1982年に東京大学 荒川泰彦教授らが提唱した「量子ドット」という記事がありました。荒川教授が、量子ドットを発表したのは、どんな媒体で、その反響はどうだったのでしょうか? 

英語の記事でもよいので、確実な情報お願いします。できたら書籍がありがたいです。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/09/19 22:32:57
  • 終了:2011/09/20 06:19:05

ベストアンサー

id:MEI-ZA-YU No.1

MEI-ZA-YU回答回数4733ベストアンサー獲得回数7502011/09/19 23:49:13

書籍ではないですが、荒川氏本人の発言が掲載されています。

http://www.zencom-inc.co.jp/sat/2004event/pdf/esakisho01.pdf

1982年に、榊先生と私で量子ドットレーザに関する論文を

Applied Physics. Lettersに発表しました。


http://eco.nikkeibp.co.jp/article/report/20100105/102961/?P=2

「当時はナノサイズの粒子を製造するなんて無理だといわれた。90年代に入って製造方法が見つかり、レーザーなどの分野で研究が活発化した」


「量子ドット研究30年」(参考まで)

http://www.candc.or.jp/kensyo/2010/group_a_arakawa.pdf

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません