原子力安全・保安院はどうしてプルサーマルを推進するような工作をしたのですか?


>経済産業省原子力安全・保安院から事前に参加者の動員や、プルサーマルに賛成の立場の質問をするように口頭で依頼されていたことを明らかにした

との記事が出ていますが、「保安院」という名前から 安全点検的な機関だと思いますが、何故 ここがこんな事をするのでしょう?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/07/29 12:46:00
  • 終了:2011/08/05 12:50:05

回答(2件)

id:papavolvol No.1

papavolvol回答回数1074ベストアンサー獲得回数1982011/07/29 19:32:28スマートフォンから投稿

ポイント50pt

原子力安全保安院は、経済産業相の組織です。原子力を推進するためのお役所です。原子力発電所を増やすために、安全を担保するのがお仕事です。

原子力発電所の安全基準を作り、その安全基準が守られていることを監視し、結果的に原子力発電所を増やすことを目的にしています。

id:suppadv No.2

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682011/07/30 16:53:03

ポイント50pt

>「保安院」という名前から 安全点検的な機関だと思いますが、何故 ここがこんな事をするのでしょう?


安全点検をおこなうためには、安全点検を行うべき施設が必要です。

安全点検を行う施設がなくなってしまったら仕事がなくなってしまいます。

  • id:seble
    そりゃ袖の下がバッチリ。
    あんな事やこんな事も
    ええ?そんな事まで?
    それじゃ大抵の奴は転ぶわな、www
  • id:Yoshiya
    http://www.nisa.meti.go.jp/nisa/what/index.html
    原子力安全・保安院が通産省の管理下にあるからだと思います。

    http://www.nisa.meti.go.jp/nisa/honbu/index.html
    上記サイトの組織図を見れば分かりますが、原子力安全・保安院の中に「原子力安全広報課」というセクションがあります。
    原子力安全広報課の主な仕事(所掌事務 http://www.meti.go.jp/intro/data/akikou32_1j.html)は下記の通りです。

    >>
    所掌事務

    1.原子力に係る安全の確保に関する広報。
    2.原子力保安検査官及び原子力防災専門官の事務の連絡調整。
    3.原子力保安検査官及び原子力防災専門官に関する予算及び定員に関すること。
    4.原子力保安検査官、原子力防災専門官その他の原子力の安全の確保に関する事務に従事する職員の職務上必要な訓練及び研修。
    5.核燃料取扱主任者及び原子炉主任技術者の試験及び免状に関すること。
    <<

    原子力が安全かどうかを監督する役所の中に、原子力は安全であるとアピールする広報がある事がこういった矛盾を生み出していると思います。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません