしている例があります。


http://www.nikkei.com/tech/trend/article/g=96958A9C93819499E1E2E2E2808DE1E2E2E7E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;p=9694E2E4E2E6E0E2E3E3E2E4E7E0

http://case311.miraikan.jst.go.jp/home/docs/earthquake/1104262139

  • id:miharaseihyou
     耐震補強するにも数が多いので予算が取れるかどうかだと思う。
    先ずは予算の検証から初めて優先順位を策定し、場合によっては施設の廃止も検討するべき。
    ちなみに優先順位の高いのは橋や道路や鉄道などの公共交通機関だと思う。
    市役所や庁舎なんかは分散して賃貸すると安くつく。
    箱物は最後の方だな。
    たぶん優先度は低いので予算の都合上廃止する方が望ましい施設が多く出ると思う。
    なんせ日本全国借金てんこ盛りなんだから。
    補助金の削減方針も決まった事だし・・。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません