Illustrator CS5で、ある形状のパスを拡大縮小を繰り返すと形が崩れてしまいます。

例えば「+」の形をカドマルをつけて5cmくらいで作成しアピアランスを分割、
それを5mmほどに縮小したり拡大したり繰り返す内に元の形から大きく崩れてしまうと言った具合です。

検索でもこの現象が指摘されていないようですが、Adobeからのバグ報告や
有効な回避法などご存知でしたら教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/01/11 00:35:24
  • 終了:2012/01/18 00:40:04

回答(1件)

id:kodairabase No.1

kodairabase回答回数661ベストアンサー獲得回数802012/01/11 07:34:50

ポイント100pt

プリファレンスを削除してみてください。
http://shinjixxxxx.blogspot.com/2011/08/illustrator-cs5.html

id:soyuz11

Win VISTAユーザですが、このページのガイドでもwindows版ガイドでも
説明の場所に当該ファイルが見つかりませんでした。。。

Web Premium CS5.5使っています。

2012/01/11 11:47:22
  • id:NazeNani
    ちなみに5mmほどに縮小拡大される際には、
    縦横比を固定する為のシフトキーは押されておられますでしょうか?
    シフトを押している間には形が崩れる場合は少ないのですが、
    シフトなしだと縦横の幅の割合が極端に広がる場合に、
    一方の辺が極端に縮小され、そっちに面したパスの線まで
    一緒に押されたりマイナス軸側に反転したりして
    その繰り返しで形が崩れるような場合はあります。
    この場合はシフトキーを押しながらの縮小拡大で
    ある程度は回避できると思います。

    また、画面上で極端に小さくした場合は、
    押した所が他のポイントとかぶってしまう場合もあります。
    この場合はショートカットのコマンドとプラスキー等で、
    画面を同時に拡大モードにすることで回避できます。

    ※再現しようとしましたが、当方の今日のマシンのイラレは
    まだCS4でしたので、CS5特有の現象かもしれないと思い、
    コメントにて控えさせていただきました。
    もしCS5特有の現象の場合はアドビのフォーラムの方でも
    サポートしてくれる筈です。:
    http://forums.adobe.com/community/international_forums/japanese/illustrator
  • id:soyuz11
    もちろんです。
    もう少し複雑な形状のロゴデータなどを扱うと分りますが、
    角がハネたり不必要な曲線が生じたりといった現象が見られます。

    Illustratorは8の頃の方が機能が絞られていて正確で使いやすかったです。
  • id:sokyo
    再現できないです…υ 私のとこ大丈夫そう。

    角Rの大きさとか決まりありますか?
  • id:soyuz11
    複合パスやグループ、フィルタ効果がかかっているのものなど
    いろんなパターンで試しましたが、
    サイズが1cm以下のサイズで伸縮を繰り返すと再現しやすいです。
    ロゴなどのパスデータはサイズを変えて使いまわされますが、
    使っていくうちに劣化していくというなんとも
    アナログな状態になっています。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません