45才くらいの男性は、飲み会の時にちょくちょくトイレに立つのはなぜですか?


1.ビールを消化して、すぐにおしっこしたくなる。
2.胃腸が弱く、飲むとすぐに下痢する。
3.飲むと何か思いついて、メールや電話する。奥さん?彼女?不倫?
4.その他。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/12/08 23:04:48
  • 終了:2011/12/15 23:05:03

回答(2件)

id:Kaoru_A No.1

朝霞(あさか)回答回数1359ベストアンサー獲得回数2892011/12/09 02:29:20

 45歳前後だけでなく、自分が見た限り、20代、30代の方でもお手洗いにチョイチョイ行かれるかたはいました。
 男性だけでなく、女性でも。
 
 まあ、1)が主な理由だと思いますね。
 
 合コンとかの場合だと、ツレションして、男子トイレで作戦会議という話があったりするそうですが。

id:kumonoyouni No.2

kumonoyouni回答回数612ベストアンサー獲得回数1312011/12/09 15:40:55

人とお酒のイイ関係:お酒と健康 飲酒と健康の気になる関係  健康への影響|アサヒビール

ビールには、アルコール・カリウム・水分の相乗効果による、利尿作用があります。「アルコールが抗利尿ホルモンの分泌を抑えること」、「カリウムが新陳代謝を活発にすること」、「水分が大量に含まれていること」の3つ。トイレには、我慢せずに行くようにしましょう。ただし、ビールなどのアルコール類の飲みすぎは、細胞内の水分を減らし、脱水症状をきたす危険性もあるのでご注意ください。

元々ビールには利尿作業があるので、年齢はあまり関係ありません。ただし、普段の生活でもトイレに行くことが多い場合には前立腺肥大症-気になる病気 e治験ドットコム-や尿管結石の可能性は考えられます。

尿管結石になった場合、ビールの利尿効果を利用して、ビールをどんどん飲めば良いと言われることがありますが、飲みすぎると尿酸結石など増加させる恐れもありますのでご注意を。

京都府立医科大学泌尿器科学教室 主な疾患>尿路結石症

2) ビールのがぶ飲みは慎む
「ビールは結石によいか?」は患者さんからよく聞かれる質問です。ビールの効用は多量の水分とアルコールの持つ利尿作用ですから、比較的小さな結石を尿流で押し流してしまおうとする時には有効です。しかしビールは体内で代謝されると結石形成の原因となる尿酸に変わり、また一時的な利尿期の後は脱水傾向となり、尿が濃縮されますので、再発防止という観点からはあまりお勧めできません。中瓶で2本位が限度と考えて下さい。


ご参考になれば幸いです。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません