【基本データのみのFacebookページについて】Facebookで企業名から検索すると、その企業のFacebookページを探せるのですが、ウィキペディアの記述がそのまま記載された「基本データ」だけで「ウォール」すらないFacebookページが結構見つかります。「いいね!」もほとんどゼロなので、企業が直接運営しているのではないと思われますが、このようなウィキペディアの記述だけが掲載された企業のFacebookページは、誰が何の目的で作っているのでしょうか?ウィキペディアに記載されている有名企業なら、自動的に作られるのでしょうか?その仕組みをご存知の方がいれば、ぜひ教えてください。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/10/10 14:16:38
  • 終了:2011/10/17 14:20:03

回答(1件)

id:migrantblacky No.1

migrantblacky回答回数466ベストアンサー獲得回数1012011/10/10 16:20:37

ポイント200pt

こちらの記事で説明が出ていました。

 ⇒ 機能変更からわかるFacebookのその先(2011年2月現在)/ Social Media Experience

コミュニティページという概念

 

もうひとつの大きな変更が、Facebookページは、従来「公式ページ」と呼ばれていたページのみになりそうだということです。

これまでは、企業や団体、アーティストなどの正式な代理人が作成するものを「公式ページ」、それを支援する人たちの意見交換に利用するページを「コミュニティページ」と呼んでいました。

基本的に両者の違いはユーザーにとってはほとんどなかったのですが、ごく最近、コミュニティページでは、ファンではないユーザーに対して「ランディングページ」(アクセスしたときに最初に表示されるページ)を設定する機能がなくなったということがありました。

これも明確にアナウンスされているわけではなく、ユーザーの間で議論がされていた(ファンの人数によるのでは、はたまた新しいプロフィールページを適用した人だけに発生するバグの一つなのではないか、など)のですが、結局のところ、コミュニティページでは設定できなくなった、ということのようです。

そして、Facebookではこれまでのコミュニティページとは異なった「コミュニティページ」という概念を作ったようです。

この新しいコミュニティページとは、Facebookによれば以下のようなものだそうです。

"プロフィールで記入したフィールドからリンクするページで、一般的なトピックや、非公式だが興味深いさまざまな情報のために用意されています。これらのページで「いいね!」をクリックするとつながることができますが、これらは1人の作成者が運営しているわけではなく、これらのニュースフィード記事も作成されません。

 

またFacebookの4つに分類されるページの位置づけについての説明はこちら

 ⇒ 今日から始めるFacebookページ/ Social Media Experience

・コミュニティページ

Facebookによって自動的に生成されるページ。概要部分については、Wikipediaに項目がある場合は、該当項目の説明が表示されます。また、関連トピックについてFacebook上でユーザーがシェアした情報が表示されます。

 

≫「誰が何の目的で作っているのでしょうか?」

これらの記事からFacebook運営がFacebookユーザーの興味の持ちやすい項目(会社含む)について関連付けできるように、またそのページを媒介に関心が近いユーザーが繋がっていけるよう用意したコミュニティーページであることが読み取れると思います。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません