ある絵本を探しています。

いなか町のバスの運転手さんが主人公で、乗客はほとんどいません。
ある日、いつものようにすべて空席のバスを運転していると、
不思議なことに、だれかの話し声がきこえてきます。
だれも乗っていないはずなのにおかしいな、と思って、
バックミラーをのぞくと、ピンク色の服を着た女の子が、
何人か席に座って、おしゃべりしているのです。
「えっ?」と思って、運転手さんはうしろを振り向きました。
すると、女の子たちの姿はありません。でも、話し声だけはきこえています。
「ほう、これは、山の妖精たちだな」
運転手さんはそんなことを思い、穏やかな日々は続くのでした。

たしかこのようなあらすじだったと思います。
絵は、ほんわかとした感じでした。
お心あたりのあるかたがいっらっしゃいましたら、
その絵本のタイトルを教えていただけるとありがたいです。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 登録:2011/11/23 11:06:24
  • 終了:2011/11/30 11:10:04

回答(0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません