生物の進化の歴史の中で、(1)抗原抗体反応による免疫作用、(2)神経伝達物質による体内・同族内のメッセージ伝達は、いつごろから、どのような生物の発展の段階で生まれたものかを教えてくれる信頼性のあるホームページをご紹介ください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人3回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/11/13 07:31:40
  • 終了:2011/11/20 07:35:03

ベストアンサー

id:karuishi No.2

ニャンざぶろう回答回数764ベストアンサー獲得回数1282011/11/19 23:52:03

ポイント50pt

(1)抗原抗体反応による免疫作用は、
 軟骨魚類から明確化するような獲得免疫とは別に
 >下等な脊椎動物では「コピー」のシステムが、一方ヒトなどでは「切断・再結合」のシステムが抗体の遺伝子の形成と多様化に使われている。
 http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2007/x0.html
 ということで明確ではないようです。
 http://www.biol.s.u-tokyo.ac.jp/users/meneki/nonakaken/research/research.html
 
(2)神経伝達物質による体内・同族内のメッセージ伝達
 http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/18770054/2007/3/ja
 にあるように神経系を形成するヒドラにおいても多様な伝達系ポリペプチドがあり
 それ以前に遡る研究中のようです。

id:ShinRai

ありがとうございました

2011/11/20 21:32:20

その他の回答(1件)

id:karuishi No.2

ニャンざぶろう回答回数764ベストアンサー獲得回数1282011/11/19 23:52:03ここでベストアンサー

ポイント50pt

(1)抗原抗体反応による免疫作用は、
 軟骨魚類から明確化するような獲得免疫とは別に
 >下等な脊椎動物では「コピー」のシステムが、一方ヒトなどでは「切断・再結合」のシステムが抗体の遺伝子の形成と多様化に使われている。
 http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2007/x0.html
 ということで明確ではないようです。
 http://www.biol.s.u-tokyo.ac.jp/users/meneki/nonakaken/research/research.html
 
(2)神経伝達物質による体内・同族内のメッセージ伝達
 http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/18770054/2007/3/ja
 にあるように神経系を形成するヒドラにおいても多様な伝達系ポリペプチドがあり
 それ以前に遡る研究中のようです。

id:ShinRai

ありがとうございました

2011/11/20 21:32:20

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません