ちょっとした疑問、答えてください。



今日、『おめでとうございました』と言っている方がいらっしゃいました。

質問1『おめでとうございました』は、ちゃんとした言葉遣いですか?
質問2この他にも、きくと『あれ?』と思うような言葉ってありますか?(例:なるほどですね)

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2011/12/09 18:13:33
  • 終了:2011/12/16 18:15:03

回答(2件)

id:matsunaga No.1

松永英明@ことのは回答回数536ベストアンサー獲得回数872011/12/09 18:36:01

1) 状況にもよりますが、目の前でめでたいことが起こっている状況を想定すれば、「おめでとうございました」はちゃんとした言葉遣いではありません、少なくとも2011年12月の時点においては。
言葉というのは時代によって変わっていきます。したがって、もともと「とても……できない」という意味合いでしか使われなかった「とても」をveryの意味で使って違和感のない人が増えたというような例もあります。しかし、「おめでとうございました」は未だ受け入れられる表現とはなっていません。


「おめでとうございます」は、「めでたい」という形容詞(イ形容詞)に「お」と「ございます」という丁寧表現を付け加えたものです。ここで、形容詞の「ウ音便」が起こります。たとえば「おいしい」の丁寧形は本来、「おいしゅうございます」です。今ではよほど丁寧な人でないとつかいませんが。

「ありがとうございます/ありがとうございました」「おいしゅうございます/おいしゅうございました」を比較すると、「ございます」は現在進行中のこと、「ございました」がすでに完了したことを振り返って言っているということになります。
○「先日はいろいろと助けてくださってありがとうございました」
○「先日いただいた塩鮭をもうぜんぶ食べてしまいましたが、本当においしゅうございました」
というように、ずっと前のこと、言い換えれば「今はもう終わってしまっていること」に対して言う完了アスペクトによる表現です。
だとすれば、「おめでとうございました」と言っても何となくいけそうな場面というのは、「もはや今のことではない過去の事柄について言う」場合だけだとなります。


たとえばこんな感じでしょうか。
「わたしは若いころ、ミス日本で優勝したことがあるんですのよ」
「まあ、それはおめでとうございました」
明らかに過去のことですから、これは「使えないことはない」部類だと思われます。

「先日結婚しました」という場合、新婚状態はまだ続いているわけですから、「おめでとうございました」だと「じゃあ今はどうなの?」ということになります。
「並み居るライバルを蹴散らして、今の妻と結婚できたんですよ。もう20年も前のことですけどね」
「まあ、それはおめでとうございました」
はっきりと過去のことでないと、「今はおめでとうじゃないのか」感が出てしまいます。あるいは、こういう場面は想定可能ですね。
「今日は結婚式を無事に終えられて、本当におめでとうございました。でも、これからが大事なんですよ」
あえて過去にすることで「これから」を強調する意図が含まれています。ただ、この場合でも「おめでとうございます」の方が自然に感じられます。


店員の場合、「本日はご来店いただき、まことにありがとうございます」という言葉で接しています。最後にお客さまが帰る段になってようやく「本日はご来店いただき、まことにありがとうございました」になります。これに比べると、「おめでとうございます」の持続時間は長いといえるでしょう。逆に短いのが「おいしゅうございます」で、今まさに食べている時に限定されます。食べ終わったら即「おいしゅうございました」になります。


そういうわけで「おめでとうございました」は、特殊な状況を除いて、未だ「ちゃんとした言葉遣い」とは言えません。もし、発話者が「過去形にすることで丁寧になる」と勘違いしているのであれば、明白な間違いといえます。


2)よく言われていることですが、
「○○させていただきます」(「○○いたします」だけで充分な状況で)
「よろしかったですか」「○○の方」「○○円からお預かりします」
「○○になります」(「○○でございます」の代わりに)
あたりですかね。
先日、某マクドナルド店員に「合計で780円の方になります」と言われたときにはめまいがしました。

他1件のコメントを見る
id:matsunaga

そもそも「なります」じゃなくて「あちらの方にございます」が正解だと思いますね。「であります」や「でございます」を現代風に言おうとして「なります」と言ってしまってるんじゃないかと思われます。

2011/12/09 19:28:55
id:akira-tago0704

なるほど・・・、うーん、きっと、今の中年が「若者の言葉遣いはなっておらん」といっても、江戸時代の人から見れば「平成の中年共の言葉遣いはなっていない」と思うんでしょうね。

2011/12/09 22:33:43
id:gtore No.2

gtore回答回数2481ベストアンサー獲得回数4372011/12/10 00:41:59

わたしも、「おめでとうございました」には違和感をおぼえますね。
この表現についての調査に関するURLを見つけましたので、ご紹介します。^^
この調査によると、東北地方などでは、おかしいと感じる人がすくないようです。

いま目の前にあるものについて「あ、ここにあった」と言ったり、「あした会議あった?」と未来のことについても使ったりするなど、日本語の「た」は単に「過去」だけを表すことばではありません。非常に基本的なことばではあるのですが、説明するのは実は簡単ではないのです。

「おめでとうございました」という言い方をおかしいと感じる人は、「あたかももう済んだことのように扱っており、もう今は『おめでたくない・喜ばしくない』のか」などといったことを理由として挙げるようです。このことを、頭の片隅に置いておく必要があるでしょう。

「おめでとうございました」については、文研でこれまで何度か調査・分析をしています。おかしいと感じる人は54%という結果が出ましたが(『放送研究と調査』97年4月号掲載)、これに付け加えて言うと、おかしいと感じるかどうかは地域によってもかなり異なる、ということがあります。東北地方では「おばんでした」(共通語に当てはめてみると「こんばんはでした」とでもなるでしょうか)というあいさつが使われていますが、この東北地方では、「おめでとうございました」をおかしいと感じる人も全国平均に比べると少ないのです。このほかに中国・四国地方ではおかしいと感じる人が少なく、逆に関東・甲信越地方では多い、という結果が出ています。

http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/term/087.html
id:akira-tago0704

回答ありがとうございます!

はぁ~、地域によっては、違和感の感じ方が違うのですね!東北では違和感を感じる人が少なく、関東と甲信越は多いことが、よくわかりました!

2011/12/10 11:27:16
  • id:flandlescarlet
    もしかして最近、国語でおかしな日本語に関する授業をしているのではないでしょうか!?

    最近の日本語は「ら」が抜けたりと短縮に物事を速く伝える方向にきてると聞いています
    おきられる→おきれる
    たべられる→たべれる

    何かと国語や大人の間では批判されますが将来的には自分はら抜き言葉が優先されるだろうと思いますなんせ30年後には今の大人たちはいなくなり今の自分たちが主体の世界だから
    それが一般になるのでしょう、しかしその次の世代の子供たちがら抜き言葉を受け入れてくれるかどうかを考えたらどちらとも言えませんね

    うどん屋さんできつねうどんを頼んできつねうどんがきた時に
    「こちら狐になります」狐になるのか!?

    「○○は3200円からになります」
    最低3200円からもっと値段とるのか!?


    面白い類の質問があります
    「テレビ消して」お前はマジシャンか!!
    http://q.hatena.ne.jp/1086922874

    なにかと単純でも一番難しいのが日本語は有名ですよね
    それでも感情や表現を豊かに深く表現できるのは日本語だけだと思っています
  • id:matsunaga
    実は単純に「簡略化」だけではありません。そして、国語で教えているわけでもありません。


    ご指摘の「ら抜き言葉」は、「られる」表現の「ら」を抜いてしまうものですが、これは合理的な意味合いもあるとされています。
    つまり、「食べられる」が本来の形ですが、これは受け身・可能・尊敬の三つの意味を持っています。しかし、最近の「ら抜き」形である「食べれる」は可能表現にしか用いません。一方、「魚が鳥に食べられる」や「社長が魚を食べられた」では決して「ら抜き」にはならないのです。


    一方で、「さ入れ言葉」「れ足す言葉」という「不要なものを加える」タイプの表現も出てきています。「伺わせていただきます」を「伺わさせていただきます」とわざわざ「さ」を入れることで丁寧だと錯覚したり、「読める」でいいものを「読めれる」と言ったりします。決して短くなるばかりではないのです。


    なお、言葉による優劣というものはありません。どんな言語でも、使う人によって豊かにもなり貧弱にもなります。日本語だけにしか出来ないことというのはありません。
  • id:flandlescarlet
    自分は一応中学2年の時に「おかしな日本語」という部分でら抜き言葉や
    事例を教わりましたねぇ、他の学校がどうかは分かりません
    もしかすると自分の学校だけが特別に国語の授業でやったのかもしれません

    でも意外に言葉は短くなるかもしれませんよ
    一応今ではスラングで収まる場合もありますが
    何かと((ryやサーバーを鯖と4文字から1文字に略したり
    多分昔には無かったのだろうと思います

    まぁ何かと英語やフランス語にドイツ語全てに浸ったわけではありませんが
    どれも全てを表すのにはかけている部分はあると思います
    日本には漢字、カタカナ、ひらがなこの時点で相当他の国にはない語学だと思います
    それにカステラなど外国から派生して呼ばれているものもあり
    どれがそれかなんて見分けがつかないほど言葉が眠っているようにも感じられます

    外国にもTUNAMIやtempuraなど無いから日本の単語を使うこともありますが日本の外来語の多さから比べれば相当低いと思います
    何故日本の言語によるプログラミング言語は少ないのか!?
    これは日本語が複雑だからだろうと自分なりに思っています
    言語は大抵確かに世界で共通のものを使うのがベターなのでしょうけど
    それ以外にも"単純"だからという意味もあると思います

    簡単なところで分岐だともし〜ならば〜ですが日本語ですると異常に複雑になると思います
    それは日本語が英語よりも複雑であることを表しているのではないかなぁと推測していました
    現に日本語の言語、撫子等は見ていましたが非常に使いこなすのにはややこしい面があると思いましたね

    それを思えば今の日本語は歴史的仮名遣いの時よりも随分と同等の語でたくさんの意味を
    表すことはなくなるように感じましたね、英語にあるか分かりませんが"上"という感じだけでいろいろ読み方が存在してしまうのも日本ならではで結構好きだったりします
    日本の漫画が面白いと海外の人に影響を及ぼすのも内容だけではなく日本の語学力にあると
    自分は信じていますよ
  • id:yosi13
    この度はおめでとうございましたとかよく言ってる人見かけますね
  • id:akira-tago0704
    うーん、ちょっとした疑問がだんだん深まっていって、ぼくもなんだか嬉しくなって来ました。あ、突然こういう風になるので。

    八咫烏さん>
    ら抜き言葉、最近なぜか僕の耳によく入ってきます。人間は省略することが好きなんでしょうかね?


    松永英明@ことのはさん>

    なるほど・・・、不要となる言葉を入れてしまう場合も、あるってことですね。『伺わさせていただきます』だと、『窺わさせて頂きます』と、別の漢字が当てはまる気がします。


    yosi13さん>

    うーん、『おめでとうございました』は定着しているのでしょうかね?

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません