「ゲーミフィケーション」という分野に興味が有るのですが、

この分野のことを学べる書籍、大学(海外でも可)、勉強会、研究者、などを挙げられるだけ教えて下さい。
Twitterでそれ中心につぶやいてる人とか、そういうレベルで全く構いません。
どんな細かいことでもいいですので、よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/11/18 00:37:22
  • 終了:2011/11/25 00:40:03

ベストアンサー

id:meefla No.8

meefla回答回数982ベストアンサー獲得回数4592011/11/20 12:31:34

ポイント30pt

「海外でこの研究についてもっとも進んでいる大学はどこか?」を探してみましたが、バズワード扱いされる事もあるのが現状ですから、抜きん出た大学はまだないようです。
あえて言えばスタンフォード大学でしょうか。
検索でヒットした教授が二人います。

Department of Communication の教授で、Total Engagement の共著者です。

本職は アムステルダム大学の教授 のようですが、スタンフォード大学の Department of Philosophy でも教鞭を取っているようです。
Logic Games: From Tools to Models of Interaction を書いてます。
PDF 版:http://dare.uva.nl/document/93910

他に目についた所として、

Gamification in Education: What, How, Why Bother?
http://www.gamifyingeducation.org/files/Lee-Hammer-AEQ-2011.pdf
Teachers College Columbia University: Graduate School of Education からのペーパーです。

イギリス・エセックス大学の Richard Bartle 教授が、Gamification 2011 で、"Gamification: Too Much of a Good Thing?" というタイトルの講演をしてます。
マルチプレイヤー・オンラインゲームのパイオニアとしても有名な人です。

カンサス大学 Center for Research on LearningAaron Sumner 氏がまとめた Getting Started with Gamification は、入門者のための読書リストです。
簡単な紹介も付いているので有用かと。

大学から離れて、有望そうな人を二人。

西ドイツ・ハンブルグの研究者 Sebastian Deterding 氏は、gamification 関連のプレゼン を多数してます。

上記の読書リストに上がっている、Jane McGonigal 女史も押さえておくべきでしょう。
公式サイト:you found me.
"Reality is Broken" の著者です。

以上、ご参考になれば幸いです。

他1件のコメントを見る
id:fmht7

> 日本で主だった研究者がゲーミフィケーションについて言及しないのは何故なのでしょうか。

原因のひとつにゲーミフィケーションの原動力になっている内発的動機付け(モチベーション3.0)が根付きにくい土壌ということがあるかもしれません。
http://www.president.co.jp/pre/backnumber/2011/20110117/17549/17558/

また、ゲーミフィケーションは脳の報酬系に頼った仕組みでもあり、その依存性や悪影響についても十分考慮する必要があるのではと考えています。

2011/11/21 01:40:59
id:naoeco

なるほど、そういった視点もあるのですね。
ただ、そういった議論はもっと公に活発に行われても良いような気がします。
もちろん、行われているところでは行われているのかもしれませんが…ありがとうございます!

2011/11/21 06:35:28

その他の回答(9件)

id:Okaz No.1

おかず回答回数37ベストアンサー獲得回数32011/11/18 03:36:00

ポイント30pt

ゲーミフィケーションについて軽く触れたいのであれば、こちらの記事を読むことをおすすめします。
ゲーム嫌いも知らないと損するゲーミフィケーション入門(1/3)- @IT

ゲーミフィケーションに関する書籍はあまりありませんが、有名な本をひとつだけ紹介します。下の書評も参考になると思います。
「ソーシャルゲームはなぜハマるのか」理解するための一冊 - elm200 のノマドで行こう!
分断された日本のインターネット - elm200 のノマドで行こう!

id:naoeco

ありがとうございます。引き続き募集します。できれば、海外でこの研究についてもっとも進んでいる大学はどこか?を資料付きで教えていただけるとベストアンサーかと思いますが、それにこだわらず些細な情報でも教えてください。

2011/11/18 11:10:14
id:naoeco

もちろん、国内で研究をしている研究者、企業でもかまいません。

2011/11/18 11:10:37
id:mario-16 No.2

蝸牛角上争何事回答回数219ベストアンサー獲得回数212011/11/18 11:05:11

ポイント30pt

洋書で182ページあります。



http://gamification.jp/%e5%8f%82%e8%80%83%e6%96%87%e7%8c%ae
ここのサイトにも幾つかの書籍が掲載されています。

id:naoeco

ありがとうございます。引き続き募集します。できれば、海外でこの研究についてもっとも進んでいる大学はどこか?を資料付きで教えていただけるとベストアンサーかと思いますが、それにこだわらず些細な情報でも教えてください。

2011/11/18 11:10:10
id:naoeco

もちろん、国内で研究をしている研究者、企業でもかまいません。

2011/11/18 11:10:44
id:tibitora No.3

tibitora回答回数3037ベストアンサー獲得回数2022011/11/18 11:07:39

ポイント30pt

こちらを見つけましたのでお伝えしますね。
少しでもご参考になると嬉しいです。
http://p.booklog.jp/book/37659
第1回ウォール学習会「ゲーミフィケーションの基礎と仕組み~学習コンテンツとゲーム性について考える~」
http://togetter.com/li/213871
ゲーミフィケーション勉強会のまとめ
http://www.d-center.jp/blog/horita/2011/11/sns.html
SNSとゲーミフィケーション

http://ameblo.jp/gbotan/entry-11075871555.html
【ゲーミフィケーション事例】「Nike+」その1:「レベルアップの仕組み」
http://d.hatena.ne.jp/Zellij/20110921/p1
ゲーミフィケーション:ゲームで問題解決

http://www.advertimes.com/20111116/article39724/
位置情報を活用するゲーミフィケーションの実践例が続々登場
http://www.android-navi.com/archives/cat28/gamification/
わかりやすいところで言えば、町内会やショッピングモールでやっている福引。

id:naoeco

ありがとうございます。実践例、勉強会まとめなどが大量にいただけて嬉しいです!引き続きよろしくお願いします。

2011/11/19 12:57:08
id:fmht7 No.4

fmht7回答回数642ベストアンサー獲得回数642011/11/19 02:41:55

ポイント30pt

楽天レシピはなぜクックパッドに勝てないのか?(The reason Rakuten-recipe can’t beat Cookpad)にこちらが紹介されていました。

Gabe氏*1が2011年11月25日(金)17時~19時、「gamification.jp」を運営する「株式会社ゆめみ」の主催で来日イベントを開催します。

11/25、Gabe Zichermann来日イベント開催します | gamification.jp
http://twitter.com/gamificationjp/status/137454733278453760によるとキャンセル待ち受付中とのことです。

また、京都でも勉強会開催予定だそうです。
http://www.facebook.com/events/315083705184452/

*1:2011年9月15・16日米国ニューヨークで開催「Gamification Summit」のチェアマンを務め、『Gamification by Design』の著者

id:naoeco

ありがとございます!勉強会情報は知っていたのですが、社会人なので、正直この時間帯は行きづらいですねぇ・・・休日にやってくれないものか・・・情報感謝します。

2011/11/20 22:31:25
id:amai_melon No.5

amai_melon回答回数2011ベストアンサー獲得回数472011/11/19 06:32:27

ポイント30pt

2018年、ようこそゲーミフィケーションの世界へ。

http://d.hatena.ne.jp/ankeiy+news/20111015/1318644925


http://gamification-research.org/

こちらは英文ですが、詳細な最新情報が手に入ります。

id:naoeco

ありがとうございます。最初の記事はフィクションですが、なんとなく星新一を連想させるような締め方でした。
英文での情報も大歓迎です!ありがとうございます。参考にさせていただこうと思います。

2011/11/19 13:01:58
id:fmht7 No.6

fmht7回答回数642ベストアンサー獲得回数642011/11/19 18:31:38

ポイント30pt

ソーシャルサービス方面でのゲーミフィケーションに関する情報です。

id:naoeco

ありがとうございます!じっくり見させていただきます。日本人でも研究されている方はいらっしゃるのですね。

2011/11/20 10:11:46
id:fmht7 No.7

fmht7回答回数642ベストアンサー獲得回数642011/11/19 18:58:27

ポイント30pt

2010年のTED Bostonでのソーシャルの次にくるゲームレイヤーの4つの要素(7つのうちの)についてのプレゼンテーション

  • Appointment dynaminc (アポイントダイナミクス)
  • Influence and status (影響力とステータス )
  • Progression dynamic (進歩ダイナミクス)
  • Communal discovery (共同的発見)
ゲーミフィケーションに関わるいくつかの要素|linker journal|linker

プレゼンテーションはこちらになります。 http://www.ted.com/talks/view/lang/en//id/936
*1

*1:はてなダイアリーでも貼り付け可能になれば人力にも貼り付けできるのですが、現状未対応なのでお手数ですがそちらに移動してご覧ください。cf. idea:29617

id:naoeco

ありがとうございます。やはり注目はされているようですね。引き続き、回答を募集します。

2011/11/20 10:11:33
id:meefla No.8

meefla回答回数982ベストアンサー獲得回数4592011/11/20 12:31:34ここでベストアンサー

ポイント30pt

「海外でこの研究についてもっとも進んでいる大学はどこか?」を探してみましたが、バズワード扱いされる事もあるのが現状ですから、抜きん出た大学はまだないようです。
あえて言えばスタンフォード大学でしょうか。
検索でヒットした教授が二人います。

Department of Communication の教授で、Total Engagement の共著者です。

本職は アムステルダム大学の教授 のようですが、スタンフォード大学の Department of Philosophy でも教鞭を取っているようです。
Logic Games: From Tools to Models of Interaction を書いてます。
PDF 版:http://dare.uva.nl/document/93910

他に目についた所として、

Gamification in Education: What, How, Why Bother?
http://www.gamifyingeducation.org/files/Lee-Hammer-AEQ-2011.pdf
Teachers College Columbia University: Graduate School of Education からのペーパーです。

イギリス・エセックス大学の Richard Bartle 教授が、Gamification 2011 で、"Gamification: Too Much of a Good Thing?" というタイトルの講演をしてます。
マルチプレイヤー・オンラインゲームのパイオニアとしても有名な人です。

カンサス大学 Center for Research on LearningAaron Sumner 氏がまとめた Getting Started with Gamification は、入門者のための読書リストです。
簡単な紹介も付いているので有用かと。

大学から離れて、有望そうな人を二人。

西ドイツ・ハンブルグの研究者 Sebastian Deterding 氏は、gamification 関連のプレゼン を多数してます。

上記の読書リストに上がっている、Jane McGonigal 女史も押さえておくべきでしょう。
公式サイト:you found me.
"Reality is Broken" の著者です。

以上、ご参考になれば幸いです。

他1件のコメントを見る
id:fmht7

> 日本で主だった研究者がゲーミフィケーションについて言及しないのは何故なのでしょうか。

原因のひとつにゲーミフィケーションの原動力になっている内発的動機付け(モチベーション3.0)が根付きにくい土壌ということがあるかもしれません。
http://www.president.co.jp/pre/backnumber/2011/20110117/17549/17558/

また、ゲーミフィケーションは脳の報酬系に頼った仕組みでもあり、その依存性や悪影響についても十分考慮する必要があるのではと考えています。

2011/11/21 01:40:59
id:naoeco

なるほど、そういった視点もあるのですね。
ただ、そういった議論はもっと公に活発に行われても良いような気がします。
もちろん、行われているところでは行われているのかもしれませんが…ありがとうございます!

2011/11/21 06:35:28
id:yk1997kobba No.9

こっば回答回数2400ベストアンサー獲得回数2122011/11/20 18:44:53

ポイント30pt

こちらはどうでしょうか?

なぜゲーミフィケーションは効果的なのか?(Why Gamification Works?)
http://hiromikubota.tumblr.com/post/7921791774/why-gamification-works

第1回Gamification(ゲーミフィケーション)勉強会の気になった部分を抜粋
http://blog.livedoor.jp/ikko615/archives/51769804.html

id:naoeco

ありがとうございます。とても良く纏められていると思います。今のところ、皆様から挙げていただいた記事全てに目をとおせている状態ではないのですが、もっともっと情報を求めます。世界中にある全てのゲーミフィケーションに関する情報を下さい!情報提供感謝です。

2011/11/20 22:39:06
id:gtore No.10

gtore回答回数2481ベストアンサー獲得回数4372011/11/20 21:24:11

ポイント30pt

モーリー・キトル氏
http://www.tumblr.com/tagged/report?before=1300714018

最初のセッション「Gamification 201-60 Tactics in 60 Minutes」は、60個のハウツーでゲーミフィケーションをまとめた、「明日から使える」実践的な内容。スピーカーのモーリー・キトル氏が所属するBunchballは、ゲーミフィケーション向けのプラットフォームを提供する、2005年に創業されたシリコンバレーのベンチャー企業です。

彼女は開口一番、第1条で「(ゲーミフィケーションに必要なものは)ハードコアなタイトルでよく見られる、スリルや暴力などに基づいたゲームデザインではない」と切り出しました。

ではゲーミフィケーションとは何でしょうか。キトル氏は「サイト運営のもう一つの形」だと説きます。eコマースであったり、会員制サイトであったりと、コミュニティに支えられた何らかの(商用)サイトがあり、その運営を活性化させ、ライバルに打ち勝つ手段の一つがゲーミフィケーションだというわけです。


ご参考まで。

id:naoeco

ありがとうございます。なるほど、すでにシリコンバレーではゲーミフィケーションは早い段階で実業となっているのですね。
どうもこの分野、ゲーミフィケーションとは?という定義ですとか、もやっとした概念で語られることが多いような気がして、捉え方もまちまちなように思います。日本でも、「コンテンツ産業」といった時、一体何を指すのかは文脈に寄ってまちまちであるのと同じように。

2011/11/20 22:37:24
  • id:fmht7
    http://q.hatena.ne.jp/1321544239#a1118403 で紹介した「11/25、Gabe Zichermann来日イベント」がレポートされていました。
    http://techwave.jp/archives/51716146.html
    ご参考まで。
  • id:naoeco
    ありがとうございます!実はこの講演会、結局参加させていただきました。情報をくださってありがとうございます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません