【絶対にネタばれをしてはいけない+タイムスリップ小説】


【絶対にネタバレを見てはいけない小説】を教えて下さい。
http://q.hatena.ne.jp/1189506760
http://q.hatena.ne.jp/1247309030
のタイムスリップ・バージョンです。

★途中やラストに何がしかの真相が明かされ、怒涛の展開・どんでん返しがあるためネタバレを先に絶対に知ってはいけないと思われる小説であること。

★この作品、絶対おもしろいから読んで欲しい、もちろんネタバレ見ずに読んで欲しい、そして驚いて欲しいと回答者が強く思う作品であること。

★時間を超えた展開がある小説のみです。そういう要素があればSF・ミステリ・恋愛・ホラーなんでもOKです。

★回答者様のお言葉での作品の紹介や感想(もちろんネタバレはなしで)もお願いします。

上記の質問でもいくつか出ていますが、質問者が今まで読んだ例をコメント欄に書いておきます。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2012/01/07 19:13:45
  • 終了:2012/01/13 23:47:22

ベストアンサー

id:a-kuma3 No.2

a-kuma3回答回数4445ベストアンサー獲得回数18272012/01/07 21:28:55

ポイント40pt

北村薫の三部作、「スキップ」、「ターン」、「リセット」を御紹介。

スキップ (新潮文庫)

スキップ (新潮文庫)

ターン (新潮文庫)

ターン (新潮文庫)

リセット (新潮文庫)

リセット (新潮文庫)

万人受けはしないかもしれませんが、それぞれ北村ワールドな作品です。
御本人の後書きにも書かれているように、グリムウッドっぽい設定のものもありますが、どちらを先に読んだから、といって読後感を損なうことはありません。

タイムスリップに関するネタだけで読ませるという本じゃないので、「絶対にネタばれをしてはいけない」という条件に、そもそも合致しないんじゃないか、という気もしなくはないんですが...

もし、未読のようであれば、是非♪



【追記】

>「絶対にネタばれをしてはいけない」という条件に、そもそも合致しないんじゃないか
確かにそのあたりが私もコメントに書かなかった理由でもあります。

お気に召さなかったようなので、まるっきり別系統のものを。

時間衝突 (創元推理文庫)

時間衝突 (創元推理文庫)



タイムスリップものというと、主人公が時間軸をずれてしまうものになるのがほとんどだと思いますが、
この本は時間の方がずれてきます。

テイストとしては、古典のSFなので、読み手の嗜好で好き/嫌いがはっきり分かれそうです。
ハインラインとかアシモフとかの本を、古臭いとか言わずに最後まで読める人なら、面白いと思ってもらえるんじゃないかな、と。


【追記】
もうひとつ思い出しました。

ドゥームズデイ・ブックは読んでませんが、それなりに面白かった。
「驚愕の展開がー」というような内容ではありませんが、オマージュをささげたという作品を読んでると、というあたりがネタばれ禁止に合致するかな、と。

他4件のコメントを見る
id:goldwell

追加回答ありがとうございます。しばらく人力検索利用していなかったのですが、こうして一度の回答で追記できるのは便利ですね。
タイムスリップものはそれなりに読んでいるんですが、どこまで質問に該当するか書くのが難しくて結果的に手を煩わせたようですいません。


『時間衝突』
未読でした。
こういうタイムマシンで謎を追う系が読みたかったので質問した甲斐があります。
たけじんさんもお薦めのようですのでぜひ読んでみます。


コニー・ウィリスは『航路』を皮切りに『ドゥームズデイ・ブック』、『犬は勘定に入れません』読みました。
読み応えという点では『ドゥームズデイ・ブック』ですが、タイムスリップものとしての面白さでは『犬は勘定に入れません』の方が上かもしれませんね。

2012/01/08 09:54:40
id:a-kuma3

こうして一度の回答で追記できるのは便利ですね。

ぼくのような迂闊な回答者にとっては、挽回できる機会があるので、とてもありがたいです。
# コニー・ウィリスも 100冊読書で既読になってましたね X-(

2012/01/08 16:09:29

その他の回答(4件)

id:kodairabase No.1

kodairabase回答回数661ベストアンサー獲得回数802012/01/07 19:36:12

ポイント2pt

昭和38年、浜田俊夫は18年前の約束の場所を訪れると、行方不明になっていた伊沢啓子がタイムマシンに乗って姿を現す。2人はタイムマシンに乗って昭和9年に行こうとするが、俊夫は自分が生まれた年へ飛ばされてしまう。
ここで描かれている昭和初期の描写が秀逸。
中河原伝蔵と女優・小田切美子をめぐり、どんでん返しの結末が。

id:goldwell

早速の回答ですが、コメント欄の既読リストにあります。

2012/01/07 20:13:29
id:a-kuma3 No.2

a-kuma3回答回数4445ベストアンサー獲得回数18272012/01/07 21:28:55ここでベストアンサー

ポイント40pt

北村薫の三部作、「スキップ」、「ターン」、「リセット」を御紹介。

スキップ (新潮文庫)

スキップ (新潮文庫)

ターン (新潮文庫)

ターン (新潮文庫)

リセット (新潮文庫)

リセット (新潮文庫)

万人受けはしないかもしれませんが、それぞれ北村ワールドな作品です。
御本人の後書きにも書かれているように、グリムウッドっぽい設定のものもありますが、どちらを先に読んだから、といって読後感を損なうことはありません。

タイムスリップに関するネタだけで読ませるという本じゃないので、「絶対にネタばれをしてはいけない」という条件に、そもそも合致しないんじゃないか、という気もしなくはないんですが...

もし、未読のようであれば、是非♪



【追記】

>「絶対にネタばれをしてはいけない」という条件に、そもそも合致しないんじゃないか
確かにそのあたりが私もコメントに書かなかった理由でもあります。

お気に召さなかったようなので、まるっきり別系統のものを。

時間衝突 (創元推理文庫)

時間衝突 (創元推理文庫)



タイムスリップものというと、主人公が時間軸をずれてしまうものになるのがほとんどだと思いますが、
この本は時間の方がずれてきます。

テイストとしては、古典のSFなので、読み手の嗜好で好き/嫌いがはっきり分かれそうです。
ハインラインとかアシモフとかの本を、古臭いとか言わずに最後まで読める人なら、面白いと思ってもらえるんじゃないかな、と。


【追記】
もうひとつ思い出しました。

ドゥームズデイ・ブックは読んでませんが、それなりに面白かった。
「驚愕の展開がー」というような内容ではありませんが、オマージュをささげたという作品を読んでると、というあたりがネタばれ禁止に合致するかな、と。

他4件のコメントを見る
id:goldwell

追加回答ありがとうございます。しばらく人力検索利用していなかったのですが、こうして一度の回答で追記できるのは便利ですね。
タイムスリップものはそれなりに読んでいるんですが、どこまで質問に該当するか書くのが難しくて結果的に手を煩わせたようですいません。


『時間衝突』
未読でした。
こういうタイムマシンで謎を追う系が読みたかったので質問した甲斐があります。
たけじんさんもお薦めのようですのでぜひ読んでみます。


コニー・ウィリスは『航路』を皮切りに『ドゥームズデイ・ブック』、『犬は勘定に入れません』読みました。
読み応えという点では『ドゥームズデイ・ブック』ですが、タイムスリップものとしての面白さでは『犬は勘定に入れません』の方が上かもしれませんね。

2012/01/08 09:54:40
id:a-kuma3

こうして一度の回答で追記できるのは便利ですね。

ぼくのような迂闊な回答者にとっては、挽回できる機会があるので、とてもありがたいです。
# コニー・ウィリスも 100冊読書で既読になってましたね X-(

2012/01/08 16:09:29
id:mododemonandato No.3

mododemonandato回答回数759ベストアンサー獲得回数772012/01/08 23:29:00

ポイント20pt

 柘植久慶の逆撃シリーズ
全30作にもなる戦場小説の巨大シリーズ
作者も特殊部隊出身と言うだけあって、反戦とは無縁の戦闘シーン満載。

主人公は歴史小説を得意とする作家戦史研究者でもある。
毎回日本や世界の戦場にタイムスリップして、戦争に参加する。

果たして歴史は変えられるのか。
歴史が変わったかどうか、ネタバレすると興味は全滅です。

逆撃 大坂夏の陣 (中公文庫)

逆撃 大坂夏の陣 (中公文庫)

逆撃 三方ヶ原合戦 (中公文庫)

逆撃 三方ヶ原合戦 (中公文庫)

逆撃 関ヶ原合戦〈下〉 (C・NOVELS)

逆撃 関ヶ原合戦〈下〉 (C・NOVELS)

id:goldwell

逆撃シリーズは初期の頃(ダンケルク電撃戦始め独英・独ソ戦あたり)読んだ覚えがあります。
日本史版も出していたのですねぇ。


確か途中までは未来の知識を活かして戦局を有利に導くものの、いろいろ(参謀として重用される主人公を妬む味方の妨害とか)あって結果的には史実と大して変わらなかったといったパターンが繰り返されていたような気がするんですけど・・・。
その後、その傾向は変わったのかな?いやそれこそネタばれ禁止でしょうか(笑)

2012/01/09 00:15:18
id:Jupiter-1 No.4

Jupiter-1回答回数187ベストアンサー獲得回数32012/01/11 09:12:13

ポイント30pt

つい最近読んだ入間人間さんの上下巻です。
主人公と現在は不仲になっている幼なじみの二人は変わり者の発明家が作ったタイムマシンで過去に戻ります。
そこで、過去に介入して幼なじみとの関係を修復しようとするのですが……

id:goldwell

amazonでレビュー見てたらこの著者、「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の人だったんですね。
いえ、読んだことないけど、スゴ本の記事読んでちょっと気になったもので。


表紙とタイトル見た限りでは「時かけ」や「タイムリープ」とかそっち系かなと思ったのですが、子供の頃に戻ってやりなおすというテーマと一捻りも二捻りもありそうな結末が楽しみですね。

2012/01/11 22:24:20
id:Hyperion64 No.5

Hyperion64回答回数791ベストアンサー獲得回数842012/01/11 22:46:29

ポイント30pt

チャールズ・ハーネス『時間の罠』
 魅力的で英雄的な主人公とその妻の落ちいった悲劇的な宿命と輪廻。それを緊密なプロットで読者に揺さぶりを畳みかけるように与える名作だと思います。中編ながら
読み応えは十分です。SFファンなら唸る思います。
 古いんですけれどね。ハインラインの『時の門』も傑作ですが、個人的にはハーネスのこの作品を推薦します。

id:goldwell

未読の作品が続いて嬉しいです。
アンソロジーは大森望編のものを読んでますが、これは知らなかったです。
しかも『時間の罠』(時間の怪物系!)含め、粒ぞろいのようで期待できますね。

2012/01/11 23:00:12
  • id:goldwell
    既読作品です。

    『リプレイ』 ケン・グリムウッド
    『エリアンダー・Mの犯罪』 ジェリー・ユルスマン
    『夏への扉』 ロバート・A・ハインライン
    『さよならダイノサウルス』 ロバート・J・ソウヤー
    『フラッシュフォワード』 ロバート・J・ソウヤー
    『リピート』乾くるみ
    『時砂の王』 小川一水
    『漂流教室』 楳図かずお/風見潤
    『酔歩する男』小林泰三
    『届かぬ想い』 蘇部健一
    『ダイノサウルス作戦』 豊田有恒
    『異邦人 fusion』 西澤保彦
    『七回死んだ男』 西澤保彦
    『戦国自衛隊』 半村良
    『マイナス・ゼロ』 広瀬正
  • id:goldwell
    ↑他にもタイムスリップ小説は読んでいますが、とりあえず今回該当しそうなのはこのあたり。
  • id:gtore
    タイムスリップ小説です、という時点でネタばれのような気が……?
  • id:goldwell
    gtoreさん
    うんまぁ、中にはそういうのあるでしょうね。

    そこはタイムスリップが発生した原因とか、タイムスリップ起こした末の顛末とかでネタバレ禁止の展開が待っている作品、と考えていただければ幸いです。

    そういう意味でコメント欄に既読作品を書きました。
  • id:a-kuma3
    回答として、選ばなかったもの。

    ・蒲生邸事件(宮部みゆき)
    一応、ミステリーなのでネタばれ禁止条項には当てはまると思うんですが、ぼくの好みとしては、宮部みゆきは時代小説の方が面白いと思うので。

    ・タイムスリップ森鴎外(鯨統一郎)
    「邪馬台国はどこですか?」が面白かったので、何冊か読んだけど、人に勧めるほどじゃなかった。
  • id:goldwell
    『蒲生邸事件』!
    うう、10年以上前に読んだけど、すっかり忘れてました。

    >「邪馬台国はどこですか?」が面白かったので、何冊か読んだけど、人に勧めるほどじゃなかった。
    同感です。
    私は『タイムスリップ戦国時代』の方を読みましたが、続編も読みたいと思うほどじゃなかったなぁ。

  • id:grankoyama
    グラ娘。 2012/01/09 01:13:01
    『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』
    しか思いつかなくって小説じゃないじゃないかと。
    で、思い出しました。

    『ドラえもん のび太と鉄人兵団』が小説化されていたことを。
    読んでません。が、思い出したので読みます。
    皆さんも読みましょう。
  • id:goldwell
    『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』(とオトナ帝国の逆襲)
    はテレビで見ただけではなく、DVDも買って見ちゃいました。
    戦国大合戦は、最初に見た時、あの人が死んでしまうことが驚きではありましたね。

    『ドラえもん のび太と鉄人兵団』は意外な人が小説化しているのですね。
    映画版も見ていないので、いつか合わせて見てみたいと思います。
  • id:goldwell
    質問終了しました。

    ベストアンサーは、質問者の読書記録を調べてまで回答してくれたa-kuma3さんに。
    他の回答ポイントは主観です。

    未読のお薦め本は早速この土日に注文して読んでいきたいと思います。
    回答ありがとうございました!

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません