書籍「集合知プログラミング」の6章ドキュメントフィルタリングの、pythonのコードをRubyに直してください。直して頂きたい箇所は、以下URLにある、sampletrainメソッドが動くところまでお願いしたいです。(つまり、関係するのは、trainメソッド、incfメソッド、inccメソッド、それとコンストラクタだと思います)

http://d.hatena.ne.jp/naoe/20090524#p1

(補足)Rubyも初心者ですが、pythonはもっとわかりません。特に「self.getfeatures=getfeatures」とインスタンス変数を宣言した後、「features=self.getfeatures(item)」とitemを引数としているところは、まったく理解できません。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/11/15 22:25:53
  • 終了:2011/11/16 00:44:39

ベストアンサー

id:rish314 No.1

rish314回答回数30ベストアンサー獲得回数62011/11/16 00:32:22

ポイント200pt

naive bayes — Gist

私が数年前に書いたゴミコードでよければ参考にしてみてください。手元のプロジェクトではそれっぽく動いていますが動作は保証しません。この本、素敵な本ですが、誤植が多いので、有志による正誤表を参考にしながら読むといいかと思います。

他2件のコメントを見る
id:nemutaiyo

ばっちり動いてます。featuresには"単語"=>"単語の出現数"を渡します。このソースは常に"単語の出現数"部分が1扱いですよね。でもinc_featureを少し変更すれば大丈夫なはず。大事に使わせて頂きます。

2011/11/17 22:39:20
id:rish314

はい。その通りです。使ってやってください。

2011/11/17 23:04:52

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません