電子書籍の権利処理に関する質問です。


既にある出版社から出版された出版物があって、この出版物の電子書籍化がされていない場合のケースについてです。

仮に、この出版社と著作権者の間で、公衆送信権についての処理が、出版権の取り決めに関する契約書に明記されていなかった場合、著作者は、公衆送信権を保持し、独自に電子出版物を上梓、販売することが出来ると解釈できるでしょうか?

特に平成9年の著作権法改正前に出版権の契約が交わされたものに関して、現実的にどのようになっているのか、ご存知の方がいらっしゃれば教えてください。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/01/10 17:23:33
  • 終了:2012/01/17 17:25:03

回答(0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません