チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が2011年11月7日、東京で開かれた自由報道協会主催の記者会見の中で、

「やはり問題というのは、我々が無知から生じる作り出したものであると仏教では言っております。ブッダも言っております。すべての問題というのは我々の無知から生じるものだということです。」
とおっしゃってましたが、このことは、どの仏教経典のどこに書かれているのか教えていただけないでしょうか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/11/11 21:44:33
  • 終了:2011/11/18 21:45:03

回答(2件)

id:suppadv No.1

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682011/11/11 21:56:42

ポイント50pt

間違っているかもしれませんが、痴ということなのでしょうか。
http://www.j-theravada.net/pali/key-akusala.html

moha(モーハ:痴)。無知。、愚かさ。ものごとの真の側面に気づくことができないこと。
 人は、たとえばバラの花を見て「きれいなバラだ」と価値判断をし、それによって行動を起こします。それはごく一般的な行為ですが、真理の立場で物事を観ているとは言えません。正しくない認識による行動は、当然問題をつくり出します。
 仏教では、ある一定の条件の中で一時的に「バラの花」という現象があるにすぎない、これは瞬間瞬間変化し続ける不安定な空しいものだ、という因果関係、無常の立場、現象論でものごとを観ます。そのように真理の立場からものごとを観られるのは悟りを開いた人だけなので、世の中の人々は皆無知な愚かさの中で生きているということになります。無知で生きている私たちは、ものごとをはっきりと正しくとらえることはできません。いつでも大雑把に認識して、混乱状態の中で価値判断をしています。そしてすぐに執着したり嫌ったりして苦しみをつくり出します。ですからこのモーハ(無知)こそは、すべての悩み苦しみの土台になる心所なのです。

id:meefla No.2

meefla回答回数987ベストアンサー獲得回数4632011/11/13 13:30:29

ポイント50pt

結論は回答#1と重複しますが、理解の一助にでもなればと思い回答させていただきます。

お尋ねの部分を、Ustream の ダライ・ラマ法王自由報道協会記者会見, Recorded on 11/11/07 でヒアリングしてみました。
1:08:14 あたりですね。
逐次通訳で「ブッダも言っております。すべての問題というのは我々の無知から生じるものだということです。」という部分は、"Buddha point out source of all trouble is ignorance." と聞き取れました。
"point out" ですから「指摘した」「指し示した」であって、直接「言った」という事ではないようです。

この "ignorance" は、三毒(貪・瞋・癡:とん・じん・ち) の一つである「癡」(または 無明)だと思われます。
(Wikipedia 英語版の Three Poisons でも "ignorance" と訳されています)
三毒は様々な煩悩の中でも人間の諸悪・苦しみの根源とされており、中でも「三毒の根源は癡であるとされる」そうです。
ブッダの説いた根本仏教からある概念で、最古の経典と推定されるスッタニパータにもあるとの事ですが、経典の言葉 によれば、スッタニパータにある記述を後世の人がまとめたものが三毒のようですので、スッタニパータを探しても文字通りの発言はないかもしれません。
三毒(三不善根)と十悪(十不善) も参考になるのではないでしょうか。

  • id:chinjuh
    日本でよく知られている話だと「火宅の譬え」っていうのが法華経のなかにあるんですが、
    屋敷がぼーぼー燃えてるわけです。
    そこに居続けたら焼け死んじゃうのは外から見たら一目瞭然なんです。
    でも中で遊んでる子供にはそれがわかってないので
    早く逃げないと死ぬぞーって呼びかけても出てこないで遊んでる。
    その状態が無知なんじゃないのと思うんです。
    この場合の火は煩悩の象徴で、中で遊んでる子供たちは
    煩悩にまどわされて救われない状態になってることに気づいてません。
    気づいたら救われるのに、無知って恐いね、という感じ。

    火宅の譬えには続きがあって
    「外にはもっとすごいオモチャ(正しい仏の教え)があるぞ」
    と呼びかけると、中にいる子供たちが喜んで出てきてめでたしめでたし。
    外に出てみたら家燃えてるし、やばかったね僕ら、馬鹿だったんだねってなる。


    meefla さんの回答にあるスッタニパータは
    お釈迦様といろんな人との問答集ですが、
    弟子のメッタグーとの会話にこんなのがあります。

    「世の中苦しいことばっかりだけど原因はなんですか?」
    「みんな執着から生まれるんだけど、そのことに気づいてないと何度でも同じ執着にとらわれて苦しんじゃうんだよね」

    無知というのは、現代人が思ってるみたいな知識の有無を言ってるんじゃなくて、
    自分を苦しめてる原因や、その原因を取り除く方法を知らないってことです。
    ちなみに、スッタニパータは岩波文庫とかに入ってますので図書館で探せばみつかりますよ。検索するとほぼ全文ネットにあったりもしますけど。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません