イオウとアセトアルデヒド

お酒を飲んだ時にはメチオニンやタウリンとかのイオウが入っている物を体にいれてやるとアセトアルデヒドを分解してくれるらしいのですが、どういうしくみでイオウがアセトアルデヒドを分解してくれるのですか。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/11/15 18:21:18
  • 終了:2011/11/19 09:57:26

回答(1件)

id:suppadv No.1

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682011/11/15 23:02:24

ポイント100pt

イオウがアセトアルデヒドを分解するわけではありません。
イオウを含んだ分子であるタウリンが分解を促進します。


以下のように、タウリンは肝機能を高めてアルコールの分解を促進します。
メチオニンはタウリンの元になります。
両方とも含硫アミノ酸の1種ですので、イオウが重要といえば重要です。
でも一番重要なのはタウリンです。メチオニンからタウリンを作る作用は弱いので、タウリンを直接摂取するのが一番良い方法です。



http://www.hakuraidou.com/info/taurin.htm
●タウリンの肝機能を高める3つの働き
【肝臓の機能を高める3つの働き】

胆汁酸の分泌を盛んにすることで肝臓の働きを助けること
肝細胞の再生を促進させること
細胞膜を安定化すること
肝臓から分泌される胆汁酸には、コレステロールを排泄させる働きがあります。タウリンによって胆汁酸の分泌が増えると、血液中のコレステロール値も下がります。

ラットを使った実験で、この効果が確認されています。
ラットに高コレステロールのエサを与えると、血液中のコレステロール値が上昇していきます。ところが、エサの中に1%のタウリンを混ぜて与えると、コレステロールの増加が抑えられるという結果が出ました。

また、タウリンにはインスリン(インシュリン)の分泌を促す作用もあり、糖尿病の予防によいとされています。


--------------------------------------------------------------------------------

●タウリンで肝臓を守る
タウリンは肝臓に良いのです。タウリンを投与したラットと、投与していないラットに、濃度15%のアルコールを飲ませ、 2時間後に血中アルコール濃度を測定しました。するとタウリンを投与したラットの方が、はるかに早くアルコールを分解していました。


この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません