yumの仕組みがよくわかりません。


どこかにあるサーバにパッケージ(ソフト)がいろいろ入っていて、そこに取りに行っているというイメージでよいのでしょうか?また、aptなどの場合は、別のサーバにアクセスするのでしょうか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/09/13 12:39:35
  • 終了:2011/09/20 12:40:03

回答(1件)

id:JULY No.1

JULY回答回数966ベストアンサー獲得回数2472011/09/13 13:08:06

どこかにあるサーバにパッケージ(ソフト)がいろいろ入っていて、そこに取りに行っているというイメージでよいのでしょうか?

概ね、そのイメージで合ってます。


まず、「リポジトリ」という概念があって、「パッケージ集」みたいなものです。で、その「パッケージ集」が、ネットワーク越しにアクセス出来るサーバがある、という感じになります。


じゃぁ、そのサーバは具体的に何処のサーバなのか、というのが、/etc/yum.repo.d 以下にあるファイルで定義されています。通常は、ディストリビューションが用意しているリポジトリの設定が入っていますが、他のリポジトリを設定することも可能です。


RHEL / CentOS だと、EPELrepoforge(旧 rpmforge)といった所が有名で、ディストリビューションに含まれていないパッケージを yum 経由でインストールする事が可能になります。


ちなみに、リポジトリはサーバ上にある必要はなく、CD-ROM や DVD-ROM といった、メディア上に置くこともできます。


aptなどの場合は、別のサーバにアクセスするのでしょうか?

基本的な考えは apt も同様です。apt の場合、リポジトリ設定のことを apt-line といった言い方をします。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません