国語について苦手なところを質問します。

中2の範囲で,副詞と連体詞の違いを教えていただきたいです。
特徴が上手くつかめません・・・。

説明をつけてくださると尚ありがたいです!

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/11/23 15:29:59
  • 終了:2011/11/23 19:44:40

ベストアンサー

id:mera85326 No.1

mera回答回数1ベストアンサー獲得回数12011/11/23 16:34:40

まず、それぞれの品詞の説明を確認しますと、

○副詞……
自立語で、活用がなく、主に連用修飾語になることば

○連体詞……
自立語で、活用がなく、連体修飾語になることば

「連修飾語」というのは、動詞・形容詞・形容動詞(まとめて言)をくわしく説明することばであり、
「連修飾語」というのは、名詞や代名詞(まとめて言)をくわしく説明することばのことです。
副詞と連体詞の違いは、簡単にいえば
この「どのことばをくわしく説明するのか?」という一点だけです。
(副詞の説明に「主に」連用修飾語を……とあるのは、
 厳密には副詞にはこれ以外の「例外」があるからなのですが、
 とりあえず今はおいておいてください)

例を出しながら説明します。

○副詞の例
・太郎はケーキをたくさん食べた
・花子は走るのがとても速い
決してそんなことはない

これらの文の「たくさん」「とても」「決して」は、
それぞれ「食べた」(動詞)や「速い」「ない」(形容詞)を説明しています。
(ちなみに「決して」はこの中でもちょっと特殊な副詞なのですが、
 これも今はおいておきます)
これらのことばは、ふつう名詞にはつきません。
「たくさんケーキ」とか「とても走る」とは、ふつう言いませんよね?

○形容動詞の例
・太郎がこの班の班長だ。
・花子はたいした人物だ。
わが軍は圧倒的だ。

これらの文の「この」「たいした」「わが」は
それぞれ「班」「人物」「軍」(すべて名詞)を説明しています。
これらのことばは、ふつう動詞・形容詞・形容動詞にはつきません。
「この食べる」とか「たいした赤い」とはふつう言いませんよね?

こんなふうに、副詞と連体詞を見わけるためには、

そのことばが、どのことばを説明しにいっているのか?

を考えると、わかりやすくなると思います。
いかがでしょうか?

id:tukkun-koto

ありがとうございました!
分かりやすく説明して下さり感謝,感謝です・・・!
悩みを一つ消すことができました。

ベストアンサーにさせていただきます。

2011/11/23 19:44:31
  • id:EdgarPoe
    meraさんのお答えで文句なしだと思います。
    一カ所「形容動詞」となっていますが、連体詞のタイプミスでしょう。

    あと、中二であれば言葉の使い方として
    「そのことばが、どのことばを説明しにいっているのか?」=「そのことばが、どのことばを修飾しているのか?」
    ということで「修飾する」という言葉の意味を知っておいた方が、自分で勉強するときに役に立つと思います。

    補足2つですのでコメントで。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません