ギリシャ国債問題ですが、解決策としてECBが全額購入というのはないでしょうか? 市場に出回っているのは、市場価格に少しのプレミアムをつければ購入可能なのではないかと思っていますが、どうなのでしょうか? 回答は、引用かつ数字を根拠にしたものでお願いします。また、ECBが全額購入は無理だという回答も不要です。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人3回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/09/25 10:11:21
  • 終了:2011/10/02 10:15:06

回答(1件)

id:sin3364 No.1

sin3364回答回数967ベストアンサー獲得回数492011/09/30 10:59:04

ポイント100pt

ユーロ危機、注目イベントが目白押し

2月25日、アイルランドの前倒し総選挙で皮切り

http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20110215/218440/?rt=nocnt

ECB保有国債の買い戻しは効果薄

 これに対して、ECBが買い戻しに応じることは、周縁国問題が激化している時期に国債を買い取ってきたことを踏まえれば、損失も少なく容易であろう。ECBは国債買取プログラムの元で765億ユーロの国債を保有している(2011年1月21日時点)。しかし、ECB保有国債の買戻し償却によるギリシャ政府の債務減免効果は、債務残高比で5%程度にとどまると試算される(表参照)。

国債買戻しプログラムの効果の試算

(100万ユーロ)

  ギリシャ アイルランド ポルトガル スペイン イタリア 合計

民間銀行33行の保有額(A) 69,543 15,670 27,285 129,861 245,400 487,760

保有比率(A)/(C)% 26.5 20.2 29.4 35.0 24.3  

債務削減効果 %* 6.6 5.1 7.3 8.7 6.1  

ECBの国債買取

プログラムの保有額(B) 53,550 11,475 11,475 0 0 76,500

保有比率(B)/(C) % 20.4 14.8 12.4 0.0 0.0  

債務削減効果 %* 5.1 3.7 3.1 0.0 0.0  

国債残高(C) 262,413 77,465 92,912 371,281 1,009,485 882,873

(A)は2010年3月末時点、(B)は2011年1月21日時点のデータ

ECBの国債買取プログラム残高のうち70%がギリシャ、15%がアイルランド、15%がポルトガル向けと仮定

*国債買戻し価格が額面を25%下回ると仮定

(出所)CEBS,ECBからNIPlc作成

 また、債務減免に応じる投資家が多く、残った債務の返済の可能性が高まると期待されるならば、買戻しに応じない投資家が有利になる。このため、有利な立場を求める投資家が買い戻しに応じない可能性が残る(フリーライダー問題)ことも指摘できる。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません