どうして性犯罪に対する刑罰が易しいのですか?


性犯罪者に対して再犯を防ぐ意味で「宮刑」を処す刑法を科すべきと思ってるのは自分だけではないはずです。性犯罪の犠牲者の大半は女性であり、女性は強姦されることによって死にも等しい肉体的精神的な死を味わい屈辱を感じます。一方性犯罪者(殆ど男性)は己の欲求を満たした上現行の刑罰が緩いこともあって出所後すぐ再犯します。わが国では未だに男尊女卑が尊ばれてるのでしょうか?無論女性犯罪者も中にはいると思いますが、全体的には男性が圧倒的です。日本は男性社会だから女性に対する犯罪行為に対して罪が軽いのでしょうか。非常に差別的だと思うのですが、現行法を変えることは今後ないのでしょうか。教えてください。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/11/08 11:31:22
  • 終了:2011/11/15 11:35:03

回答(2件)

id:papavolvol No.1

papavolvol回答回数1072ベストアンサー獲得回数1982011/11/08 12:43:18

質問者の方に賛同します。

アメリカ人の友人たちが、日本の性犯罪に対する刑罰が異常に軽いことに驚きます。

さて、

  • 法律を作るのが男性だったので、女性の苦しみを分からなかったために、公平な法律になっていないこともあるでしょう。女性の政治家や弁護士が増え、市民活動や社会活動が政治への影響力を増すことで、今後変わっていくと考えています。同様の例は他にもたくさんあります。
    • 一般消費者よりも大企業が政治家に近かったので、大企業に有利な制度になっていました。しかし、徐々に改善されて、消費者が保護されるようになりました。
    • 官僚と国産のメーカーの影響力が強いので、海外で使用されている安全な不活性ワクチンが使えないで、危険な国産の生ワクチンを投与された赤ちゃんが毎年何人も小児麻痺を発症しています。しかし、赤ちゃんを救おうという活動が活発になってきています。
    • 原発反対や核廃棄物への心配を自由に発言したり報道したりすることができない社会でした。福島の原発事故で、現実に避難をされたり、農作物を出荷できなくなられた方々のことが報道される中で、国民的な議論が行われる素地ができたと言えます。
    • 年金制度を作るのが官僚なので、公務員に特別に有利な年金制度になっています。しかし、年金の一体化が議論に上るようになってきています。
    • 既得権益者による既得権益者のための政権だったので、社会の公平さや構造改革が進みませんでした。交代した政権が国民の期待通りのものであったかはともかく政権交代が実現しました。政治も、国民の意見を無視できないと強く感じていることでしょう。
  • 昔は被害者女性を公開しないことが、被害者女性のために最も大切だったでしょう。そのため穏便にすませようとしたのだとも考えられます。
    • 結婚して家庭に入ることが女性の唯一の選択肢であった時代が長く続いていました。その頃は「性的犯罪の事件の被害者であったことが世間に知られる」=「お嫁にいけない」=「女性の幸せを奪われる」と考えられていたのだと思います。
    • 現在では、女性が自らの価値観によって、自己実現と幸福に向かって努力を続ける権利を疑う人はいないでしょう。したがって犯罪者には相当の刑罰と賠償を要求するのは当然のことだと思います。
  • 性的犯罪の事実を証明することが難しかったのでしょう。
    • 物理的な窃盗や、ケガを伴う障害や殺人と比較して、性的犯罪の事実の証明が難しかったのだと思います。性的犯罪の被害者はケガのように目に見えた傷があって、治療によって目に見える形で完治するものではないからです。
    • 現在ではDNA鑑定など、科学的に性犯罪を立証する方法が確立されています。ただ、DNA鑑定などを実施するに当たって、被害者の女性の心の傷を深くしてしまわないように十分な配慮が必要だと思います。
    • 電車内の痴漢などでの冤罪も問題になりました。十分な科学的捜査が必要だと思います。動転していたり大きなショックを受けている被害者の証言だけで、犯罪捜査を行うのは適切ではありません。殺人事件などでさえ、冤罪は現実に起こっています。
  • 肉体的な損失や物質的な損失と比較して、心の傷に対する社会的な配慮が遅れていたのだと思います。
    • ケガの治療費の計算や壊れたものの修理費用の計算は簡単にできます。しかし、心の傷を測ることはとても難しいと言えます。高度成長期には物質的に豊かになることに集中するあまり、精神的なことを置き去りにしていたのだと思います。高度成長期が終わってから生まれた世代がこれから日本を背負います。社会の仕組みもいままでどおりであることはありません。
    • アメリカは訴訟社会だと言われます。どうして訴訟社会なのかというと、全ての人が法の下に平等な権利を持っているからです。日本はアメリカと比較して、弁護士も少なく訴訟も少ないようです。これは、弱いものが泣き寝入りしている社会だという一面もあると思います。日本社会では、コミュニティ内でも会社内でも、家庭内ですら、どこに居ても人に細かな序列を作ってしまいがちです。全ての人間が平等に、幸せを追求する権利を持っているのだということを、再確認したいと思います。日本の裁判員制度も始まっています。私たちも権利に対する意識を高めなければいけません。権利は与えられるものではなく、自ら手に入れてそれを守っていく必要があるのだと思います。アメリカの独立宣言でも、日本国憲法でも、「幸せを追求する権利」とは謳われていますが、「幸せになる権利」とは書かれていません。
id:takuya_1st No.2

takuya回答回数30ベストアンサー獲得回数12011/11/12 00:56:01

女性だから守られるべきという意味に受け取っていいですか?
女性のプライドを踏みにじられたら、相手のプライドを踏みにじっていいという意図で読んでいいですか?

女性は守られるべきなのですか。まず自分で自分を守るのが、男女問わず要求されませんか?

世の中の男性でも女性を他の男性から守ることができます。最凶の狂気は最大の武器でもあるのです。あなたは男性と信頼しあい、お互いを守り合えばいいのではないでしょうか。宮刑があれば、女性が身を守る必要がないほどに性犯罪率が減るのでしょうか。身を守ることは変わらないはず。

法的根拠を法的根拠で語る必要がありません。必要であれば法律を変えればいいのはあなたの言うとおりです。「なぜ必要か」を考え「再犯率」を減らす方法を考えてみてもいいでしょう。

考えれることやれることは山ほどあります。

究極手段である宮刑を用いて犯罪率が減らない場合は次にどうすればいいでしょうか。女性だけの国を作りますか?それ楽しい?

  • id:Yoshiya
    >性犯罪者に対して再犯を防ぐ意味で「宮刑」を処す刑法を科すべきと思ってるのは自分だけではないはずです。

    日本国憲法第36条で、公務員による残虐的処罰を禁止しているからです。
    (「宮刑」は男性生殖器を切断する刑罰なので残虐的処罰になります。)

    日本国憲法
    第36条 公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。
  • id:zaqmju7
    男尊女卑はないわ
    むしろ女尊男卑だろ今の世代。

    でも性犯罪者は去勢するべきそうすべき
    でも痴漢は冤罪多いからね…
  • id:TAKATHIN
    確かにそれは平等じゃない。
    でも、別のところでも逆に平等じゃない。
    性犯罪は酷い奴なら石打ち刑でいいと思う。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません