IntelのCPUに関する質問です。


下記の写真のように、最近のIntel製CPUには基板表面にLGAのパッドらしきものがあります。
http://www.4gamer.net/games/040/G004035/20110909058/screenshot.html?num=003
http://www.4gamer.net/games/040/G004035/20110909058/

このパッド(?)、一体何に使うものなんでしょうか?
私の記憶が確かなら、Nehalem世代からこのパッドらしきものがあったと思うのですが・・・

出来れば公式情報(intel.comやintel.co.jpにある情報)を教えて頂けるとありがたいです。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/09/10 18:38:43
  • 終了:2011/09/17 18:40:03

ベストアンサー

id:pyopyopyo No.1

pyopyopyo回答回数351ベストアンサー獲得回数862011/09/12 01:19:23

ポイント100pt

CPUのデバッグ用ハードウェアを接続する端子です.

上面にあるプローブ端子なので,top-side-probe って呼ばれています.この端子の電圧をモニタすると,CPUの動作とかチップセットとの連携等が電気信号レベルで直接調査できます.

かなり特殊な端子ですが,一応接続する機器も市販されています.

マザーボードを設計するエンジニアとかBIOSを作るプログラマが使うぐらいですが,たとえば以下のような感じです.

http://www.asset-intertech.com/download/LGA1366_Top-side_Probe_V2_Manual.pdf

id:cdaotg

回答ありがとうございます

デバッグ用端子ですか。なるほど。

リンク先を拝見しましたが、結構大掛かりな機器ですね。

2011/09/12 16:51:32
  • id:ReI09
    さあよくわかりませんね
  • id:cdaotg
    うーん、そうですか・・・
  • id:Kumappus
    パッドって写真の左上辺に3列、左辺に4個並んでるやつですか?
    これはおそらくスルーホール配線です。CPU基板も4枚~8枚とかの薄い基板で内部の半導体チップからの配線を引き出してピンまで信号や電源を届かせているのですが、その基板同士を縦に繋ぐ配線はこのような形に見えます。
    CPUの紹介記事だとよくチップの写真を見せて「ここにトランジスタが5000万個使ってあって…」みたいなのが多いんですけど、基板の配線もなかなか凄まじいことになってるはずですよ。なにせヘタに配線の長さが違うとそれだけで信号が同時に届かなくなる世界ですから。
  • id:cdaotg
    はい。左上と左側の、金色の丸いものです。
    スルーホール配線ですか。初めて知りました。
    基板内横に繋ぐ配線があって、その線同士を縦に繋ぐためのもの、ということですよね。最近のCPUはピン数が1000超えてますし、配線する人も大変そうですね。
    (まぁ、1000超のうち幾らかは電源ラインでしょうから、そこはクロック同期とか考えなくても済みそうですが。)

    ところで、私が知りたかった情報まさにそのものですので、ささかやながらポイントを進呈したく思います。
    お手数ですが、回答欄に何か書いていただければ(上記コメントそのままでもかまいません)と思います。
    お手数おかけしますが、よろしくお願いします。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません