「プリンセス トヨトミ」ってどのような映画ですか

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 登録:2011/06/25 13:28:09
  • 終了:2011/07/02 13:30:02

回答(4件)

id:ki-va No.1

えいる回答回数66ベストアンサー獲得回数52011/06/25 13:28:54

大阪での昔の話の映画ですよww

笑いあり涙ありの映画ですよwww

id:cx68

笑いありとは思いませんでしたw

2011/06/25 13:32:20
id:ABAB1234 No.2

としみつ(友大歓迎!!)回答回数71ベストアンサー獲得回数62011/06/25 13:33:11

概要

万城目学初の長編作品。別冊文藝春秋にて2008年1月号から2009年1月号まで連載、2009年3月に文藝春秋より刊行された。第141回直木賞候補作。

四百年にわたりあるものを守り続けてきた大阪に住む男たちと、それを知らずに大阪にやってきた会計検査院との攻防を軸に、親子の絆を描いたパラレルワールド的な作品。同じく万城目原作の「鹿男あをによし」とは一部世界観を共有しており、同作品に登場した大阪女学館剣道部顧問の南場勇三がわずかだが出演する。

あらすじ

5月31日の木曜日、午後4時。突如として大阪府で一切の営業活動、商業活動がいっせいに停止した。物語はそこからさかのぼること10日前、大阪に実地検査のため足を踏み入れた会計検査院の調査官3人と、地元の中学校に通う2人の少年少女。一見何のかかわりもない彼らの行動とともに描かれる。

会計検査院第六局所属の松平ら3人は実地検査のため大阪を訪れる。そのリストの中に入っていたのは謎の団体「社団法人OJO」。しかし期間中彼らはOJOの検査をできないまま一旦帰京する。

空堀中学校に通う大輔と茶子は幼馴染。長い間女の子になりたいと思っていた大輔はセーラー服姿で登校することを夢に見、実行に移す。しかし、彼を待っていたのは壮絶ないじめであった。

週が明けて火曜日、ある理由から大阪に残っていた松平はOJOの実地検査ができることを知り、現地へと向かう。一方の大輔はその日、担任教師に早退を命じられ、彼の父とともにある場所へと行くことになる。松平と大輔、二人が見たものは地下に眠るもう1つの国「大阪国」であり、大輔は父が大阪国の総理大臣であることを告げられる。

「大阪国」は35年間で国から175億円もの補助金を受けていたが、肝心なことを国との条約を盾に語らない。松平はこの「大阪国」の不正を明るみにするために対決することに。そんな中、大輔へのいじめがエスカレートし、茶子はいじめた相手への襲撃を決行するが、そのことが思いもよらぬ事態へと発展する。

それぞれの思惑と誤解が交錯したとき、長く閉ざされていた歴史の扉が開かれる。

id:ki-va No.3

えいる回答回数66ベストアンサー獲得回数52011/06/25 22:04:50

上の回答絶対

YAHOOで調べて

コピーしたなwww

id:zz-z No.4

はしさん回答回数372ベストアンサー獲得回数362011/06/26 12:01:41

1615年、大阪夏の陣で断絶したはずの豊臣家の末裔が実は今も生き残っていた。大阪の男達はその秘密を400年間守り続けていた。

東京から訪れた会計検査院の3人は、ふとしたことからその秘密を知ってしまい、大阪の営業活動や公共機関など、全ての商業活動が停止する自体に巻き込まれていく…

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません