神秘的な古語の単語を教えてください。

意味や音が神秘的な古語の単語を教えてください

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/11/11 17:58:38
  • 終了:2011/11/18 18:00:03

ベストアンサー

id:chinjuh No.2

chinjuh回答回数1599ベストアンサー獲得回数1842011/11/11 20:37:42

うけひ(うけい)
 誓約のこと。「もし自分が潔白ならば火の中でも死なない」とか「もし自分の人生に意味があるならこの崖から飛び下りても死なない」などと宣言して実行して、その通りになるかどうかで判断すること。無茶しやがって!


くがだち
 「うけひ」に似たやつで、神前でやる裁判の一種。無実を主張する容疑者の手を煮えたぎる湯につっこんで、もし火傷しなかったら潔白、火傷したら罪をおかしていると判断します。無茶しやがって!


ものいみ
 物忌みと書きます。斎戒沐浴したり、家にこもったりして身の穢れを払うこと。神事の前とか、不運が続いた時なんかにやります。


かぎろひ(かぎろい)
 陽炎(かげろう)のこと。あるいは夜明けの光のこと。ギリシア神話にアウロラという女神がいますが、その女神が司るあけぼのの光のこと。


まほろば、あるいは、まほら
 素晴らしいこと、住みやすい場所、という意味だそうですが、現代人が使うとやや神がかった響きに聞こえますね。


たまゆら
 玉響と書くそうです。かすかなこと、ほんのしばらくの間のこと。玉飾りが揺れてかすかにふれあう様子から生まれた言葉らしいです。今検索すると、オーブという心霊写真の一種のことを玉響と言ってる人がいるみたいです(たいていはレンズの汚れだったり、空気中の塵や水蒸気にフラッシュや太陽光が反射して写るだけなんですが)。


つじうら
 辻占と書きます。道が交わるところに立って行き交う人の声に耳を傾けて吉凶を判断する占いです。


たままゆ
 玉繭と書きますが、二頭の蚕がひとつの繭を作ってしまう現象のことです。普通の繭より大きくて、玉繭から糸を引くと特別良い糸になるそうです。


まゆみ
 弓の美称です。その弓のことを特別愛でて呼ぶ時の言葉でしょうか。


ゆつ
 斎つ、と書きます。神聖な、という意味です。ゆつの爪櫛、とか、ゆつの桂などと使います。

その他の回答(3件)

id:matsunaga No.1

松永英明@ことのは回答回数536ベストアンサー獲得回数872011/11/11 18:54:28

有名なところですが、布瑠の言(ふるのこと)
「一二三四五六七八九十、布留部 由良由良止 布留部(ひと ふた み よ いつ む なな や ここの たり、ふるべ ゆらゆらと ふるべ)」

id:chinjuh No.2

chinjuh回答回数1599ベストアンサー獲得回数1842011/11/11 20:37:42ここでベストアンサー

うけひ(うけい)
 誓約のこと。「もし自分が潔白ならば火の中でも死なない」とか「もし自分の人生に意味があるならこの崖から飛び下りても死なない」などと宣言して実行して、その通りになるかどうかで判断すること。無茶しやがって!


くがだち
 「うけひ」に似たやつで、神前でやる裁判の一種。無実を主張する容疑者の手を煮えたぎる湯につっこんで、もし火傷しなかったら潔白、火傷したら罪をおかしていると判断します。無茶しやがって!


ものいみ
 物忌みと書きます。斎戒沐浴したり、家にこもったりして身の穢れを払うこと。神事の前とか、不運が続いた時なんかにやります。


かぎろひ(かぎろい)
 陽炎(かげろう)のこと。あるいは夜明けの光のこと。ギリシア神話にアウロラという女神がいますが、その女神が司るあけぼのの光のこと。


まほろば、あるいは、まほら
 素晴らしいこと、住みやすい場所、という意味だそうですが、現代人が使うとやや神がかった響きに聞こえますね。


たまゆら
 玉響と書くそうです。かすかなこと、ほんのしばらくの間のこと。玉飾りが揺れてかすかにふれあう様子から生まれた言葉らしいです。今検索すると、オーブという心霊写真の一種のことを玉響と言ってる人がいるみたいです(たいていはレンズの汚れだったり、空気中の塵や水蒸気にフラッシュや太陽光が反射して写るだけなんですが)。


つじうら
 辻占と書きます。道が交わるところに立って行き交う人の声に耳を傾けて吉凶を判断する占いです。


たままゆ
 玉繭と書きますが、二頭の蚕がひとつの繭を作ってしまう現象のことです。普通の繭より大きくて、玉繭から糸を引くと特別良い糸になるそうです。


まゆみ
 弓の美称です。その弓のことを特別愛でて呼ぶ時の言葉でしょうか。


ゆつ
 斎つ、と書きます。神聖な、という意味です。ゆつの爪櫛、とか、ゆつの桂などと使います。

id:gtore No.3

gtore回答回数2481ベストアンサー獲得回数4372011/11/11 21:10:43

「わたつみ」「にきみたま」などいかがでしょうか。

わた‐つ‐み【海=神】
《「つ」は「の」の意の格助詞。「わだつみ」「わたづみ」とも》

1 海を支配する神。海神。わたがみ。わたのかみ。
「―の持てる白玉見まく欲り千度そ告(の)りし潜(かづ)きする海人(あま)は」〈万・一三〇二〉
2 《1がいる場所の意から》海。大海。
「―の豊旗雲に入日さし今夜(こよひ)の月夜さやけかりこそ」〈万・一五〉

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%81%A4%E3%81%BF&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=19825700

にき‐みたま【▽和▽御▽魂/▽和▽魂】
《後世は「にぎみたま」とも》柔和な徳を備えた神霊。にきたま。⇔荒(あら)御魂。
「大和の―は静まりて」〈出雲国風土記〉

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch/0/0na/13967100/
id:Hyperion64 No.4

Hyperion64回答回数791ベストアンサー獲得回数842011/11/15 21:02:40

『般若心経』の末尾の呪文も該当すると思います。

【原文】
揭帝揭帝 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提僧莎訶

【読み】
1)羯諦羯諦 波羅羯諦 gate, gate, pāragate
ギャー テー ギャー テー ハ ラ ギャー テー

2)波羅僧羯諦 pārasaṁgate
ハ ラ ソー ギャー テー

3)菩提娑婆訶 bodhi svāhā
ボ ジ ソ ワ カ

【解釈の一つ】
1)往けるときに、往けるときに 彼岸に往けるときに

2)彼岸に往きつきて

3)さとりあり

般若心経・金剛般若経 (岩波文庫)

般若心経・金剛般若経 (岩波文庫)

  • id:chinjuh
    般若心経のは古語じゃなくて外国語だよね。インドの言葉を漢字で書いただけだよ。
    ガテーガテーパーラガテーパーラサンガテーボーディスヴァーハー
    とかだっけ?

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません