竹炭の入った布団や枕に、健康効果があるのかということを科学的に検証しているページを探しています。

布団や枕を売るための広告のページの紹介は、ご遠慮ください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/08/15 21:31:56
  • 終了:2011/08/19 17:40:02

ベストアンサー

id:suppadv No.1

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682011/08/15 22:04:36

ポイント70pt

広告のページに含まれるかもしれませんが、及川紀久雄新潟薬科大学応用生命科学部教授の文献を引用したサイトということなので、科学的根拠のある情報です。

http://www.sangakuplaza.jp/page/147049

http://www.takesumisumi.com/takesumi03.html

高温で炭化した竹炭や木炭は導電性があり、静電気を除去してくれる。炭の入った枕やふとん、シーツは静電気除去に高い効果があり、疲れを取ってくれる。

id:Gleam

回答ありがとうございます。

興味深い内容でした。

2011/08/15 22:30:18

その他の回答(2件)

id:suppadv No.1

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682011/08/15 22:04:36ここでベストアンサー

ポイント70pt

広告のページに含まれるかもしれませんが、及川紀久雄新潟薬科大学応用生命科学部教授の文献を引用したサイトということなので、科学的根拠のある情報です。

http://www.sangakuplaza.jp/page/147049

http://www.takesumisumi.com/takesumi03.html

高温で炭化した竹炭や木炭は導電性があり、静電気を除去してくれる。炭の入った枕やふとん、シーツは静電気除去に高い効果があり、疲れを取ってくれる。

id:Gleam

回答ありがとうございます。

興味深い内容でした。

2011/08/15 22:30:18
id:MEI-ZA-YU No.2

MEI-ZA-YU回答回数4742ベストアンサー獲得回数7562011/08/15 22:28:44

ポイント40pt

山口県立大学 看護学部の論文です。科学的に検証しています。

(下方のファイルをクリックして開いてください)

http://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/yp/metadata/183

詳しく検証されていますが、最後の一部だけ抜粋します。

IV.考 察

本実験では、左栂指球、左第一趾ともに竹炭寝具の方が通常寝具に比べて皮膚血流の上昇率が低かった。

このことは、炭のもつリラックス効果により、竹炭寝具使用時においては自律神経系に変化が生じ、末梢皮膚血流が減少したと考えられる。つまり、リラックスすると交感神経が低下し副交感神経が優位になることで、体の内部の血管が拡張するため、相対的に末梢の血流が減少したと考える。

末梢皮膚温度に関しては、寝具に臥床することにより手足の末梢皮膚温度、顔面皮膚温度ともに温度上昇が認められたが、竹炭寝具の方が通常寝具に比べて温度上昇率が低かった。

通常、血流と温度との関係は、皮膚血流量が増加すれば皮膚温度も上昇する6)。

本実験では、被験者は竹炭のもつリラックス効果によって通常寝具よりも副交感神経が優位な状態にあり、それに伴って末梢の血流は減少した。

よって、末梢への熱輸送が少ないため竹炭寝具では手足と顔面の皮膚温度が通常寝具に比べて低かったと考えられた。今回手足の皮膚温度が36℃~37℃と高めであったが、これは掛け布団による保温効果の可能性が考えられた。

また、標準偏差が±1.3程度と大きかった原因として、環境条件を一定に設定したにも拘わらず皮膚温度の個人差、日差変動などが考えられた。

id:Gleam

回答ありがとうございます。

2011/08/15 22:35:50
id:mdfmk No.3

mdfmk回答回数981ベストアンサー獲得回数1972011/08/19 15:29:06

ポイント15pt

枕や寝具に限らない論文ですが、ご参考まで。

http://libro.do-bunkyodai.ac.jp/research/pdf/journal29/04.pdf

近年,にわかに注目されている癒し系インテ

リア製品にも炭化材料が盛んに使用されてい

る。遠赤外線効果,マイナスイオンの効果,消

臭,抗菌,殺菌,電磁波に拠る酸化防止などの

効果を期待している。

.寝具

生涯の三分の一を過ごす寝具の衛生状態,品

質は健康の維持と密接に関係してくる。

炭シーツ,炭マット,炭布団など粉状に加工

した炭化材料を不織布,和紙,木綿,ポリエチ

レンなどと複合させ,寝具として使用する。こ

のアイデアは第 次世界大戦後,ヤシガラ活性

住宅・室内環境における炭化材・再生炭の活用法と有効性に関する研究

炭を枕に入れて使用した特許取得に始まった。

使用後の変化として周辺空気の浄化と熟睡が報

告された。 年 月 日までに,炭枕 件,

炭布団 件合計 件が,ほかにも続々と炭寝具

が開発され今日に至っている。枕には硬質でガ

ス吸着性に富む備長炭が適しており,備長炭な

ど硬質の白炭は,マイナスイオンを増加する機

能があり静電気を少なくする電気的効果も期待

できる。竹炭の白炭にも同様の電気的特性があ

り,寝具材料に適している。

著者自身で測定した数値は存在しないが消

臭,抗菌,防カビ,遠赤外線,電磁波遮蔽効果

が期待できる。中綿に炭素材を混入させた場合

には,吸放湿機能,マイナスイオン効果も期待

でき,枕,癒し効果を期待する抱き枕などにも

炭化材料を使用すると人体には遠赤外線,マイ

ナスイオンなどから体の坑酸化にも良い

id:Gleam

回答ありがとうございます。

2011/08/19 17:37:45

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません