社費留学後に退職した場合の留学費用の返済についてお伺いします。


例えば、公務員の規定などで、5年以内に退職した場合は留学にかかった費用を返済する旨ががありますが、この場合の月々の返済金額や返済期間(期限)はどのよう(な仕組み)になっているかご存じでしょうか?
返済対象金額の算定については、留学費用の合計に「留学後の在籍月数/60」を減じた額が対象になるとの説明は法律にあるのですが、その対象金額に対して、実際に個人が月々返済する金額やその返済期間に関する説明を見つけられずにいます。
会社に聞けば済むのですが、退職のからむ話なので、出来れば直接相談する前に把握しておきたいと考えています。

どうぞ宜しくお願い致します。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/01/16 06:05:29
  • 終了:2012/01/23 06:10:02

回答(0件)

回答はまだありません

  • id:seble
    公務員なのですか?
  • id:sibazyun
    常識的には「退職時に一括返済」でしょう。退職金があれば、さっぴく。
    それでも足りなかったら、自分でなんとかする。
  • id:seble
    私企業であれば留学の性質、費用の支出方法などに大きく左右されます。
  • id:tazikisai-mukou
    会社の経費で留学した時は、それなりの規定があるでしょう、会社に貢献してもらうのが目的で留学させているだろうから、その功績に依るとおもいます。
    留学後、すぐに退職するのだったら、「食い逃げ」みたいに思われがちですが、正当な理由があり、会社が認めれば話し合いで、返済額は決まると思います。(関連会社の立ち上げや、出向でテコ入れなどでは、弁済は無いと思います)が、自己の都合(今の会社に全く関係の無い、自分の会社を作る)などでは100%返還+解雇+他の社員からの蔑み+詐欺が付くかも知れませんね。
  • id:seble
    やはり。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません