(インドのカースト制度と話し言葉のアクセントや癖は対応しているか?)私はロンドンに4年間住んでイギリスの重工業メーカーとつきあいましたが、イギリス人の英語を聞くと、だいたい階級がわかるようになりました。上の上の人に会うことはありませんでしたが、上の中、上の下、中の上・中・下、下の上・中・下といった階級属性をその人の英語の発音だけで想像できました。


これと同じようなこと、つまり階級と話し言葉の癖(アクセントなど)は、インドのヒンディー語やテルグ語の社会にもあるでしょうか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2012/01/19 10:03:54
  • 終了:2012/01/23 16:22:05

ベストアンサー

id:meefla No.2

meefla回答回数981ベストアンサー獲得回数4582012/01/23 12:09:05

ポイント70pt

「カースト方言(caste dialects)」というのがあるようです。

インドで最も問題となるのは、カースト内のサブ・カースト(ジャーティ)別に基づく社会的方言(カースト方言)の存在である。村落コミュニティ内に、ジャーティごとに異なった言語集団が存在していて、それがコミュニケーションを阻害したり、アウト・カーストのような社会的差別と結びついてしまうことである。

インドのプロフィール

Wikipedia 英語版の Sociolinguistics research in India によれば、フランス人の言語学者 Jules Bloch が1910年に発表してから約五十年間、後を追う研究者はいなかったようです。
Caste dialects のセクションに記述のある A. K. Ramanujan が書いた "THE STRUCTURE OF VARIATION: A STUDY IN CASTE DIALECTS" は、タミル語のカースト方言に関する研究です。
Google books の Structure and Change in Indian Society、461ページからプレビューできます。
カーストによって語尾などが変化する例を見ることができるでしょう。

なお、インドではなくインドネシアのバリ島での場合ですが、

バリ人同士は、相手がどのカーストに所属するか探るのに、はじめは互いにバリ語の丁寧語で会話をし、そのうちカーストが分かると言語を変える。

ウブド・バリ - バリのカースト

だそうです。

以上、お役に立てることを祈りつつ。

id:ShinRai

貴重な情報ありがとうございました。やはりあるのですね。言語は、差別のツールになりますよね、当然。

ニッチなところの情報、感謝いたします

2012/01/23 16:21:25

その他の回答(1件)

id:suppadv No.1

suppadv回答回数3552ベストアンサー獲得回数2682012/01/19 21:55:11

ポイント30pt

難しいですね。
ただでさえ、インド人英語の癖は強いので、そこに階級の差がわかるぐらいの差があるか・・・・。


南と北では、裕福さが違いますし、北と南のなまりの癖は、聴く人が聞けばわかります。
そのあたりから、裕福な人とそうでない人の違いはつくかもしれません。


しかし、インド人の場合の階級は、英語で判断するまでもなく、見ていればなんとなく判ってしまいます。


http://cocoguru.fc2web.com/sub2i14.html
インドの人たちは互いに一瞬で相手のカーストの位置を見分けて、それ によって対応を変えるらしいけど

id:ShinRai

ご回答ありがとうございます。

質問があいまいで悪かったかもしれません。英語もそうですが、ヒンディー語やテルグ語の場合に、階級によるアクセントの違いとか、言葉づかいの違いはあるのでしょうか。

2012/01/20 09:56:12
id:meefla No.2

meefla回答回数981ベストアンサー獲得回数4582012/01/23 12:09:05ここでベストアンサー

ポイント70pt

「カースト方言(caste dialects)」というのがあるようです。

インドで最も問題となるのは、カースト内のサブ・カースト(ジャーティ)別に基づく社会的方言(カースト方言)の存在である。村落コミュニティ内に、ジャーティごとに異なった言語集団が存在していて、それがコミュニケーションを阻害したり、アウト・カーストのような社会的差別と結びついてしまうことである。

インドのプロフィール

Wikipedia 英語版の Sociolinguistics research in India によれば、フランス人の言語学者 Jules Bloch が1910年に発表してから約五十年間、後を追う研究者はいなかったようです。
Caste dialects のセクションに記述のある A. K. Ramanujan が書いた "THE STRUCTURE OF VARIATION: A STUDY IN CASTE DIALECTS" は、タミル語のカースト方言に関する研究です。
Google books の Structure and Change in Indian Society、461ページからプレビューできます。
カーストによって語尾などが変化する例を見ることができるでしょう。

なお、インドではなくインドネシアのバリ島での場合ですが、

バリ人同士は、相手がどのカーストに所属するか探るのに、はじめは互いにバリ語の丁寧語で会話をし、そのうちカーストが分かると言語を変える。

ウブド・バリ - バリのカースト

だそうです。

以上、お役に立てることを祈りつつ。

id:ShinRai

貴重な情報ありがとうございました。やはりあるのですね。言語は、差別のツールになりますよね、当然。

ニッチなところの情報、感謝いたします

2012/01/23 16:21:25

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません