今の牛乳と、放射性物質に関するホームページがありましたら教えていただけますでしょうか

回答の条件
  • URL必須
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/06/18 15:23:22
  • 終了:2011/06/23 10:58:52

回答(4件)

id:tibitora No.1

tibitora回答回数3037ベストアンサー獲得回数2022011/06/18 15:31:59

ポイント25pt

こちらご参考になりますと嬉しいです。

http://dokugaku.info/2011/06/post-1355.html

結論から言うと、子供の牛乳は、各地のセシウム・ストロンチウム汚染のはっきりしたデータが上がるまで、控えるべきかと思います。

「飲まない」という選択肢が採れないのなら、できるだけ汚染が少ない産地(九州・中国・四国産)を買うか、それかいっそのこと、しばらく「豆乳」で代用するのもよいかと思います。

まずさしあたって、わたしたちは、放射性物質について、「よくわからない」ということを念頭にしておくべきかと思います。

何が起こるのかは、わかっていないのです。


牛乳と放射性物質

結論から言うと、子供の牛乳は、各地のセシウム・ストロンチウム汚染のはっきりしたデータが上がるまで、控えるべきかと思います。


これまでの放射性物質の汚染具合がわかるサイトがありました。

参考サイト:食品と放射能

http://search.kankyo-hoshano.go.jp/food/servlet/food_in

即わかる構成になっているので、ぜひご利用をば。

しかしわからないのは、上記のサイトで「牛乳」の汚染度を見ると、全国的に放射性物質は検出されているのです。

たとえば、牛乳(生乳)-セシウムの測定濃度-東北地方のこれまでの平均は、「約17ベクレル/kg」あります。が、全国の食品の放射能調査データ:牛乳だと、現状の検出数は「0ベクレル」なのです。

http://atmc.jp/food/?s=i131&q=ad07a&a=&d=21

後者はおそらく、データの母数が少ないから、そんな数字になっているのだと思います。東北地方は、汚染濃度が増えることがあっても、減るわけがありません。

まだまだ、はっきりしたことはわかっていない、これからわかってくる、と厳にいえるかと思います。

一口で言うと…子供への牛乳は、各地のセシウム・ストロンチウム汚染のはっきりしたデータが上がるまでは、控えるべき。まだまだ、わかっていないというのが現状。

id:boketeruyo No.2

boketeruyo回答回数37ベストアンサー獲得回数12011/06/18 16:15:20

ポイント25pt

こちらはどうでしょうか?

http://atmc.jp/food/?s=i131&q=8478c&a=&d=21

福島県も含めて、既にいずれの地域も0ベクレルというのが現状です。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません