どうして機嫌が悪いことを判りやすく表現できる人間が存在するのでしょうか。自分はどんなに頭にきていてもそう簡単に不満を顔に出したり出来ません。というか顔に出さないことが大人だと思っています。世の中にはどうして簡単に不満を口にしたり嫌な顔を平気で出来る人間が存在できるのか不思議です。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/09/14 09:13:33
  • 終了:2011/09/21 09:15:02

回答(3件)

id:matsunaga No.1

松永英明@ことのは回答回数536ベストアンサー獲得回数872011/09/14 09:28:48

あなたの質問文を読んで、「すぐに不快感を表に出すような連中がうざい」という不快感がひしひしと伝わってまいりましたので、あなた自身も不快感をにじみ出させる能力については決して劣っていないものと愚考いたします。

おそらく、貴殿は「不快なことがあってもそれを表現せず、冷静に対応するのが大人だ」という価値観・規範を強く持っているのでしょう。そして、その規範がすべての大人に共有されている(もしくは、共有されるべきである、共有されなければならない)と信じていらっしゃるものと読み取れます。

一方で、世の中にはそのような規範そのものを強く与えられず、そのような規範があるということすら自覚していない人たちがいます。そういう人たちにとっては、不快感を表現することをセーブするということ自体が思考の枠外にあります。ましてや、なぜそんなことをしなければならないのか、考えたことさえもないでしょう。もちろん、自分が不快感をすぐに表現しているという自覚さえもないはずです。

あなたの質問文では「簡単に……平気でできる」という表現がありますが、そういう人たちの意識は平気でルール破りをするというものではなく、あなたが大人なら当然だと思っているルールそのものを認識していない、もしくはそれをルールだと認めていないということになります。

ここであなたのルールを頭ごなしに押しつけても、逆に子供っぽい自分ルールを押しつけてくるうざい奴としか思われないでしょうから、やんわりと「仕事場ではそういう感じの言い方はよくないよ」と教えてあげるか、さもなくばそういう奴らはそういう生き方しかできないんだと放っておくのがよいと思われます。

なお、不満を顔に出さないタイプの方はその分ストレスを内側に溜めやすい傾向がありますので、うまくストレスを解消するのがよいと思います。また、不満を顔に出さなくても不満感は周囲に伝わりますので、「なんかあの人いつも不機嫌だけど理由がわからない」と思われがちな欠点もあります。根拠がある不機嫌や不満の場合は、それを上手に愚痴るのも大人の技術だと思われます。上手に愚痴ることは相手との人間関係を和らげる効果を持つ場合もあります。

id:miharaseihyou No.2

miharaseihyou回答回数4478ベストアンサー獲得回数5522011/09/14 20:44:45

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BB%E6%92%83%E8%A1%8C%E5%8B%95

 

 機嫌が悪い事を表現するのは攻撃の一種です。

それも中途半端な攻撃になる。

実質は本能的な衝動や欲求不満の解消、或いは社会的な行動として行われる攻撃行動です。

善悪は別にして、原因はその人が本能に正直だから・・と言える。

つまり、認めたくない気持ちは分かりますが、そのときあなたは攻撃されているわけです。

 

 攻撃に対抗するには防御か撤退かカウンターアタック(後の先)と相場は決まっています。

社会的な攻撃は、多く感情的に優位に立とうとして行われます。

それほど珍しい感情表現ではないので、節度を守って対応する事をお勧めします。

id:gerip No.3

gerip回答回数148ベストアンサー獲得回数22011/09/15 10:22:20

極論を言えば、そういう態度を示しても生きていけるから。

時代や場所が変われば、普通の人なら死にます。存在しなくなりますよ。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません