著作権について。


自分のブログにボカロの曲を載せたいと思っています。
他の人のブログを見たときに、「最近のお気に入りの曲です」と言う文と
その動画(ボカロの動画でした。)がありました。

私もそういう感じにブログを書きたいと思っているのですが、やはり違法でしょうか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 登録:2012/01/28 16:20:24
  • 終了:2012/01/28 20:12:21

ベストアンサー

id:windofjuly No.2

うぃんど回答回数2625ベストアンサー獲得回数11492012/01/28 17:51:31

(1)違法となる場合
自分のサーバーに動画をコピーして公開したりすれば、
前回質問でid:xnissy さんに教えていただいたように
( http://q.hatena.ne.jp/1327721360#a1129182 )
「自動公衆送信権侵害のほう助」になってしまう場合があります

(2)違法とならない場合
はてなダイアリーのようにあらかじめ装備されている機能を用いて、
youtubeの動画リンクを貼ることに関しては、
ユーザーが直接訴えられることはないです

著作権の問題があった場合にはyoutubeのほうで削除が行われ、
自動的にあなたのダイアリーでの動画再生も行えなくなるからであり、
対応すべきとすれば、その機能を提供したhatenaが対応すべきだからです

以下、余談
OKだからといって、動画リンクをたくさん貼り付けたりすると、
ページが重くなってしまって見る人が減ってしまうかもしれないので、
貼り付けすぎには気をつけたほうがいいですね
リアルの友達にも見てもらって、
「貼り付けすぎ?」「重くない?」とか訊いてみるといいでしょう

id:kirara_baka

回答ありがとうございます。

(2)の違法にならないほうでブログに載せようと思います。

2012/01/28 19:45:16

その他の回答(3件)

id:kiryuu No.1

kiryuu回答回数16ベストアンサー獲得回数42012/01/28 17:49:03

 ボーカロイドの動画については、その曲の作曲に関わる権利と作詞に関わる権利、演奏(データの打ち込み)に関わる権利の3つを処理する必要があります。基本的に、この三者の明示もしくは黙示の合意がない限りブログに載せて公開する(公衆送信可能化といいます)ことはできません。(著作権法23条・92条)
 例えばベートーベンの交響曲第九番については、作曲と作詞については著作権が切れていますので、打ち込んだ人が自由に使っていいと言っているなら自由に使うことができます。逆にボカロオリジナル曲ですと、おそらくまだ作曲・作詞から50年経っていませんので、ブログに載せるには作曲者・作詞者・データ制作者の合意が必要です。例えばニコニコ動画の動画説明文で「私が曲も詩も打ち込みもやりました」とあるならば、著作者の推定を受けますので(14条)、動画の公開者の了解を取れば載せられます。転載可を明示しているのであれば、いちいち了解を取る必要もありません。ニコニ・コモンズに登録されている作品でしたら、利用条件(ニコ動のみか、ネット全般かなど)も明示されていますのでそれに従うことになります。

 さて、以上がブログにボカロ曲を「載せる」にあたっての著作権処理になりますが、この場合の載せるということは、公衆送信可能化のことを指します。言い換えると、動画ファイルをブログのサーバにアップロードして万人から視聴可能な状態にすることです。
 しかし、一般的にブログで紹介する際は、ニコニコ動画やYouTube指定のタグ(IFRAMEかJavaScriptが多いのでしょうか)を貼り付けるだけで、動画ファイルをアップロードということはしないと思います。この場合は、他人のウェブサイトやブログにリンクを貼る行為と変わりませんので、動画をアップロードしたことにはならないと思います。また、動画を「埋め込む」際にコメントなどで「私が作りました」などと詐称すれば氏名表示権(19条)の侵害となりますが、投稿された内容からするとその心配もないでしょう。埋め込んだ動画がブログ主のコンテンツだと誤解されるようですと問題ですが、ニコニコ動画とYouTubeの埋め込みについてはどちらも「ニコニコ動画」「YouTube」のロゴが確認できましたし、両方とも外部サイトでの再生を許可するかしないかのオプションもあったと思いますので、この2つについてはブログで紹介した上で「最近よく聞く曲です」「2:00~の部分が特にジンときます」などと紹介することは問題ないかと思います。
 なお、この段で散々“思う”と歯切れが悪いのは、IFRAMEやJavaScriptによる動画サイトに公開されている動画の埋め込みが、単なるリンクなのか、アップロードと同等の行為なのかという判例がまだない(あるいは私が知らない)ためです。今後ブログへの動画の埋め込みについて訴訟が起きて判決が確定した場合、以上の回答が覆ることもあります。


 以下は蛇足になるかもしれませんが、ご注意いただきたい点として、歌詞を転記する場合です。作詞者が転載を許可しているならいいのですが、そうでないなら引用(32条)の範囲に留めるべきです。つまり、引用される歌詞が従であり記事本文が主である必要があります。(最高裁S55.3.28判決「パロディ事件」、東京高裁H12.4.25・最高裁H14.4.26判決「『脱ゴーマニズム宣言』事件」など)
 ここで言う主従の関係とは、歌詞を引用するのは自分の主張のためであり、歌詞を掲載することそのものが目的ではないということです。例を挙げますと、あるフレーズについて字下げ、斜体、太字などで記事本文とは明確に区別できるようにして引用元(URLや動画IDなど)を明示した上で(法令上は規定はありませんが「公正な慣行」(32条)として一般に求められています)、「このフレーズについては公開の時季からして政権への皮肉が込められていると思う」と書いたり、「上の3:10~3:15の部分だけイタリア語になっているのは、作品の一貫性を損なうものであると思う」と書くことはセーフでしょう(批評をしてはいけないということはありません)。一方、歌詞を全部あるいは大部分(1番まるごとなど)を写した上で、「ね、いいでしょ」で済ませるのは歌詞を載せる必然性もないのでアウトでしょう。

id:kirara_baka

回答ありがとうございます。

動画サイトで、アニメのOPなどは著作権などで非公開になっていましたが、
ボカロはそれがなかったので、つい大丈夫だと思っていました;

歌詞の場合の説明も参考になりました^^*

2012/01/28 19:43:48
id:windofjuly No.2

うぃんど回答回数2625ベストアンサー獲得回数11492012/01/28 17:51:31ここでベストアンサー

(1)違法となる場合
自分のサーバーに動画をコピーして公開したりすれば、
前回質問でid:xnissy さんに教えていただいたように
( http://q.hatena.ne.jp/1327721360#a1129182 )
「自動公衆送信権侵害のほう助」になってしまう場合があります

(2)違法とならない場合
はてなダイアリーのようにあらかじめ装備されている機能を用いて、
youtubeの動画リンクを貼ることに関しては、
ユーザーが直接訴えられることはないです

著作権の問題があった場合にはyoutubeのほうで削除が行われ、
自動的にあなたのダイアリーでの動画再生も行えなくなるからであり、
対応すべきとすれば、その機能を提供したhatenaが対応すべきだからです

以下、余談
OKだからといって、動画リンクをたくさん貼り付けたりすると、
ページが重くなってしまって見る人が減ってしまうかもしれないので、
貼り付けすぎには気をつけたほうがいいですね
リアルの友達にも見てもらって、
「貼り付けすぎ?」「重くない?」とか訊いてみるといいでしょう

id:kirara_baka

回答ありがとうございます。

(2)の違法にならないほうでブログに載せようと思います。

2012/01/28 19:45:16
id:tomo0903 No.3

ドラころ回答回数80ベストアンサー獲得回数202012/01/28 19:41:14

堅苦しい回答ばっかりですが
ここはシンプルに。
結論
別に問題ありません。

id:kirara_baka

そうなんですか!?
驚きました;

もしも、知らず知らずのうちに違法行為をしてしまったら・・・
と、心配だったんです。

回答ありがとうございました。

2012/01/28 19:51:46
id:goohel No.4

デスノート回答回数6ベストアンサー獲得回数02012/01/28 20:06:30

投稿することは、できますが・・・
著作権で通報されたら自己責任です。
でもこの頃気にしていない人が多いです
判断は、
       自分で!

id:kirara_baka

回答ありがとうございます!

違反にならないように気を付けます。

2012/01/28 20:11:58

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません