主人と旦那・・・何が違うのでしょう? 格上、格下の区別はあるのでしょうか?


私は「主人」と言いますが「旦那」と何処がどう違うのですか?
「宅の主人」は聞きますが「宅の旦那」は聞いた事ないし ???

外での呼び方は どちらが正しいのですか? (トウヘンボクもアリですか・・??)

皆様はどちらで呼びますか?  また呼ばれますか? 
(呼び方で年代が分かっちゃったりして・・・旦那の方が若い年代って感じが。。)

よろしくお願い致します。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/08/10 09:47:15
  • 終了:2011/08/11 10:18:40

ベストアンサー

id:alpinix No.3

あるぴにっくす回答回数615ベストアンサー獲得回数972011/08/10 12:07:40

ポイント190pt

語源と実生活での使用に乖離が出ている言葉の一例だと思います。

 

ちょっと調べましたが、地域性や年代による認識の差もあって(私自身も感違いしてました)、一慨には「どっちが丁寧か」は判断できないもののようです。

 

主人 旦那 に加え 夫 や 連れ合い パパ と言った呼称もありますが、語源がはっきり分かっていて、日本的な風習を残している主人、旦那、という表記は難しいですね。

 

http://allabout.co.jp/gm/gc/184617/3/

辞書を引いてみると、このようになります。

夫……女性を「妻」というのに対し、男性をいう語

主人……家の長、店の主(あるじ)、自分の仕える人

旦那……お布施をする人、商家の奉公人が自分の主人を敬っていう語、男の得意客、自分や他人の夫

(どこの辞書の第何版かを書いてないのは、さすがはallaboutクオリティ!)←うわtibitoraさんと被ったよ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A6%E9%82%A3

布施をすること。またはその人。 - 檀那を参照。

女性の配偶者のこと。

 船場ことばで商家の主人のこと。

 

概ね、語源そのものを素直に取ると、

 

「旦那」 の方が丁寧な呼称であったようです。

 

ただしこういう語義は時代とともに変遷するのが常で、奉公というものがリアルに存在しない現代では「旦那」という呼称を配偶者以外の意味として使うことは稀であろうと思われます。

そのため「旦那」という呼称自体の品格も下がってきているようです。

 

何かその証拠になるものが無いか探してみたところいいものがありました。

 

つgoogle検索結果にみる関連キーワード「旦那」

f:id:alpinix:20110810115801j:image

 

 

つgoogle検索結果にみる関連キーワード「主人」

f:id:alpinix:20110810115800j:image

 

ある程度予想していたことですが、現代日本において、「旦那」の格はあきらかに「主人」より下がっているのがうかがえます。とてももともとは「奉公人がその主人を呼ぶ場合などの敬称」だったとは思えません。

というか一部の世界では「旦那」は既に蔑称ではないかとも勘ぐれます。

 

(ちなみに主人と旦那の違いというのはQAサイトでは定版の質問らしく結構ひっかかりました。おのおのの回答は玉石混交だと思いますがご参考まで)

 

冒頭に、地域や年代によって~ と断りを入れましたが、個人的には現代の一般的な順位はこんなものかなあと思っています。

 

【品格】 主人>夫>連れ合い>>>>旦那

 

 

一方、K E I ☆ C H A Nさんの認識としてはこんなところではないでしょうか?

 

【ハードル】 パパ ■(越えられない壁)■>主人>>>夫>>>>>>>>旦那

 

 

 

まあ何はともあれK E I ☆ C H A Nさんがどちらを使われるかは「その思い」も込みだと感じます。

 

尊敬の念を込めて呼びかけている分には何でもいいのではないでしょうか。

 

(それが一番難しい、という返しは無しの方向で)

id:KEI-CHAN

うわ~ 感涙ものです! ありがとうございます!

「かいり」ですか、、のっけから難しい漢字で、読めなかったです。

はげ って字に似てる.....うぅ、大変失礼を致しました。。

この前若いお母さん二人がくわえタバコで「うちの旦那がさ~」って話してるのを

聞いてから、もうこの疑問が頭から離れなくなっちゃって、、

旦那の立場ってとっても低い感じに受け取れたもので

私検索はこのはてなの中と(滅多にしませんけれど、、)あと、ウィキちょこっと

見るだけなんです。せめてOKWave位は探すようにしたいと思います。

知恵は苦手です。嫌い。。

確かにパパはそびえ立つ壁です。口が裂けても言えません!!

パパ、ママなんて言おうものなら、こいつ何か企んでるな!? ってお互い腹の

探り合い勃発です! でも一つ訂正の箇所がありますよ~

私の認識の頂点に君臨しているのは「トウヘンボク」です!

全く違和感がない! ものの見事にない!

少し尊敬の念を持ちたいと思いますが、違う所に念を使ってばかりで、枯渇気味です。。

被りなんか吹っ飛ぶ位の切れ味のあるご回答  ありがとうございました!

2011/08/10 13:21:02

その他の回答(6件)

id:taknt No.1

きゃづみぃ回答回数13539ベストアンサー獲得回数11982011/08/10 09:55:25

ポイント11pt

http://www.ozmall.co.jp/bbs/1-534430.aspx

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110638061




「主人」は、家長制度の一家の主、 店主、 などの他に、自分が仕える人、雇い主という意味があります。

最近好んで使われる「旦那」は元々サンスクリット語の「ほどこし・布施をする人」という意味で、

転じて店の主人、奉公人の雇い主、妾のパトロン、商人が客をおだてるときに使う呼び名・・・など、

「主人」よりもっと差別的な意味の言葉です。

>外での呼び方は どちらが正しいのですか?

どちらを使うかは 言う相手との親しさの度合いによるんじゃないでしょうか?


ほかにも パパとか 言いますよね。

これは 子供が そばにいるときですが。

わりかし パパとか ママとか言うほうが多いですね。

子供が そばにいるときばかりですから。


いなければ 主人と 呼ばれてますね。

id:KEI-CHAN

知恵袋のですか.......(あんまり好まないんですけど・・・)

パパは言ったことありません、、これからも言う予定は全くないです。

何か想像しただけで悪寒が走るぅ。。(我が家の事ですよー)

ありがとうございました!

2011/08/10 10:33:13
id:tibitora No.2

tibitora回答回数3037ベストアンサー獲得回数2022011/08/10 11:29:42

ポイント51pt

「主人」よりも「旦那」のほうが丁寧な呼び方なのだそうです。

http://allabout.co.jp/gm/gc/184617/3/

・夫……女性を「妻」というのに対し、男性をいう語

・主人……家の長、店の主(あるじ)、自分の仕える人

・旦那……お布施をする人、商家の奉公人が自分の主人を敬っていう語、男の得意客、自分や他人の夫

・亭主……その家の主(あるじ)、夫、茶の湯で茶事を主催する人

辞書の通りに解釈すれば、「主人」よりも「旦那」のほうが丁寧な呼び方であることがわかります。つまり、訪問先で「ご主人はいらっしゃいますか?」と伺うよりは「旦那さんはいらっしゃいますか?」の方が丁寧ということに。もちろん地域性なども加味しなければいけませんが、一般的には勘違いしている方が多いのではないでしょうか?(ガイドは間違ってました)

http://blogs.dion.ne.jp/bunsuke/archives/4396415.html

「同世代は『夫』、上の世代だと『主人』が多い。下の世代は『だんな』も多いように感じます。

「連れ合い」『パートナー」「相方」「伴侶」など、妻も夫も使える呼び方を支持する意見も多かった。この他、「うちの人」「パパ」「夫さん」「夫の名字」「彼」など様々だ。



親しいお友達とでしたら冗談っぽく「トウヘンボク」もありかなと思います。

私は未婚なので呼ばれたことはないです。



こちらは読んでなるほどと思ったものです。

http://ameblo.jp/dietitian-mam/entry-10390053757.html

女性の場合、家庭に入ってしまうことも多く、社会的に男性の方が立場が上。だと言うのは古く、男女間に差別は持たず、専業主婦であっても妻と夫の立場は同等だとおっしゃってました。

なので、“私の旦那さんは・・・”とか“うちの主人が・・・”なんて言う女性にはなってはいけない!!と。

夫も夫で、“うちのが・・・”とか“家内が・・・”なんて言うのはおかしいと。

結論ですが、女性は結婚相手のことを公の場では“夫”と呼び、男性は“妻”と呼ぶのが妥当だとおっしゃっていました。

id:KEI-CHAN

旦那って何か違う感じがしてたんですけど、本来は上だったんですね・・・

でもお母さん達の会話を聞いていると、何か軽~い感じに受け取れちゃって、、

亭主もありましたねー これはもう時代劇の長屋のおかみさんが、井戸端会議で

良く言ってるイメージが・・・暴れん坊将軍とか水戸黄門なんかで・・!

私は専業主婦ですけど立場は同等ではないです、、うっかりすると私が上に!!?

夫とも言い難い感じですし、呼び方って奥が深いですねぇ・・・・・

ありがとうございました!

2011/08/10 12:36:30
id:alpinix No.3

あるぴにっくす回答回数615ベストアンサー獲得回数972011/08/10 12:07:40ここでベストアンサー

ポイント190pt

語源と実生活での使用に乖離が出ている言葉の一例だと思います。

 

ちょっと調べましたが、地域性や年代による認識の差もあって(私自身も感違いしてました)、一慨には「どっちが丁寧か」は判断できないもののようです。

 

主人 旦那 に加え 夫 や 連れ合い パパ と言った呼称もありますが、語源がはっきり分かっていて、日本的な風習を残している主人、旦那、という表記は難しいですね。

 

http://allabout.co.jp/gm/gc/184617/3/

辞書を引いてみると、このようになります。

夫……女性を「妻」というのに対し、男性をいう語

主人……家の長、店の主(あるじ)、自分の仕える人

旦那……お布施をする人、商家の奉公人が自分の主人を敬っていう語、男の得意客、自分や他人の夫

(どこの辞書の第何版かを書いてないのは、さすがはallaboutクオリティ!)←うわtibitoraさんと被ったよ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A6%E9%82%A3

布施をすること。またはその人。 - 檀那を参照。

女性の配偶者のこと。

 船場ことばで商家の主人のこと。

 

概ね、語源そのものを素直に取ると、

 

「旦那」 の方が丁寧な呼称であったようです。

 

ただしこういう語義は時代とともに変遷するのが常で、奉公というものがリアルに存在しない現代では「旦那」という呼称を配偶者以外の意味として使うことは稀であろうと思われます。

そのため「旦那」という呼称自体の品格も下がってきているようです。

 

何かその証拠になるものが無いか探してみたところいいものがありました。

 

つgoogle検索結果にみる関連キーワード「旦那」

f:id:alpinix:20110810115801j:image

 

 

つgoogle検索結果にみる関連キーワード「主人」

f:id:alpinix:20110810115800j:image

 

ある程度予想していたことですが、現代日本において、「旦那」の格はあきらかに「主人」より下がっているのがうかがえます。とてももともとは「奉公人がその主人を呼ぶ場合などの敬称」だったとは思えません。

というか一部の世界では「旦那」は既に蔑称ではないかとも勘ぐれます。

 

(ちなみに主人と旦那の違いというのはQAサイトでは定版の質問らしく結構ひっかかりました。おのおのの回答は玉石混交だと思いますがご参考まで)

 

冒頭に、地域や年代によって~ と断りを入れましたが、個人的には現代の一般的な順位はこんなものかなあと思っています。

 

【品格】 主人>夫>連れ合い>>>>旦那

 

 

一方、K E I ☆ C H A Nさんの認識としてはこんなところではないでしょうか?

 

【ハードル】 パパ ■(越えられない壁)■>主人>>>夫>>>>>>>>旦那

 

 

 

まあ何はともあれK E I ☆ C H A Nさんがどちらを使われるかは「その思い」も込みだと感じます。

 

尊敬の念を込めて呼びかけている分には何でもいいのではないでしょうか。

 

(それが一番難しい、という返しは無しの方向で)

id:KEI-CHAN

うわ~ 感涙ものです! ありがとうございます!

「かいり」ですか、、のっけから難しい漢字で、読めなかったです。

はげ って字に似てる.....うぅ、大変失礼を致しました。。

この前若いお母さん二人がくわえタバコで「うちの旦那がさ~」って話してるのを

聞いてから、もうこの疑問が頭から離れなくなっちゃって、、

旦那の立場ってとっても低い感じに受け取れたもので

私検索はこのはてなの中と(滅多にしませんけれど、、)あと、ウィキちょこっと

見るだけなんです。せめてOKWave位は探すようにしたいと思います。

知恵は苦手です。嫌い。。

確かにパパはそびえ立つ壁です。口が裂けても言えません!!

パパ、ママなんて言おうものなら、こいつ何か企んでるな!? ってお互い腹の

探り合い勃発です! でも一つ訂正の箇所がありますよ~

私の認識の頂点に君臨しているのは「トウヘンボク」です!

全く違和感がない! ものの見事にない!

少し尊敬の念を持ちたいと思いますが、違う所に念を使ってばかりで、枯渇気味です。。

被りなんか吹っ飛ぶ位の切れ味のあるご回答  ありがとうございました!

2011/08/10 13:21:02
id:a-kuma3 No.4

a-kuma3回答回数4524ベストアンサー獲得回数18802011/08/10 12:08:06

ポイント51pt

「宅の主人」は聞きますが「宅の旦那」は聞いた事ないし ???

宅の旦那 → 約 6,340,000 件

宅の主人 → 約 1,680,000 件


うちの場合は、あまり親しくない人に対しては「うちの主人」かな。

子供の学校関係の付き合いや親族に対しては「うちのパパ」って言ってると思う。


いまどき、呼び方だけを取り上げて、昔はこういう意味で使ってたから、差別的な表現だ、

なんて騒ぐのは、その騒いでる人に差別意識があるから、だと思う。

要は、言ってる人の気持ちが大事なんで。

id:tibitora さんの回答を否定してるんではなくて、よく聞くことなので、それについての素直な気持ち。


だから、「お宅の主人が...」の「主人」って言い方が嫌だ、という人には、使わない方が良いかな、

とは思うけど、言ってみないと分からないし、いちいち覚えてらん無いしねぇ...

id:KEI-CHAN

この宅の旦那はお宅の、、って意味ですよね。そうではなくて、自分の夫を人に言う

時の事です。「宅の主人支店長になりましたことよ オ~ホッホ」みたいな感じに使う

時のことですって、、しかしこの相談の「お宅の旦那」達悪いですね~

相手によって呼び方を変えるのも大変ですよねぇ。。

いっそ「マイ ダーリン」にでもしときますか~  オエ~ッ。。。

ありがとうございました!

2011/08/10 13:33:40
id:Baku7770 No.5

Baku7770回答回数2832ベストアンサー獲得回数1812011/08/10 15:12:09

ポイント77pt

 どれが丁寧かというのではなく、意味や語源が多少違います。

旦那:生活の面倒を見る人

http://gogen-allguide.com/ta/danna.html

亭主、主人:家で一番偉い人

http://gogen-allguide.com/te/teisyu.html

宿六:2説あるようですね。

http://www.artcomplex.net/webpan/index.php?itemid=1656

でも、現在では2番目の意味でしか使われていません。

 落語には若旦那は出てきますが、若主人は使われません。「明烏」だと観音様の裏にあるお稲荷様(吉原)に行って巫女さんへのご祝儀(買春代)を払うのは若旦那の時次郎で、しかも途中源兵衛・太助に脅迫までされますから、一番偉い人ではありません。スポンサーという意味が一番合っています。(笑)

http://rakugoarasuji.jugem.jp/?eid=3

 他に落語でお妾さんが呼ぶのも旦那様ですね。

 逆にメイド喫茶だとご主人様ですか。 

id:KEI-CHAN

Baku7770様のこと我が家では「芦屋の旦那」ってお呼びしております。

あまりお若くはなさそうなので【若】は付けておりませんっ! 失礼~

この「語源由来辞典」は面白いですね! 取っておきたいと思います。

この中で「スカパーまだ試してない?」のCM見て思い出しました、、早く決めないと・・

「宿六」は最終兵器にも匹敵する位の破壊力を秘めていそうですね~

実はよく伯母が言ってたんですよ、、「今日は旦那の来る日」とか、、ナンノコッチャー!

それでイメージが悪かったのかも知れません。深層心理が明るみに・・!

なるほどね~ いろいろとあるもんですね。。

最後の あけがらす 難しくてよく分かりません。頭痛くなっちゃった。。

ありがとうございました!

2011/08/10 16:53:10
id:NAPORIN No.6

なぽりん回答回数4698ベストアンサー獲得回数8612011/08/10 16:01:34

ポイント59pt

以前、人力に加入してすぐにこの手の答えを考えてたことがあります。自分でも回答は出せませんでした。

「うちのハズ」(ハズバンド)だと対になるのは「うちのワイフ」で響きがいやだし。

ダーリン・ハニー・スイートハートは第三者に言うもんじゃないし。

「うちの亭主がね」っていったら相手は「ほほう、ご亭主がどうなさいました」というでしょうが、うちの夫はお茶会ひらけるほど作法も知らず風流な心もないので持ち上げすぎな感じが。

「主人」は一番使用されているし、まあ世帯「主」だからいいのかもしれないけどなんだか「店主」みたいな職業的な繋がりみたいなものを感じます。ちょっと「夫」とずれすぎてる気がする。

「連れ合い」は文章にはいいのですが、口に出すと口幅ったい。

で、現在「うちの旦那」「うちの旦那さん」「旦那ちゃん」に落ち着いてきています。

いつまでも若気の至りが消えないうちのサラリーマン様はそういえば大店の若旦那みたいだし、

奥さんの私はさしずめ下手な太鼓持ちというところ。

お店にも旅行にもどこでもご相伴して人にモノを尋ねたりご案内をお願いする役目ですね。

ちょうど割れ鍋に綴じ蓋、道中膝栗毛っぽくていいんじゃないでしょうか。

 

もし、もう少し年がいって二人とも熟成できたら大屋政子さんhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B1%8B%E6%94%BF%E5%AD%90

(たしか子供はお持ちでない)

みたいに「うちのおとうちゃんがねっ」っていうのもいいなあと思います。

相手は「ほほう、ご主人/旦那さんはそうなんですか」と好きに相づちを打って下さることでしょう。

おとうちゃんというのが「子供(中学生くらいまで?)」の父親という意味ではない、中高年世代でこそ通用するいいかたでしょうね。

id:KEI-CHAN

主人は店主みたいですか~ 何かふいに喫茶店のマスターを連想してしまいました・・

此方の方は最悪ですよ、、妻の事を「おらいのかあちゃん」って呼ぶんですから・・!

酷いでしょ、、奥さんがどう呼ぶかは覚えていませんけど「おらいのオヤジ」位言いそう・・・

ったく田舎の海の方ってこんなもんなんでしょうかねー? 

大屋政子さんは偉大でしたよね ほんとのセレブを極めれば、あそこに辿り着くんで

しょうか、、私が言ったとしたら、哀愁が漂って物悲しげな感じで終わりそう。。

ありがとうございました!

2011/08/10 19:07:28
id:amai_melon No.7

amai_melon回答回数2011ベストアンサー獲得回数472011/08/10 20:09:13

ポイント11pt

主人は、一家の家計を支えるという意味合いがあり、

旦那というと、ちょっと若くて主人より頼りないという印象があります。


http://www.startlines.jp/news/000066.php

id:KEI-CHAN

「主人」は当たり障りのない無難な言い方だと思っていましたが、時代と共に

また女性達の自立心と共に、微妙に受け取られ方が変わってきている様ですね、、

お礼が大変遅くなってしまい申し訳ございませんでした。 ありがとうございました!

2011/08/11 09:29:20
  • id:Yoshiya
    http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/research/017.html
    「放送で使われる敬語と視聴者の意識」(NHK放送文化研究所)

    本文のPDF → http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/resarch/report/2009_06/090604.pdf

    PDF5ページ
    >>
    ⑥一般視聴者の夫妻の紹介

    番組に一般の人(夫妻)がゲストとして登場する場合,「夫」にあたる人と「妻」にあたる人をアナウンサーが紹介するのにそれぞれどの言い方がよいと思うかを聞いた。
    第三者の配偶者の呼び方をどのようにすべきかの問題である。配偶者の呼び方にはさまざまな言い方があるが,放送という公的な場面で第三者が呼びかける場合には,どの言い方にも
    違和感のある人がおり,ことばの選択に困る。
    たとえば,「主人」「旦那」「奥」という表現は旧時代的な考え方によるもので,違和感があるという視聴者の声を聞くこともある。
    また,「奥さま」「奥さん」は,もともと「武家の妻」のことを意味することばであり,これを武家以外の「妻」の立場の人全員に使うことがおかしいという指摘もあるようだ。
    一方,「夫」「妻」は,配偶者のことをいう一般的なことばだが,「自分」の配偶者のことをいうときに使う「自称」のことばであるという考え方をする場合がある。
    現在,実際の放送では,「夫」「妻」を使うことが多くなっている。そのほか,「山田太郎さんと花子さんです」と名前だけを紹介するという工夫もできる。
    回答項目は次のとおりである。

    (以下略)
    <<

    上記のレポートを抜粋したもの(以下3ページ)

    http://f.hatena.ne.jp/Yoshiya/20110810110040
    http://f.hatena.ne.jp/Yoshiya/20110810110039
    http://f.hatena.ne.jp/Yoshiya/20110810110038
  • id:KEI-CHAN
    閉店ガラガラ ワオッ 2011/08/10 12:13:53
    あれ?? 今回の質問もYoshiya様にはご回答欄への条件を満たしておりませんでしたか・・・
    私は此方のご回答で十分納得なんですけど。。

    何か「旦那」って夫に使うの変だなぁ、、って以前から感じていたんです。
    でも学校の若いお母さん達は大抵「うちの旦那が・・」って言うんです。
    こんなところで年代がバレるのかと、最近疑心暗鬼でした、、
    (今時主人って使うの私とアキバのそっち関係の人達位かと・・・)

    私「はてな」にいらっしゃる方々に教えて頂きたくて有料質問しているんです。
    (それは絶大な信頼を置いているからです!)
    わざわざ他サイトの人様の質疑応答を貼ってもらうためではないんです。
    Yoshiya様に言い付けても仕方ないですけど、何方かに聞いて頂きたかったもので・・
    とばっちり 申し訳ございません。。

    ですから、どうか次回は回答欄へお願い致します。何卒よしなに・・・
    どうもありがとうございました!
  • id:a-kuma3
    >いっそ「マイ ダーリン」にでもしときますか~

    「うちのワイフが...」とか、言われちゃいますよ :-)
  • id:KEI-CHAN
    閉店ガラガラ ワオッ 2011/08/10 14:03:43
    気持ち悪さにかぶせてきますね~ 

    想像しただけで(背筋が・・・)かなり涼しくなりましたっ! ゾクッ!
  • id:yosikawamasiro
    旦那ですかねぇ~。私の所は旦那ってよんでますが…
  • id:KEI-CHAN
    閉店ガラガラ ワオッ 2011/08/10 16:56:35
    私とは年代が違うのでしょうねぇ、、  ありがとうございました。
  • id:lalalaanonki
    拒否されて回答できないのでこちらに



    「主人」「旦那」・・・基本的には同じ


    どちらが正しいのですか?

    両方OK


    呼び方で年代が・・・という問題ではない。


    主人という隷属的な言い方に批判ある女性は「だんな」というみたいです。


    抵抗なく「主人」というのは、ちょっとばかげていますが、慣用として普遍化している部分が大きいです。


    主人 気取ってる、または誰に言うのも気にならない予備方


    だんな 砕けた言い方っぽくて、場合により下品に聞こえる人がいるかもしれないので要注意の部分有りです。
  • id:KEI-CHAN
    閉店ガラガラ ワオッ 2011/08/10 19:10:32
    60日ぶりでしょうか。行間が空き過ぎて却って読み難いんですけど、、ありがとうございました。
  • id:Baku7770
    KEI☆CHANさん
    >Baku7770様のこと我が家では「芦屋の旦那」ってお呼びしております。
    >あまりお若くはなさそうなので【若】は付けておりませんっ! 失礼~
     私の場合、親が存命ですから若旦那でもいいんですよ。若旦那というのは跡取りという意味もありますから。

    >最後の あけがらす 難しくてよく分かりません。頭痛くなっちゃった。。
     一度聞かれると良いでしょう。有名な廓話です。覚えているのは、小朝と楽太郎の二人それぞれが演じたものですが、他でも一、二回聞いています。
     あらすじが難しかったようなので、私流に書いていきますと、
     日本橋田所町の大店日向屋の一人息子時次郎は酒よりも饅頭が好き、遊ぶよりも本を読んで勉強するのが好きという堅物で、若い頃放蕩三昧を尽くした父親にはそんな息子が将来お客様と上手くやっていけるのかが心配でした。
     大店に出入りしていた源兵衛と太助の二人はある日、吉原に行こうと考えていましたが、財布の中が少し物足りない。そこに稲荷神社に参詣し、赤飯をたらふく食った帰りの時次郎と出会います。
     そこで、源兵衛と太助は時次郎に浅草の観音様の裏にたいそうご利益のある稲荷神社がある、自分たちもこれからお篭もりに行くが一緒に行かないかと誘います。
     つまり、吉原で一泊して遊ぼうというわけです。
     家に帰った時次郎は意味も解からないまま父親に許しを乞います。粋人の父親は全てを理解し、時次郎を小粋な着物に着替えさせ、源兵衛と太助の分も払えるように小遣いもたっぷり渡して送り出します。
     遊郭に上がって、太夫が出てきた時点でさすがの時次郎もようやく気がついた。しかし、店の人や源兵衛と太助ににらまれた上、
    「来た時は三人で吉原大門をくぐったのに、帰りは一人でくぐろうものなら門番に監禁されて数年は帰れない」
    と脅されたものだから、帰るに帰れない。
     時次郎のお相手は、売れっ子№1の裏里。
    「そんな初心な若旦那なら私の方から寝てみたい」
    と逆指名。
     夜も更けて、さてお床入り。源兵衛と太助の相手も含め花魁達は皆裏里と時次郎の顛末が気になって客の相手をしない。
     朝になって振られた源兵衛と太助が時次郎を起こしに行くと、昨日あれだけ嫌がっていた時次郎が起きてこない。逆に、
    「花魁は、口では起きろ起きろと言いますが、あたしの手をぐっと握って離そうとしない」
    とのろけ話まで言ってきます。
     源兵衛と太助が時次郎を置いて二人だけで帰ろうとすると、時次郎が布団の中から
    「帰れるものなら帰って御覧なさい。大門で留められる」
    というのでオチ。
     
     廓話は江戸時代の風習などを理解していないと笑えないネタが多いのですが、「明烏」は珍しく現在でも伝わる内容です。
  • id:Baku7770
     トウヘンボクねぇ。
    http://zokugo-dict.com/20to/touhenboku.htm
  • id:KEI-CHAN
    閉店ガラガラ ワオッ 2011/08/11 10:05:07
    わざわざ解説ありがとうございます!  そんな話だったの!?
    一生懸命解読しようと思ったんですけど、表現も漢字も難しくて、、
    何とか六法(全く思いさせない・・)読んでらっしゃる方は違いますねぇ。。

    私若旦那って40歳位までの若っぽい年代を指すんだと思い込んでいました、、
    今まで知らないで使ってました ハズカシーイ!!

    「隣りの旦那」とか「芦屋の旦那」は普段当たり前の様に言いますけど?? その時は
    全く違和感ないし特別変な意味も含みませんけど、これが一度自分の夫に対してだと
    妻が途端に見下げた様な、小ばかにした様に感じてしまっていたんです。
    旦那ってやっぱりスポンサーとかパトロンの事だって思ってるんです 多分心の中で、、
    パパも一緒なんです。あと社長♡ も・・・これでは夜の世界になっちゃいますね、、
    私が一番変だったりして・・?

    トウヘンボクが一番しっくり来ますけど、そのものズバリ過ぎ! 門外不出?にしときます!

    お礼が遅くなってしまい申し訳ございません。もう片方のお礼は今暫くお待ち下さいます様に。。
  • id:Baku7770
    KEI☆CHANさん

    >何とか六法(全く思いさせない・・)読んでらっしゃる方は違いますねぇ。。
     六韜(りくとう)でしょうか。過去にコメントした記憶があります。
     何とか六法なら情報六法ですね。でも、これについてはコメントしたことがありません。

     でも、今回の話題なら、
    http://www.amazon.co.jp/%E5%8F%A4%E5%85%B8%E8%90%BD%E8%AA%9E-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E5%AD%A6%E8%A1%93%E6%96%87%E5%BA%AB-%E8%88%88%E6%B4%A5-%E8%A6%81/dp/4061595776
    ですよ。どう考えても。
     
     大学1年の時に落ち研の連中をうならせたことがあるんですよ。文化祭の時にこっちが入り口の脇で、落ち研がそこから階段を上がった所にブースを構えていた。
     向こうが、
    「階段を上がってすぐの所でやっています。立ち止まらずにそのままお進み下さい」
    とやってきたもんだから、
    「こちらは階段を上がる必要はございません。そのままお楽しみ下さい」
    ってね。

     トウヘンボクはどうですかね。夫を指すだけじゃないですからね。
     落語でも喧嘩相手に向かって
    「この唐変木!」
    はよく出てきます。
  • id:KEI-CHAN
    閉店ガラガラ ワオッ 2011/08/11 19:47:19
    六韜でした! 六は分かってたんですけど、後がダメでしたね・・!
    貼って頂いたのは、何だか数字が一杯なだけで開けませんでした。
    トウヘンボクはちょっと違っていましたか、、
    何だか分かった様な分からない様な・・・答えは見付からないですね。
    各々の事情や好み、考えもあるでしょうし・・

    でも「芦屋の旦那」は実にしっくりきますよね!
    九十九里の旦那は・・・全く合わないし、、語呂が悪いのかなぁ??

    Baku7770様落語お好きなんですか? よっ粋だね~ 若旦那! こんな感じで使うんでしょ、、

  • id:haruka-0614
    確かに・・・よく分からないのに使い方変えています。
    友だち・同世代の人と話すときには「家の旦那」とか『旦那さん元気?』と言いますね。年上の方やお店などでお客様と話すときには「主人が・・・」『ご主人様は・・・』と使っています。あとは愚痴を言っているときにはたいてい「旦那がさぁ~」なんて、私の中では主人のほうが「主」という意味で上のように感じています。
  • id:KEI-CHAN
    閉店ガラガラ ワオッ 2011/10/10 16:56:33
    私も同じです。。ただ私の場合旦那は使わず「家の亭主ときたら・・・」とか言ってし
    まいます。(大抵愚痴の時憎々しく、、旦那より低そうな感じ・・?)

    コメントありがとうございました!

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません