セックスワーカーを描いた小説・マンガを探しています。

 
セックスワーカーに対する偏見や法規制などがなくなり普通の職業になった社会を描いた作品があれば教えてください。
そのような社会になった時、社会はどうなるのか人間はどうなるのかというテーマの作品が希望です。ポルノ作品のご紹介はガイドラインに違反しますのでご遠慮ください。
 
なお質問の性質上、12歳以下の回答はできないようにさせていただきます。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/11/26 12:19:22
  • 終了:2011/11/30 09:13:59

ベストアンサー

id:nawatobi_penguin No.1

nawatobi_penguin回答回数696ベストアンサー獲得回数992011/11/26 16:06:20

ポイント100pt

現在、新刊での入手は難しいので古本屋でさがすしかありませんが、
この本は恋愛感情を生み出す薬を使って恋愛を売買することによって売春も違法ではなくなるという内容です。
かわいらしい絵柄にだまされると結構きつい内容です。

ラブホルモン (ヤングマガジンコミックス)

ラブホルモン (ヤングマガジンコミックス)

---------
追記
そういうのは売春が合法化された外国しかないとおもっていたら、
日本も戦後間もなくまでは売春は合法でした。

幕末の動乱期にタイムスリップした医師が梅毒に苦しむ遊女を救ったエピソードがある「仁-JIN-」(村上もとか)漫画版では単なる一夜の喜びだけでなく疑似恋愛を楽しむ花魁や役者(芸だけではなく体も売る)がキーパーソンになります。
ただしこれらはセックスワーカーといっても待遇の良い方で、一般的には客足が遠のいたらお茶ひき(借金がかさむ)や梅毒と看護もない状態で死んだら身ぐるみはがれて寺に投げ込まれたようです。
http://sj.shueisha.co.jp/contents/jin/index.html


明治以降も芸者・舞妓という職業があり、現在ではお座敷文化として宴席の盛り上げ役ですが、「芸は売っても身は売らぬ」とあくまで疑似恋愛を楽しむ場であり身請けと言って業界から足を洗ったり(正妻に慣れればよい方で主に妾)、やり手ババァとして経営する側に回ったりしました。
これはいい方で多くは寒村で身売りされた娘で劣悪な環境で寿命を全うできなかったと聞きます。
「龍-RON-」(村上もとか)もヒロインが二人おり、一人の小鈴は舞妓で花柳界のしきたり(水揚げ)や主人公のおじとの身請け話が描写されます。
長編なので読むのも非常に骨が折れますが…
龍-RON-/ - Wikipedia
小説だと有吉佐和子の「芝桜」「木瓜の花」は花柳界に生きた正反対の性格の二人が主人公です。
「芝桜」だと当時の花柳界の様子が良く分かります。
単なるセックスだけではないというのは今のキャバクラにも通じるものがあります。
Amazon.co.jp: 芝桜〈上〉 (新潮文庫): 有吉 佐和子: 本

id:Lhankor_Mhy

質問を立ててみたものの回答はつかないかと思ってましたw ご回答ありがとうございます。
これは面白そうですね、古本で買ってみたいと思います。

2011/11/26 17:03:39
id:nawatobi_penguin

追記として入手可能な小説と漫画を入れました。
ご参考下さい。

2011/11/28 01:49:17

その他の回答(2件)

id:nawatobi_penguin No.1

nawatobi_penguin回答回数696ベストアンサー獲得回数992011/11/26 16:06:20ここでベストアンサー

ポイント100pt

現在、新刊での入手は難しいので古本屋でさがすしかありませんが、
この本は恋愛感情を生み出す薬を使って恋愛を売買することによって売春も違法ではなくなるという内容です。
かわいらしい絵柄にだまされると結構きつい内容です。

ラブホルモン (ヤングマガジンコミックス)

ラブホルモン (ヤングマガジンコミックス)

---------
追記
そういうのは売春が合法化された外国しかないとおもっていたら、
日本も戦後間もなくまでは売春は合法でした。

幕末の動乱期にタイムスリップした医師が梅毒に苦しむ遊女を救ったエピソードがある「仁-JIN-」(村上もとか)漫画版では単なる一夜の喜びだけでなく疑似恋愛を楽しむ花魁や役者(芸だけではなく体も売る)がキーパーソンになります。
ただしこれらはセックスワーカーといっても待遇の良い方で、一般的には客足が遠のいたらお茶ひき(借金がかさむ)や梅毒と看護もない状態で死んだら身ぐるみはがれて寺に投げ込まれたようです。
http://sj.shueisha.co.jp/contents/jin/index.html


明治以降も芸者・舞妓という職業があり、現在ではお座敷文化として宴席の盛り上げ役ですが、「芸は売っても身は売らぬ」とあくまで疑似恋愛を楽しむ場であり身請けと言って業界から足を洗ったり(正妻に慣れればよい方で主に妾)、やり手ババァとして経営する側に回ったりしました。
これはいい方で多くは寒村で身売りされた娘で劣悪な環境で寿命を全うできなかったと聞きます。
「龍-RON-」(村上もとか)もヒロインが二人おり、一人の小鈴は舞妓で花柳界のしきたり(水揚げ)や主人公のおじとの身請け話が描写されます。
長編なので読むのも非常に骨が折れますが…
龍-RON-/ - Wikipedia
小説だと有吉佐和子の「芝桜」「木瓜の花」は花柳界に生きた正反対の性格の二人が主人公です。
「芝桜」だと当時の花柳界の様子が良く分かります。
単なるセックスだけではないというのは今のキャバクラにも通じるものがあります。
Amazon.co.jp: 芝桜〈上〉 (新潮文庫): 有吉 佐和子: 本

id:Lhankor_Mhy

質問を立ててみたものの回答はつかないかと思ってましたw ご回答ありがとうございます。
これは面白そうですね、古本で買ってみたいと思います。

2011/11/26 17:03:39
id:nawatobi_penguin

追記として入手可能な小説と漫画を入れました。
ご参考下さい。

2011/11/28 01:49:17
id:Yoshiya No.2

Yoshiya回答回数1047ベストアンサー獲得回数2802011/11/26 18:57:44

ポイント50pt

菜摘ひかるさん(漫画家・小説家)の作品をお勧めします。

菜摘ひかるさんが執筆した書籍(アマゾン)

菜摘ひかるさんは現役の風俗嬢であり、かつその体験を元に執筆活動をされていた方です。
2002年に29歳の若さで亡くなってしまったので、今後新刊が出る事はありませんが、アマゾンやブックオフで執筆された書籍を見つける事ができると思います。

私がお勧めする著作

風俗嬢菜摘ひかるの性的冒険 (知恵の森文庫)

風俗嬢菜摘ひかるの性的冒険 (知恵の森文庫)

id:Lhankor_Mhy

ちょっと求めてたものと違う感じがしますけど、面白そうなので読んでみます。
ありがとうございました

2011/11/29 15:40:22
id:garyo No.3

garyo回答回数1782ベストアンサー獲得回数962011/11/27 10:17:50

ポイント100pt

東京・新宿は歌舞伎町に設置された水商売について学ぶ学校、「東京都立水商業高等学校」を舞台にした学園コメディである。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%BD%E7%AB%8B%E6%B0%B4%E5%95%86!
水商売を学ぶ高校がもし普通にあったら何が起こるのだろうかという内容のマンガです。

都立水商! 22 (ヤングサンデーコミックス)

都立水商! 22 (ヤングサンデーコミックス)

id:Lhankor_Mhy

おー、そういえば水商がありましたね、忘れてた。
ありがとうございます。

2011/11/29 15:40:41
  • id:Kaoru_A
     小説ではなく、ドキュメントなら結構あるようですね。
     【女性たち】ドメニカ・ニーホフ。ドイツでもっとも有名な娼婦 :http://www.bllackz.com/2011/01/blog-post_9858.html
     このページの下に、参考書籍としていくつか上がっています。

     また、家田荘子 - Wikipedia :http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%B6%E7%94%B0%E8%8D%98%E5%AD%90
    家田氏の作品にも、女性達の様々な生き方を描いたものがありますね。
  • id:Lhankor_Mhy
    みなさまありがとうございました。
    月末なのでランキングに影響が出ないように〆させていただきますw

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません