世界史の授業でこんなクイズが出ました。教えて下さい。


Qインドで紅茶の栽培に成功し、急成長した会社はどれか選べ。
Lipton / Hediard / Twining / Fortnum&Mason / Wedgwood / Brook Bond

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/11/08 06:36:33
  • 終了:2011/11/08 19:10:50

ベストアンサー

id:alpinix No.2

あるぴにっくす回答回数615ベストアンサー獲得回数972011/11/08 15:02:28

決定的なのがないけどその中なら選べ、ということなら恐らくブルックボンド

http://teastory.ojaru.jp/brand/index.html

Brook Bond  ブルックボンド

1869年に当時24歳だったアーサーブルックが、イギリスのマンチェスターにオープンしたブルックボンド紅茶。「同一品質、同一価格」をかかげ、たちまち評判になりました。紅茶の味も価格も不安定だった時代に新風を巻き起こしたブルックボンドは、その後もインド、セイロンの茶園経営の他、ケニア、タンザニアにも進出して事業を拡大し、さまざまな新種の紅茶を扱っています。

インドで最初に紅茶栽培に成功したのは東インド会社から出資を受けたC.A.ブルース

http://allabout.co.jp/gm/gc/218342/

 

で、最初に企業体として名前が出てくるのは

http://www.o-cha.net/japan/teacha/detail_j.asp?id=65

東インド会社の息のかかった「アッサム株式会社」

 

でも設問は選択肢の中にある、現時点で有名な紅茶ブランドを持つ企業体、なおかつ当時急成長していて、農園を自社で経営、とあるので、消去法でブルックボンドだと思われる。

http://www.o-cha.net/japan/teacha/detail_j.asp?id=65

 

※余談

インドで紅茶の栽培に成功し、

は、世界で初なのか、自社の技術で、なのかが明確でないし

急成長

ってのの定義もあいまい。当時、茶の販売にかかわっていたトワイニングやリプトン、フォートナム&メイソンだって該当しないとも言い切れない。 

 

 

世界史の教師からの出題にしては・・・ま、かなり意地悪な設問ではある。

(ここまで調べないと回答に辿り着けないことを見越して作問したのであれば、そのセンスは賞賛に値する。)

まあ、授業に興味を持たせようという気概は分かるので、丹都樹恭(id:kikyo_nitsu)さんも人に聞くだけじゃなく、もう少し突っ込んだところを自分で調べてみては?

 

id:kikyo_nitsu

回答ありがとうございます^^*

とりあえずそれぞれの社名で検索してみたものの、良く分からずにちんぷんかんぷんになっていたので、細かく説明して頂けて大変参考になりました。

>意地悪な質問

答が一つに絞れないようなクエスチョンを毎回投げかけてくる先生なので、

「○○会社だ!」という答えが分かることよりも、それを調べる過程で実感できること(イギリスの紅茶文化は植民地があったからこそこんなに広がったのだなあ、だとか)を重視しているのではないかと思います。

自分でも、もう少し調べてみようと思います♪

2011/11/08 19:09:42

その他の回答(1件)

id:tazikisai-mukou No.1

多食斎友好=世田介回答回数278ベストアンサー獲得回数332011/11/08 13:48:23

Twiningですが、下記のURLがありました。

http://www.twinings-tea.jp/history/1700.html

でも、その先生は以前に「その事」を教えた事が、あってのクイズですか。

教える前のクイズならば、ただの「自慢」に過ぎません。

id:kikyo_nitsu

回答ありがとうございました。

自慢なんでしょうかね。

2011/11/08 19:10:41
id:alpinix No.2

あるぴにっくす回答回数615ベストアンサー獲得回数972011/11/08 15:02:28ここでベストアンサー

決定的なのがないけどその中なら選べ、ということなら恐らくブルックボンド

http://teastory.ojaru.jp/brand/index.html

Brook Bond  ブルックボンド

1869年に当時24歳だったアーサーブルックが、イギリスのマンチェスターにオープンしたブルックボンド紅茶。「同一品質、同一価格」をかかげ、たちまち評判になりました。紅茶の味も価格も不安定だった時代に新風を巻き起こしたブルックボンドは、その後もインド、セイロンの茶園経営の他、ケニア、タンザニアにも進出して事業を拡大し、さまざまな新種の紅茶を扱っています。

インドで最初に紅茶栽培に成功したのは東インド会社から出資を受けたC.A.ブルース

http://allabout.co.jp/gm/gc/218342/

 

で、最初に企業体として名前が出てくるのは

http://www.o-cha.net/japan/teacha/detail_j.asp?id=65

東インド会社の息のかかった「アッサム株式会社」

 

でも設問は選択肢の中にある、現時点で有名な紅茶ブランドを持つ企業体、なおかつ当時急成長していて、農園を自社で経営、とあるので、消去法でブルックボンドだと思われる。

http://www.o-cha.net/japan/teacha/detail_j.asp?id=65

 

※余談

インドで紅茶の栽培に成功し、

は、世界で初なのか、自社の技術で、なのかが明確でないし

急成長

ってのの定義もあいまい。当時、茶の販売にかかわっていたトワイニングやリプトン、フォートナム&メイソンだって該当しないとも言い切れない。 

 

 

世界史の教師からの出題にしては・・・ま、かなり意地悪な設問ではある。

(ここまで調べないと回答に辿り着けないことを見越して作問したのであれば、そのセンスは賞賛に値する。)

まあ、授業に興味を持たせようという気概は分かるので、丹都樹恭(id:kikyo_nitsu)さんも人に聞くだけじゃなく、もう少し突っ込んだところを自分で調べてみては?

 

id:kikyo_nitsu

回答ありがとうございます^^*

とりあえずそれぞれの社名で検索してみたものの、良く分からずにちんぷんかんぷんになっていたので、細かく説明して頂けて大変参考になりました。

>意地悪な質問

答が一つに絞れないようなクエスチョンを毎回投げかけてくる先生なので、

「○○会社だ!」という答えが分かることよりも、それを調べる過程で実感できること(イギリスの紅茶文化は植民地があったからこそこんなに広がったのだなあ、だとか)を重視しているのではないかと思います。

自分でも、もう少し調べてみようと思います♪

2011/11/08 19:09:42

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません