福島原発の設計上の耐震性能はどのくらいで、実際どのくらいの揺れが来て 施設は どの程度の損傷だったのかわかりますか?

すぐ 津波が来てあの通りでしたが 地震そのものに対してはどうだったのかなぁと気になりました。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/06/13 22:11:38
  • 終了:2011/06/20 22:15:03

回答(2件)

id:dothan No.1

どたん回答回数145ベストアンサー獲得回数252011/06/13 22:30:50

ポイント50pt

福島第一原子力発電所5号機の建屋、機器・配管系については、水平方向600Gal、垂直方向400Galに耐えられるという調査報告が出ていますが(原子力保安院、2009年7月)、1~4・6号機については再評価中でした。

実際の地震の揺れは、最大で、水平方向460ガル、垂直方向302ガルで(東京電力、2011年5月)、5号機の基準の範囲内には収まっていたようです。また、いまのところ、地震による損傷はないという発表になっています。(個人的には柏崎刈羽原発の先例があるので疑っていますが)


なお、津波に対する安全性を再評価している最中だったようです。

id:aLisa No.2

aLisa回答回数113ベストアンサー獲得回数32011/06/19 18:22:15

ポイント50pt

旧耐震基準はマグニチュード6.5の直下地震に耐える。だそうですね。また、建築基準法の3倍というのも出ています。

http://www.pref.fukushima.jp/nuclear/info/pdf_files/100805-13.pdf

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません