こういう役職をなんて呼びますか?

こんにちは。いつも自分の役職を言う時に違和感を感じているので、
皆さんにご質問です。
私はスパの店長?をしているのですが、
お金の入出金管理から、スタッフの選定・解雇、
マネージメント全てを私が1人でやっています。
スパを開くときに出資してくれた方はいるのですが、
その方は海外で仕事をされているため、ほぼ店舗には顔を出しません。
更に会社を開設するのが大変だったので、知り合いの会社に社員として名前を
置かせていただき、その会社の事業の中にスパ部門という形で、そのスパが存在します。
この場合、私の役職は何になるのでしょうか?
いまいちしっくりくる役職が思い浮かばないので、皆さん是非お力をお貸しください。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/11/08 19:51:36
  • 終了:2011/11/13 14:10:41

ベストアンサー

id:papavolvol No.3

papavolvol回答回数1072ベストアンサー獲得回数1982011/11/08 21:48:52

「総支配人」ではいかがですか?


法人としては「知り合いの会社」の「スパ事業本部長」になるのかもしれません。

「知り合いの会社」の組織にもよると思いますが、東芝などが社内の各事業部をカンパニー制として、あたかも独立会社のようにして、各事業部の長を社長と呼んでいたこともありました。質問者の方も「知り合いの会社」の社内カンパニーの社長と呼ぶこともできるかもしれません。

しかし、実際には「知り合いの会社」は質問者の方の会社には出資していないようなので、連結決算の対象にはならないのですよね。「知り合いの会社」は質問者の方との間には、雇用契約も、請負契約も、派遣契約も存在しないのでしょうか?税金はどのように申告されているのでしょうか?

ちょっと出すぎた質問をしてしまったかな?

id:momoko111

ご返信有難うございます。言い忘れておりましたが、海外在住ですので、日本の雇用契約とは異なりますが、知人の会社とは雇用契約もございますし、税金もその会社内で支払っておりますので、正社員のような形でスパ部門を担当しているような形になります。

総支配人。響きはとても良いですね。有難うございます。

2011/11/09 11:34:11
id:papavolvol

コメントありがとうございます。海外在住でしたか。

「知り合いの会社」の事業の一つに「出資してくれた方」が出資。

質問者の方が「知り合いの会社」との正社員としての雇用契約により、その事業を責任を持って担当している、という場合ですね。

私ならばやはり「総支配人」が良いと思います。

日本ならば、雇用契約にするよりも、質問者の方が個人事業主として事業届けを出されて、質問者の方が「知り合いの会社」と請負契約をされる方が分かりやすいかと思います。

例えばアメリカなどでは、「知り合いの会社」の社員として給与をもらうのではなく、「知り合いの会社」の役員となって役員報酬をもらうケースが多いと思います。その場合には「Vice President(XX事業担当副社長)」の肩書きが一般的です。日本では副社長は1人かと思うのですが、アメリカの株式会社にはCEOが社長で、他に事業の数だけ副社長(Vice President)がいるのが当たり前になっていますね。ちょっと大きな会社だと副社長(Vice President)が10人以上もいたりします。

2011/11/09 12:02:00

その他の回答(2件)

id:seble No.1

seble回答回数4675ベストアンサー獲得回数6162011/11/08 20:05:53

実際には、出資者と籍を置いている会社との契約関係によりますが、実態としてはスパの経営者ですよね。ただ、名目としては店長ですね。

役職名にさほどの意味はありませんので、店長でも管理官でも好きなようにしてよいのかと。

(公職に管理官という名称があるようですが、知ったこっちゃない)

ただ、籍がその会社にあり、一つの事業部門の体を成していますから、店長か(事業、本部)部長という辺りかと、、、

 

出資とか会社との関係を明確な文書にしておかないと、あとでややこしくなるかもしれませんよ。

id:momoko111

ご回答有難うございます。店長か部長ですね。やはり店長が正しい表現なのかもしれません。出資者は出資しただけで経営は任せるとうということで、話が付いてますし、ある程度まで経営が安定したら、知り合いの会社に運営は任せようかと思っておりますので、その辺りは問題ないかと存じます。ご心配いただき、有難うございます。

2011/11/09 11:38:05
id:windofjuly No.2

うぃんど回答回数2625ベストアンサー獲得回数11492011/11/08 20:16:01

「xxスパ 店長のyyです」

自由に使える肩書きとしては店長ですね

  

「xxスパ 支配人のyyです」

会社法918条に則って登記簿記載等が必要になりますので、

あなたが所属する「知り合いの会社」と相談となりますが、

対外的にも認められる地位となりますので、

交渉事を進める際には有利かもしれません

id:momoko111

支配人ですね。参考にさせていただきます。有難うございますm(_ _)m

2011/11/09 11:35:13
id:papavolvol No.3

papavolvol回答回数1072ベストアンサー獲得回数1982011/11/08 21:48:52ここでベストアンサー

「総支配人」ではいかがですか?


法人としては「知り合いの会社」の「スパ事業本部長」になるのかもしれません。

「知り合いの会社」の組織にもよると思いますが、東芝などが社内の各事業部をカンパニー制として、あたかも独立会社のようにして、各事業部の長を社長と呼んでいたこともありました。質問者の方も「知り合いの会社」の社内カンパニーの社長と呼ぶこともできるかもしれません。

しかし、実際には「知り合いの会社」は質問者の方の会社には出資していないようなので、連結決算の対象にはならないのですよね。「知り合いの会社」は質問者の方との間には、雇用契約も、請負契約も、派遣契約も存在しないのでしょうか?税金はどのように申告されているのでしょうか?

ちょっと出すぎた質問をしてしまったかな?

id:momoko111

ご返信有難うございます。言い忘れておりましたが、海外在住ですので、日本の雇用契約とは異なりますが、知人の会社とは雇用契約もございますし、税金もその会社内で支払っておりますので、正社員のような形でスパ部門を担当しているような形になります。

総支配人。響きはとても良いですね。有難うございます。

2011/11/09 11:34:11
id:papavolvol

コメントありがとうございます。海外在住でしたか。

「知り合いの会社」の事業の一つに「出資してくれた方」が出資。

質問者の方が「知り合いの会社」との正社員としての雇用契約により、その事業を責任を持って担当している、という場合ですね。

私ならばやはり「総支配人」が良いと思います。

日本ならば、雇用契約にするよりも、質問者の方が個人事業主として事業届けを出されて、質問者の方が「知り合いの会社」と請負契約をされる方が分かりやすいかと思います。

例えばアメリカなどでは、「知り合いの会社」の社員として給与をもらうのではなく、「知り合いの会社」の役員となって役員報酬をもらうケースが多いと思います。その場合には「Vice President(XX事業担当副社長)」の肩書きが一般的です。日本では副社長は1人かと思うのですが、アメリカの株式会社にはCEOが社長で、他に事業の数だけ副社長(Vice President)がいるのが当たり前になっていますね。ちょっと大きな会社だと副社長(Vice President)が10人以上もいたりします。

2011/11/09 12:02:00

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません