上場しているパチンコ関連企業に就職した人を見ても あまり嬉しくないのはなぜでしょうか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/10/06 15:03:41
  • 終了:2011/10/13 15:05:12

回答(2件)

id:papavolvol No.1

papavolvol回答回数1074ベストアンサー獲得回数1982011/10/06 16:20:54スマートフォンから投稿

このご質問からは、状況がいくつも想定できます。

  • 質問者の方の知人が、パチンコ関連会社に就職が決まった。見ると、当人の知人はあまりうれしそうではなかった。
    • きっと、他に希望職種があったので、希望通りの就職ではなかったのでしょう。
  • 質問者の方は就活中で、ライバルがパチンコ関連会社に就職が決まったのを見て、あまりうれしくなかった。
    • ライバルとは、良い人間関係ではなかったということですね。
  • 知人がやっと就職が決まって、喜ぶべきことであり、祝福するべきだと分かっていても、なぜか喜ぶ気になれない。
    • 質問者の方が、パチンコ関連に対して、良いイメージを持っておられないのだと思います。

日本ではギャンブルは法律で禁止されています。公営の競馬競輪モーターボートは例外です。ゲーセンやゲーム喫茶がギャンブル機器を設置したら、すぐに逮捕されます。

遊技業協同組合に加盟するパチンコ店だけに、ギャンブルが許されるのは、過去の経緯からの既得権益です。

グローバル化や民主化、規制緩和などに絡んで、未来永劫にこの既得権益が守られるという保証はありません。石原都知事はパチンコに反対していて、代わりに東京都にカジノを営業できるようにすべきであるとおっしゃっていたと思います。


iPhone などの普及で、パチンコや地上波テレビなどの旧態の娯楽よりも魅力的な時間の使い方の選択肢が増えています。さらに日本では人口減少の時代が始まっています。このままではパチンコ業界も縮小します。グローバル展開をしようにも、海外ではギャンブルが禁止されているエリアではパチンコも禁止されます。ギャンブルが許されるエリアでは競争にさらされます。

パチンコ機器メーカーが生き残る道は、iPhone などのスマホや iPad などのタブレットのゲームに移行するか、ラスベガスなどで通用するギャンブル機器メーカーに打って出ることかな、と私は想像します。

id:taknt No.2

きゃづみぃ回答回数13539ベストアンサー獲得回数11982011/10/06 19:18:59

別に 普通のことです。

どこの会社でも 社員としている人は、その会社に就職した人たちです。

その人たちを みて うれしく思ったら それは 異常です。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません