http://q.hatena.ne.jp/1315016727#a1099184

この回答を読んで、ランキングトップになると辞めていく人が多いことに驚きました。
そこには、どんな心理が作用していると考えられますか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/09/03 23:11:01
  • 終了:2011/09/06 10:04:57

ベストアンサー

id:daichan330 No.2

ʕ •ᴥ•ʔ<だ 回答回数565ベストアンサー獲得回数1062011/09/03 23:28:01

ポイント50pt

まず回答ランキングでトップ圏内に入ろうとするためには、「相応の回答数をこなし、各回答についてもそれなりの質が要求される」ことになります。

ただ、挙げられた質問でも触れられていますが、どうやら「人力検索はてな」では余り特定のユーザが目立ちすぎるのを好まない風潮?があるようで、トップ圏内に入っていることを妬んでなのかは分かりませんが、ランクインしたユーザを「回答拒否」にするユーザも少なからずいるようです。

好ましくない回答者を拒否する - 人力検索はてなのヘルプ


直接的に「回答拒否」されると、1ヶ月間の期限付きとはいえ「間接回答拒否」機能が働いてしまいます。この機能が働くと思ったよりも回答ができなくなります。

回答ランキングでトップ圏内に入っているユーザであれば、やはり次月以降も同様に回答したいと思うでしょう(ポイント・カラースターその他回答をする目的は色々あると思います)が、これらの回答拒否機能によって、やはりモチベーションが阻害されてしまいます。


となると、回答ランキングトップに入ったアカウントについては、「使い物にならない」と判断し別のサブアカウントなどに切り換えてしまうのではないでしょうか。

(実際にメインアカウントとサブアカウントとの関係は本人が自分で申告するか、よほど回答の文体などに特徴が滲み出ている等でも無ければ分かりませんし。)


上記の状況がこれまで何年か続いてきた結果、「ランキングトップになると辞めていく人が多い(別アカウントに乗り換えている?)」という状況が生み出されてしまったのではないかと思われます。

※回答拒否機能は2005年9月から導入されており、既に6年近く機能しています。

id:Gleam

回答ありがとうございます。

詳細に鋭い考察をしてくださって感謝いたします。

とても的確に真実を捉えていると思います。

2011/09/06 09:56:06

その他の回答(6件)

id:mdfmk No.1

mdfmk回答回数981ベストアンサー獲得回数1972011/09/03 23:18:52

ポイント40pt

・トップになると間接回答拒否が増えて回答しようがなくなるので別アカウントを作ってそちらに移行する。

・トップを取って満足して抜けていく。

・欲しいものがポイントで買えたので回答をやめる。

・やり過ぎたなと、自重する。


あたりですかね。

id:Gleam

回答ありがとうございます。

どれも的確な見解だと思います。

2011/09/03 23:35:11
id:daichan330 No.2

ʕ •ᴥ•ʔ<だ 回答回数565ベストアンサー獲得回数1062011/09/03 23:28:01ここでベストアンサー

ポイント50pt

まず回答ランキングでトップ圏内に入ろうとするためには、「相応の回答数をこなし、各回答についてもそれなりの質が要求される」ことになります。

ただ、挙げられた質問でも触れられていますが、どうやら「人力検索はてな」では余り特定のユーザが目立ちすぎるのを好まない風潮?があるようで、トップ圏内に入っていることを妬んでなのかは分かりませんが、ランクインしたユーザを「回答拒否」にするユーザも少なからずいるようです。

好ましくない回答者を拒否する - 人力検索はてなのヘルプ


直接的に「回答拒否」されると、1ヶ月間の期限付きとはいえ「間接回答拒否」機能が働いてしまいます。この機能が働くと思ったよりも回答ができなくなります。

回答ランキングでトップ圏内に入っているユーザであれば、やはり次月以降も同様に回答したいと思うでしょう(ポイント・カラースターその他回答をする目的は色々あると思います)が、これらの回答拒否機能によって、やはりモチベーションが阻害されてしまいます。


となると、回答ランキングトップに入ったアカウントについては、「使い物にならない」と判断し別のサブアカウントなどに切り換えてしまうのではないでしょうか。

(実際にメインアカウントとサブアカウントとの関係は本人が自分で申告するか、よほど回答の文体などに特徴が滲み出ている等でも無ければ分かりませんし。)


上記の状況がこれまで何年か続いてきた結果、「ランキングトップになると辞めていく人が多い(別アカウントに乗り換えている?)」という状況が生み出されてしまったのではないかと思われます。

※回答拒否機能は2005年9月から導入されており、既に6年近く機能しています。

id:Gleam

回答ありがとうございます。

詳細に鋭い考察をしてくださって感謝いたします。

とても的確に真実を捉えていると思います。

2011/09/06 09:56:06
id:shirop No.3

shirop回答回数83ベストアンサー獲得回数02011/09/04 00:00:34

ポイント15pt

短期集中型の人が集中して回答しランクインし熱が醒めて辞めていくのでは?最初からランクインするのが目的で、それが達成すればそれで満足。そゆう人が多いのかと。

id:Gleam

回答ありがとうございます。

確かに、そういう人もいるでしょうね。

2011/09/04 00:13:04
id:TeX No.4

おやまあ回答回数827ベストアンサー獲得回数912011/09/04 06:51:28

ポイント20pt

頻繁に回答すると、それだけ回答数も多いので人の目につくし、回答拒否を食らう可能性も高くなるのでは?と思います。それで、やめるor名前を変えるです。

あとは、その人のリアルでの生活環境がかわって、はてなで費やす時間がもてなくなる、という場合もあるかと思います。やっぱりそれだけの回答数をこなすのは時間がある人しかできません。

id:Gleam

回答ありがとうございます。

確かに、時間的な問題もあるでしょうね。

2011/09/04 11:40:41
id:you1031931 No.5

you1031931回答回数323ベストアンサー獲得回数32011/09/04 10:37:20

ポイント10pt

はっきり言ってたくさん回答している人は

適当に回答しているように思えます

なぜかというと

たまに回答する人は1つ1つ丁寧に答えてくれるイメージがあります

しかし、たくさん回答している人は量が多いので自然と1つ1つの回答を考える

時間が減ります

それで信頼感をなくして拒否されるんじゃないかと思います

id:Gleam

回答ありがとうございます。

たくさん回答していても丁寧な人もいます。

たまにしか回答してなくても適当な人もいます。

2011/09/04 11:47:47
id:papavolvol No.6

papavolvol回答回数1074ベストアンサー獲得回数1982011/09/04 12:10:25

ポイント40pt

はてななどのQ&Aサイトは2つの側面があると思います。

1つはコミュニティーです。

互いに得意分野や経験を教えあって、交流を楽しむコミュニティーです。

2つ目は問題解決の糸口をつかむことです。

いろいろな経験を持つ人、いろいろな分野の人、実社会では身の回りに見当たらない人からも知識を提供してもらえて、問題が解決に向かいます。

 

さて、ランキング上位に載っていた人の中には、知識を求めていた質問に十分な知識無く、かんや想像で答えられている例が多くありました。特に税務や労働条件に関するような質問に、税法の知識や労働関連法規の知識なく、適当な回答をされていた例が目立ちます。

また、質問者の質問の単語をGoogleで検索して、内容を検証しないでurlを貼り付けたために、情報が古かったり的外れなサイトであったりした例も散見されます。

回答件数が多い人は、良い回答も多くても、中には急いでいて適当な回答をしてしまったり、不得意分野に適当な回答をしてしまったり、経験をたずねる質問に経験が無いのに回答してしまったりする場合があるようです。回答の総件数が多いだけにそれらの適切ではない回答の件数も増えてしまうのだと思います。

件数を上げることだけを目標にしないで、質問者の立場に立って役に立てる回答をするように、私も気をつけたいと思います。そうやって、はてなのコミュニティーを盛り立てていきたいと思います。

id:Gleam

回答ありがとうございます。

確かに、ランキング上位者には適当な回答をする人がいます。

でも、そういう人ばかりではありません。


責めるつもりはありませんが、papavolvolさんの上記回答は「なぜ、ランキングトップになると辞めていく人が多いのか」という質問の答えとしては、噛み合ってないような印象を私は受けました。

2011/09/04 12:33:19
id:yk1997kobba No.7

こっば回答回数2400ベストアンサー獲得回数2122011/09/04 17:26:23

ポイント25pt

やめる人について

1.

ランキング上位に立った性で、いろんな悪いユーザーに回答拒否され、1ポイントメッセージで、悪口とか暴言の入ったメッセージを送られて、最終的に、いやになって、やめたという人。またはサブアカウントに移行した人。

2.

アマゾンで目的の商品分のポイント(お金)を稼いで抜けていく人。

一気に回答しまくって稼ぐケースが多いです。

そのような人は、3~7か月で退会しますね。

3.

回答バンバンしまくる人で、回答数だけ多く質が悪い人で、質が悪くなって、批判が増え、最終的にやめた人。

または、ある事件(ユーザーの悪い行為)が原因でやめた人。

4.

毎月トップになったが、もう人力で回答するのがめんどくさくなって結局やめた人。

もちろん、そのような拒否にも耐えて(いたのか定かではありませんが・・・)今もやっている人もいます。

id:Gleam

回答ありがとうございます。

誹謗中傷ではないにしても、ユーザー名は出さないほうがよかったのではと思います。

2011/09/04 17:56:11
  • id:miharaseihyou
    pahooさんが追い詰められたのも、その辺りかな?
    見えなくてもいいものまで見えてしまう人だったから。
  • id:Yoshiya
    miharaseihyouさんへ

    いなくなったユーザー(それも問題を起こして退会したユーザー)を言及するのはやめようよ。
    今更p氏の亡霊を追いかけてもしょうがないんだから…
  • id:papavolvol
    コメントをいただきありがとうございます。
    「なぜ、ランキングトップになると辞めていく人が多いのか」という観点で、補足のために、上記の私の回答を整理します。

    -ランキング上位に載った人は、自分が専門知識や経験がない分野で、専門知識や経験を求めていた問題にも答えてしまったことが見受けられます。そのために、質問者の満足を得られなかった。質問者の満足が得られないと長続きしません。実社会のビジネスでも顧客の満足を得られない商売が続かないのと同様です。全てのランキング入賞者がそうだとは言いませんし、それらの方の全ての回答がそうだとは言いません。

    -ランキング上位に載った人(の中に)は、質問者の質問の単語をGoogleで検索して、内容を検証しないでurlを貼り付けたために、情報が古かったり的外れなサイトであったりした(人もいた)。そのため、良い回答もあってベストアンサーをたくさんもらっても、10%がそのような回答であったら、130回回答したらその10%で13件の回答拒否で回答不可能に達してしまいます。全てのランキング入賞者がそうだとは言いませんし、それらの方の全ての回答がそうだとは言いません。

    回答件数が多い人は、良い回答も多くても、中には急いでいて適当な回答をしてしまったり、不得意分野に適当な回答をしてしまったり、経験をたずねる質問に経験が無いのに回答してしまったりする場合があるようです。回答の総件数が多いだけにそれらの適切ではない回答の件数も増えてしまうのだと思います。
    そのような行動のために、信用を失うことがあると、質問者と回答者の間で有意義な良いコミュニティー活動が続けられないのではないでしょうか?
  • id:Gleam
    丁寧な補足をしていただき、ありがとうございます。
    こんなにまで、自分のした回答に責任を持てる回答者ばかりだったら、どれだけ人力検索はよくなるのだろうと思いました。
    私も適当な回答を指摘されたことがあります。
    反省して、これからは無理な回答をするのはやめたいと思います。
  • id:Yoshiya
    回答#7(http://q.hatena.ne.jp/1315059058#a1099523)はこの回答(http://q.hatena.ne.jp/1315016727#a1099184)と類似しているんですけど、質問者さんはチェックをしていますか?
  • id:Gleam
    恥ずかしながら、指摘されるまで気付きませんでした。
    類似はしているものの、規約違反といえるまでの盗用ではないと私は判断しました。
  • id:yk1997kobba
    すみませんでした。
    正直僕もYoshiyaさんのコメントを見るまでその回答と類似していると気づいていませんでした。
    しかし、その回答をまねたように書いたわけではありません。
    この回答を書いて、yoshiyaさんのコメント見て、初めて類似していることに気づきました。
    とにかく、今回は本当にすみませんでした。
  • id:Gleam
    >その回答をまねたように書いたわけではありません。

    意図的に類似させて書いたのではないのなら、何も悪いことではないので、そんなに謝らなくてもいいと思いますよ。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません