主に会社法に関する質問です。


新株予約権を発行する場合、株主総会(や取締役会)の決議や登記が必要になりますが、断続的に複数の人に新株予約権を発行したいため、そのために手続きを取るのが困難な状態です。そこで、

・事前に一定の数の新株予約権を発行し、それを自社新株予約権として会社が保有し、それを順次譲渡することは可能ですか?
・逆に、たとえば、割り当て人が決定してから事後に(年2回等まとめて)発行することとし、割り当て人となる予定の人とは将来新株予約権を発行する旨の債権契約を結ぶことに法律上の問題がありますか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/01/18 18:08:15
  • 終了:2012/01/25 17:27:14

回答(2件)

id:kodairabase No.1

kodairabase回答回数661ベストアンサー獲得回数802012/01/18 20:32:13

>・事前に一定の数の新株予約権を発行し、それを自社新株予約権として会社が保有し、それを順次譲渡することは可能ですか?
可能です。

会社法第254条

http://ja.wikibooks.org/wiki/%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%B3%95%E7%AC%AC254%E6%9D%A1

id:okenji

質問は、譲渡が可能かどうかではなく、自社新株予約権を発行できるかというものです。会社法では、自社新株予約権は、取得条項付き新株予約権を会社が取得した場合を想定していると思うのですが、最初から自社に対して新株予約権を発行するようなことは法律上問題ないのでしょうか?という質問です。

2012/01/19 14:13:45
id:suppadv No.2

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682012/01/18 22:43:41

>事前に一定の数の新株予約権を発行し、それを自社新株予約権として会社が保有し、それを順次譲渡することは可能ですか?
可能です。


>逆に、たとえば、割り当て人が決定してから事後に(年2回等まとめて)発行することとし、割り当て人となる予定の人とは将来新株予約権を発行する旨の債権契約を結ぶことに法律上の問題がありますか?
法律上は問題ないと思われますが、一々債権契約を結び事後に(年2回等まとめて)発行、実務上の問題が生じそうに感じます。

  • id:hijirijiru
    株式・新株予約権を当初から自己宛に「発行」することは、そもそもできません。(会社以外の者の引き受けがなければ、発行したことにならない。)

    平成13年の改正商法から、自己株式・自己新株予約権の「取得」が一部緩和されましたが、「発行」ができるようになったわけではないです。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません