アメリカで、数百万人が1年以上失業というニュースを見ましたが、この場合には、失業保険や、生活保護のような制度はあるのでしょうか

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/09/07 01:47:59
  • 終了:2011/09/12 12:07:01

回答(1件)

id:takihama No.1

takihama回答回数8ベストアンサー獲得回数02011/09/07 23:06:27

Emergency Unemployment Compensationという制度があります。

州ごとによってシステムが違うので正確な説明はできませんが、

基本的には雇用主100%負担で解雇前の半額が支給されます。

給付期間は原則26週ですが、オバマ政権により延長措置がとられています。


日本語のいいサイトがないですが、以下も参照してください。

永野・森田会計士事務所 ブッシュ減税の延長の解説(続編)

id:surippa20

大変有用な情報でした。URLを見ましたが、最大99週の給付というのは驚きでした(当然、様々な条件があるにせよ)

4週間で1ヶ月とするとおおよそ24ヶ月、2年近くも給付がもらえるというのは、すぐに転職したり、失業をしてしまうようなイメージがあったアメリカに対して、少し考えが変わりました。ありがとうございました

2011/09/08 02:16:39
  • id:papavolvol
    OECDや内閣府の調査結果で、明らかにされています。日本の失業給付、生活保護、育児支援などの社会保障支出は、他の先進国と比較して極端に低いとされています。
    社会保障費はほとんどが、高齢者の年金給付と医療費に使われています。人口に占める高齢者の割合が高いので、結果として日本の社会保障費は膨らんでいます。
    社会保障を所得の再配分だという観点で調査すると、日本の勤労世帯では所得の再配分は機能していません。セーフティーネットの整備が進まないと、社会不安や閉塞感が現役世代に広がります。
    URLなしで申し訳ないですが、ひとことコメントさせていただきました。電車内からの投稿で、誤字脱字乱筆乱文ご容赦ください。
  • id:surippa20
    papavolvolさん
    コメントありがとうございました。「他の先進国と比較して極端に低いとされています」という部分が大変に気になりました。
  • id:papavolvol
    独立行政法人 労働政策研究・研修機構の資料です。2009年4月なので最新ではありません。

    http://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/databook/2009/04/p152-155_t4-8.pdf
  • id:papavolvol
    給付水準と給付構造について、次のようにまとめられる。
    ○ スウェーデン、フランス、ドイツ、デンマークは、社会支出合計値が大きい。
    ○ 日本は、ニュージーランド、カナダ、オーストラリア、アメリカと共に先進諸国の中で
    は社会支出合計値が小さい。
    ○ イギリスやオランダは両者の中間である。
    ○ 日本と北米は、北欧諸国やフランスなどと比べて、「家族」や「積極的労働市場政策」
    など新しい社会保障への給付が小さく、「年金」や「保健医療」など伝統的な社会保障の占める割合が特に高い。
    ○ 日本は「障害・労災・傷病」の給付が小さい。

    国立国会図書館 社会労働調査室  片山 信子 2008年10月
    http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/refer/200810_693/069304.pdf
  • id:papavolvol
    (1)日本では欧米諸国と比較して再分配が小さいが、それは労働年齢層(現役世代)への社会保障給付が小さいことほか、税による再分配が小さいことも量的にはかなり寄与している。相対的貧困率との関係では、中間層と低所得者の税率の差が小さいこと、特に欧米との比較で中間層の税率が低いことが、日本
    の相対的貧困率を高くする方向に影響している。
    (2)労働年齢層(現役世代)への社会保障給付が少ない中、昨今、少子化対策として注目されている家族政策支出等が小さいことが、特に子供のいる世帯の相対的貧困率を多くの欧州諸国と比べて高めのものとしている可能性があることが示唆された。

    内閣府経済社会総合研究所 太田 清 2006年12月
    http://www.esri.go.jp/jp/archive/e_dis/e_dis180/e_dis171.pdf

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません