物理の得意なアメリカの友人からきたメールの意味がわかりません."人類は将来2時間で世界一周するだろう.1時間がフライト時間で,空港までの行くのに1時間"という昔の米国防長官の言った言葉に対してのコメントです.

In the space age, man will be able to go around the world in two hours--
one hour for flying and the other to get to the airport.

He should have said 2.5 hours, because the period of low Earth orbit
is around 1.5 minutes. Too bad ;-).

the period of low Earth orbit is around 1.5 minutes.とはどういう意味か教えてください.

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/08/28 12:01:09
  • 終了:2011/09/02 09:47:22

ベストアンサー

id:takejin No.1

たけじん回答回数1473ベストアンサー獲得回数1892011/08/28 12:14:42

ポイント68pt

地球を周回する軌道は、一番速くても一時間半かかるんです。地球周回軌道で検索してみよう。

その他の回答(4件)

id:takejin No.1

たけじん回答回数1473ベストアンサー獲得回数1892011/08/28 12:14:42ここでベストアンサー

ポイント68pt

地球を周回する軌道は、一番速くても一時間半かかるんです。地球周回軌道で検索してみよう。

id:Gleam No.2

Gleam回答回数2491ベストアンサー獲得回数2362011/08/28 12:20:34

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201106/2011061900187

この航空機が実現したらという話ではないかと推測します。

id:you1031931 No.3

you1031931回答回数323ベストアンサー獲得回数32011/08/28 12:27:27

全訳 あってるかどうか分かりませんが大体こんな感じです

宇宙時代に人は2時間で世界一周することが出来ます

1時間がフライト時間でもう1時間が空港に着く時間です

地球の低い軌道の時間が1.5時間あるので彼は2.5時間と言わなければなりませんでした

仕方がないですけど;-).

the period of low Earth orbit is around 1.5 minutes.

は「地球の低い軌道の時間が1.5時間」

つまり軌道に入る時間を計算していないという事です

id:Jupiter2100 No.4

じゅぴたー回答回数444ベストアンサー獲得回数742011/08/28 12:36:10

ポイント66pt

>the period of low Earth orbit is around 1.5 minutes

minuites ではなく hours の入力ミスだと思います。


地球低周回軌道では1周するのに1.5時間かかりますから。

id:yk1997kobba No.5

こっば回答回数2400ベストアンサー獲得回数2122011/08/28 22:02:10

ポイント66pt

the period of low Earth orbit is around 1.5 minutes.

地球低周回軌道を一周するのに、およそ1.5分です

地球低周回軌道を一周するのに、およそ1.5時間です

間違いですね。

http://mh.rgr.jp/memo/sa0216.htm

地球低軌道衛星は、約27400 km/h(約8 km/s)で飛行し、1回の周回に約1.5時間を要する(高度約350 kmの例)。

  • id:takejin
    先入観とは恐ろしい。
    > minuites ではなく hours
    肝心なところに気づいていませんでした。
  • id:a-kuma3
    >> minuites ではなく hours
    カテゴリーが「ネタ・ジョーク」だから、そこに落ち着くのかなあ?

    地球周回軌道の話って、人工衛星の話で、自力で推進力を持つ飛行機だったら、
    地表方向に加速度をつければ、もっと早く回れる、ということは無い?
  • id:Jupiter2100
    かりに地球に大気がなく地表面ギリギリの高さを周回していたとしても、その速度は秒速7.9kmで、地球を1周するのに約1時間23分かかります。

    地球1周を1.5分で回るということは秒速444km。大気中ならマッハ1300ものスピードになり、飛行体が燃え尽きる前に、その衝撃波によって地上に甚大な損害を与えるでしょう。
    大気圏外ならこの速度で飛行することも可能でしょうが、地球を周回するように軌道修正し続けなければなりませんから、その加速度は地球重力の数十倍に及びます。
  • id:a-kuma3
    さすがに、1.5 分で一周できるとは思いませんが、「昔の米国防長官の言った」という
    一時間ならどうにかなるんじゃないかなー、と。

    http://spaceinfo.jaxa.jp/ja/iss.html
    国際宇宙ステーションが、地球を一周90分で回ってるそうじゃないですか。
    これ、推力が無い状態ですよね。
    前方方向への推力と、下向きに多少の加速度をつけてあげれば、
    一時間くらいで回るくらいできそうな、気がするんですが。

    ま、周回軌道に乗るまでにかかる時間とか、いろいろ足してけば、
    地球一周旅行をフライトだけで一時間というのは難しいんでしょうけど、
    低周回軌道を(人工衛星が)一周する時間を判断根拠にするのはなー、と思うんです。

    で、「ジョーク」だから、1.5 *minutes* のところに落ち着いちゃうのかな、って。
  • id:ita
    加速すると軌道半径が膨らんで周回する時間がかえって長くなってしまうのが感覚と反するところですね。
    上でも書かれてますが向心力を噴射で補えば膨らまずにすみますが。
    たとえば1.1倍のスピードで半径を変えずに行くには、向心力は速度の二乗に比例するんで1.21gが必要になります。1gは地球がくれるんで残りの0.21gを噴射で補います。打ち上げには当然1g以上が必要なんで推力としてはたいしたことありませんが、1.5時間程度の間ずっと噴射するには相当な燃料が必要です。その燃料の分全重量も重くなるんでさらに燃料が必要になって、という悪循環になります。
    現実的には1.5時間が限界でしょうね。
  • id:a-kuma3
    >1.5時間程度の間ずっと噴射するには相当な燃料が必要です
    逆に、あまり空気が薄くないところを飛べばどうなんでしょう?
    周回軌道を飛行するときには、下向きの揚力を生み出すような翼を持つ飛行機だったら。

    工学ではなく、「物理の得意なアメリカの友人」とあるので、いろいろ想像しちゃいます :-)
  • id:takejin
    その速度では、翼に下向きの揚力を発生させる前に、前縁の圧縮で超高温になって燃え尽きてしまうんでは。シャトルの耐熱タイルも空気の薄いところで使うんで、地表面だと無理でしょう。摩擦ではなく、空気の圧縮による高温なので、避けられません。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • 地球周回軌道 HAPPY HACKING(ニュー速) 2011-08-29 22:34:25
    はてな人力検索で質問してきました 回答をくださった皆さん ありがとうございました. 物理の得意なアメリカの友人からきたメールの意味がわかりません.. - 人力検索はてな
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません