錬金術について調べているのですが

テーマは『なぜ錬金術は化学になったのか』なのですが、
いい参考文献はないでしょうか?できれば本のほうがいいです
ホームページの場合信用できるサイトがいいです

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/10/28 08:51:04
  • 終了:2011/11/07 00:24:38

回答(1件)

id:takejin No.1

たけじん回答回数1472ベストアンサー獲得回数1892011/10/28 09:17:45

高いですが。

物質をいじくりまわして別の物質(金)を作ろうっていう試みが錬金術。

混ぜたり加熱したり溶かしたり。そんなことをしていると、別の物質(化合物)がいっぱいできてしまった。→合成化学(無機&有機)

できた物質は何だろう、金に近づいたのだろうか、役に立つ(金儲けになる)物質なのだろうか→分析化学

混じりあったものから、純粋な物質を取り出す(金が含まれているのでは?)→精製化学

等々の工程を経て、有用な物質を生み出し分析する「化学」が生まれていったという歴史ですね。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません