二宮尊徳の思想 一円融合について、二宮尊徳が書いた(弟子も含めて)文章を知りたいのですが、どの本にあるのでしょうか? 引用は多いのですが、原典がどこだかわかりません。日本の名著 二宮尊徳(報徳記、夜話などが収録)のどこかにあるような気がします。回答は、場所が特定できるようにページ数も含めてお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人3回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/11/15 12:27:37
  • 終了:2011/11/21 09:11:02

ベストアンサー

id:Hyperion64 No.1

Hyperion64回答回数791ベストアンサー獲得回数842011/11/15 20:24:43

ポイント100pt

 日本の名著26『二宮尊徳』旧版(中央公論)に準拠して回答します。

「二宮翁夜話」270頁

いったい、善悪はもと一円である


同321頁

 なぜならば、君臣で一円であるからであり、親子で一円であるからだ....


 尊徳翁が、一円融合の方法論を論じたのは「三才報徳金毛録」(379頁から)で、こちらが一円融合の原典であるらしいです。
 原文には「一円」という言葉はありませんが、太極図に始まる原図はすべて円が基本になっています。

id:isogaya

一円融合という言葉を二宮尊徳は使っていない可能性ありですね。

2011/11/15 20:26:28
  • id:Hyperion64
     日本の名著版であたってみた限りでは、尊徳翁が「一円融合」と書いた文章はないようです。「一円」はたびたび用いていますが。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません